走る!飲む!読む!

2009年 04月 28日 ( 2 )

久々PB更新

今日は、通常では昼練出来ない日なのですが、ミーティングが早めに終わったため急遽皇居に出かけました。

気温も程ほどで、走るにはちょうど良いくらいです。皇居に着く頃には程よく身体も暖まってきて、良い感じです。1周目はいつもの程ほどペースで20分54秒。2周目は、ちょっとペースを上げたのですが、途中から前方を走るランナーを目標にしました。少しずつ近付いているのですが、なかなか思うように差が詰まりません。かなり近いスピードで走っていると思われます。そのランナー、半蔵門で時計をチラッと見て、坂道ダッシュ。どうやら僕と同じく20分を目指して走っていたのではないでしょうか。こちらもペースアップし、少し差は縮まったものの、国会前でまた時計チラ見でラストスパート。う~ん、厳しい。結局、仮想ライバルは桜田門の先でゴールした模様。きっと20分は切れたことでしょう。僕はというと、件のライバルに引っ張ってもらったおかげで19分42秒7と、わずか1秒ながら皇居周回の自己ベスト更新でした。

さて、明日は未だに行ったことのない丹沢方面に足を伸ばしてみようかと思っています。始発に乗ると小田急線渋沢駅着が6時44分。バスで大倉へ行き、塔ノ岳-丹沢山-蛭ヶ岳-焼山-登山口と北上してみたいと思っています。早起きしなくては...
[PR]
by makani_tomo | 2009-04-28 17:19 | 走る

お宝映像

イーストウィンドのSueさんから、お宝映像をいただきました。第1回の日本山岳耐久レースを紹介したフジテレビ『今夜は好奇心!』の録画映像です。愛川欣也さんが司会を務めるこの番組は、1990年代前半に放送されていた60分の情報番組です。この番組では、初めて開催されたこのレースの様子を収録するために、40名近いスタッフやレポーターをコース上に配置し、相当時間を掛けてレースの模様を収録しています。もちろん、レポーターの一人が選手として参加もしています。

ご存知の方も多いと思いますが、第1回は現在とは逆コースでした。スタート&ゴールは、先日ハセツネ30kと同じ青少年旅行村です。映像を観る限り、ハセツネ30kのゴール地点から五日市の街に向かってスタートしていたようですね。金毘羅尾根を登り日の出山を経由して、御岳神社、大岳山を越えて、大ダワが第一関門でスタートから7時間が制限時間だったようです。

番組では、何名かの選手を準備段階から取材をしていたようです。ガシガシ走るというよりは、登山の延長線上での参加という人が主流ですね。ザックも素朴なものが多いです。ライトはヘッドライト主流でハンドライトを持っている人は、ほとんどいないようでした。当時は、ライトも今より性能が低かったでしょうし、ヘッドライト1つでは走りるにしても、あまりスピードは出せなかったかもしれませんね。

トップは終盤まで秋川市役所の田中友道さん。番組も、ずっと田中友道さんをカメラで追っています。その時点で2位の板橋区の会社員田中正人さんは、あまりマークされていなかったようです。ゴールには、友道さんのご両親まで来て息子のゴールを待ち構えているのですが、1位でゴールしたのは正人さんでした。ゴール前3kmくらいで友道さんを追い抜いたようですね。第1回優勝の栄誉は正人さんの頭上に輝いたわけですが、友道さんは見事第2回の大会では優勝。第3回は3位、第4回は再び優勝というすばらしい成績を残しています。

ここ数年、トップ層はドンドン厚くなり、スピードレース化の傾向にも拍車が掛かっています。ある程度のタイムを出そうと思ったら、楽しむというよりは、集中力を切らさず、自らを追い込み続けなくてはだめなのですが、24時間をフルに使いきるつもりで、歩き続けるというのもなかなか良いかもしれませんね。正直言って、それはそれでキツイことだと思います。

今年の秋の大会は、どんな様子になるのでしょうか。昨年のように、リラックスして、少しは楽しむ余裕を持って臨みたいものです。まだ、先の話ですけどね。
[PR]
by makani_tomo | 2009-04-28 10:42 | 観る



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧