「ほっ」と。キャンペーン

走る!飲む!読む!

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

UTMF(装備など)

<ウェア>
スキンメッシュTシャツ
半そでTシャツ
スキンメッシュ下着
セミロングタイツ(CW-X)
短パン(モンベル)
パワーソックス
普通のソックス
アディゼロXT

長袖Tシャツ
雨具(トレントフライヤー)
手拭


<装備>
リアクター(まだ使っている!!)
ハイドレーション
ハンドライト(いつもの)
ヘッドライト(いつもの)
ファーストエイドキット
グローブ
ストック(ランブラー氏謹製)
レスキューシート(必須装備)
熊鈴(必須装備)
簡易トイレ(必須装備)
固定テープ(必須装備)
コンパス(必須装備)
デジカメ
キャップ
靴下
ジェル
キャンディ
ソーセージ
ミンティア
アミノ酸
地図
財布
携帯電話

<ドロップバッグ>
半そでTシャツ
長袖Tシャツ
靴下
予備電池
ジェル
キャンディ
パン

ウェア類は、もはや鉄板のラインナップ。TJARでも変えないでしょう。
シューズもアディゼロXTで十分です。
新しいTNFのHAYASAというのが気になるけど、買わないだろうな。

うちのリアクターは、まだ現役です。もう、あまり見かけることも少なくなってさびしい限りですが。このくらいのレースには、ちょうどよいですね。

実は、ハンドライトで失敗していました。レースではなく、レース前に。200ルーメンで20時間持続するスーパーファイアXキューブという製品を、アマゾンで買ったのですが、よく確認せずに買ったため、なんと電池が単2であることに気付いたのは、届いてから。単2は使いづらいけど、この明るさと持続性は捨てがたいので、自宅で使うことにしました。もちろん、1泊位なら、山にもって行ってもいいのですけどね。

食料は、多少工夫の余地はあるかな。TJARではエイドが山小屋なのであてにできない分、持参する食料を工夫する必要があります。でも、ソーセージは捨てがたい。できれば、ポークビッツを。

あと、眠気を強烈に吹き飛ばしてくれる、何かが欲しいですね。1時間くらいでもいいから。TJARに向けては、また何か工夫してみます。
[PR]
by makani_tomo | 2012-05-28 19:28 | レース(トレイル)

UTMF

時間はないけど、記憶が新しいうちに書いておきたい。UTMF参戦記。

距離にも高低差にも制限時間にも不安はないけど、唯一の不安は練習不足&睡眠不足&体調。唯一ではなく3つもあるではないですか!実は、GW明けから喉の風邪に苦しみ、14日の週になりようやく落ち着いてきました。そして、21日月曜日に大きな会議があるため、14の週はかなりのハードワーク。しかも、金曜日休むのですから!そんなわけで、なかなかいいコンディションで河口湖に向かいましたよ。

でも、金曜日休むからその直前忙しく働くなんてことは、当たり前のこと。多くの選手がそういう状況の中で参加してきているはず。そして、平日は忙しくてなかなかトレーニングの時間が取れないなんて人も、たくさんいるはず。みんな、そういう事情を抱えながらも、与えられた環境の中で精一杯工夫して、努力して、ここに参加してきているはず。そんな選手たちは、スタート地点に並んだ段階で、既にひとつの勝負を乗り越えてきた仲間であります。

18日は、新宿発の高速バスで河口湖駅に向かいます。通勤電車に大きなザックを持ち込むひんしゅく度合いといったらありません。ごめんなさい~。新宿駅で余裕があったので、ルート確認。え?今頃ですか?いえいえ、1/25000では確認していたのですが、これを持って走るわけではないので、いつもの山地図にルートを書き込むのです。

バスは定刻に出発し、予定されていた工事もなく順調...と思いきや、具合が悪くなった人がいて...なぜか警察の人が来て...寝ていたものですから、何が起こったのかよくわからなくて...30分遅れで河口湖駅に着きました。トイレに寄り、コンビニで昼食買って、歩いて会場入り。選手登録、荷物チェックを済ませたところで、かどきちさんと久しぶりに会いましたよ。少し痩せました?

ハリ天さん、のまダッシュさん、あんきもさん、児玉さん、千春さん、ふなちさん、みちひろさんなどなど、多くの仲間に会えるのも、こういう大会の良いところ。もっとも、スタート前だけですけどね。

ゆっくり準備をして、ドロップバッグも預けて、荷物も預けて、あとはのんびり横になっていました。

30分くらい前に、トイレに行ったら隣が奥宮さん。こんなところでなんですが、よろしくとご挨拶。遠くには撮影隊を引き連れた石川さんが通り過ぎてゆく。スタート前の混雑に紛れ込んだら、突貫さんがNHKを引き連れてきた。どうやら密着取材をされるようですな。撮影クルーも大変ですよ。なにせ、石神井ロゲで密着されましたが、あれでもカメラマンは大変そうでした。ましてや今回は...まあ、本格的な山の中には入らないのかな?ステージでは、招待選手の紹介など。僕はのんびりと、スタート前の喧騒を楽しんでおりました。

さて、今回のテーマは、TJARに向けての練習です。つまり、TJARを想定したペースを維持することです。イメージは、TJARの2~3日目でしょうか。つまり、少し疲れが出てきたけど、このレースが終わってもまだ3日間くらいは動きつづけることが出来る様な展開です。当たり前ですけど、大けがはNG、胃腸がやられてもNG、歩いて山が登れないとNGという感じでしょうか。走れなくてもいいです。歩いてでも、一定のペースで前に進むことができることが最低条件です。

18日 15:00 スタート
さていよいよスタートです。さすがに、みんな飛ばさないですね。僕も抑え気味に、抑え気味に入ります。それでも、ついつい上がってしまうのですけどね。

先日のチャレンジ富士五湖でも通過した河口湖大橋を渡り、河口湖畔を少し走り、山へと向かいますが、このルートはなかなか試走できませんね。まあ、このあたりは試走する必要もないか。

林道の上りに入り、歩きを入れ始めます。まだまだ周囲に人は多いですね。歩きと走りを混ぜながら、進みます。時折、富士山の姿が見えます。途中かどきちさんが追いついてきて、少し並走したのですがすぐに、先に行ってしまいました。これで、ゴールまで逢えないのが、いつものパターンです。

林道を反れて、シングルトレイルへ。尾根を越えたら、AS1に向かって下ります。マイペース、マイペース。市街地に下りたところで、「もしかして、TJARの○○さんですか?」と聞かれました。そうですよ、というと、「ってことは、ペースが速すぎるんだな」と。いや、そうでもないのですけどね。こんなもんですよ。

18日 17:13 AS1 198位
ここまで2時間半を予定していたから、少し貯金できました。

エイドにコーラがありますね。嬉しい!バナナ食べて、トイレに行こうかと...えらい並んでいますよ。しかし、仕方ないなぁ...と並ぶこと約10分。結局、最初のエイドなのに15分も長居をしてしまいました。

気を取り直して、スタートです。しばらくは集落の中を走ります。地元の人の応援が嬉しいですね。今回の大会、いくつもいいところがありましたが、地元の人の応援!これはよかった。

徐々に登り区間に入ります。早歩きペースを維持します。傾斜もきつくなりますね。こういう区間は、一度試走しておくときっと有利でしょうね。山頂の手前で、寒くなって長袖を着ます。街の明かりがきれいです。そして、夕暮れの富士山も。

ようやく杓子山山頂です。ここで、ライトを取り出します。夜間走行スタートですが、ペースはあまり変わらないかな。しかし、下りは慎重に。前後に人も多いので、ライトも少し暗めでOKです。

19日 20:19 AS2 284位
おっとびっくり、AS1より100番近く遅いですね。AS1で長居をしたからですね。それと、ゆっくり登ってきたからですね。何となく、真ん中よりチョイ前と思っていたから、感覚的には正しいですね。

AS2では山本さんがボランティアで働いておられました。前回の反省もあり、ここは5分くらいで切り上げて、先に進みました。ちょっと眠くなり始めていたのですが、休むなら次のAS3の方がいいですしね。それに、この区間は短いのです。

街に下りたら、コンビニが見えましたよ。ああ、寄りたいなぁ。冷たいコーラ~~~。ロードは、ゆっくり目に走り、AS3へ。と言いたいところですが、直前にきれいなトイレがあったので先にトイレに。空いていて良かった。落ち着いてAS3に入りました。

18日 21:29 AS3 284位
トイレに寄っていて同じ順位だから、実際は少し前に行っていた様子。ここでは、マリモ汁というのをいただきました。少し眠気が来ていたので、ゴロリと横になって数分目をつぶりました。休憩6分半で再スタート。毎回、これくらいにするといいのですよね。

少しロードを走ったら、登りに入ります。延々と登りますよ。切通峠までは意外に短く感じました。ここから、三国峠まで更に登ります。

ここで、痛恨のミス!なんと、ミンティアを忘れたと思い込んで、そのことを反省していました!実際は、持っていたのですよ。ザックに入れてあったのです。しかし、忘れたと思い込んで、探そうともせず、反省していました。失敗!ミンティアがあれば、少しはペースが上がったかも?

しかし、三国山からのトレイルは、お天気が良い時なら気持ちいいでしょうね。ここは、一度日中に来ないと。須走までは、マイペースで。でも、結構抜かれていたみたいですね。やはり眠気が来るとダメですね。

19日 AS4 00:55 323位
40人も抜かれていましたか!そして、須走でも少しのんびりしてしまいました。キノコ汁や甘酒も飲んだしね。結局10分休憩。でも、10分ならいいか。田中陽希くんに声をかけて、いざあざみラインへ。

ここは、毎年下っているのですが、登るのは初めて。傾斜きついですね。とぼとぼ歩きで、進みます。コースマップをちゃんと見ていなかったので、1kmくらいで左に入るつもりでいたけど、3kmくらいは登るのですね。

ようやく曲がったポイントは、いつも夏に通るところ。そう、5合目から下りてくる時に途中トレイルに入るのですが、いつの間にか自衛隊の敷地方面に行ってしまい、あわてて戻るところが、今回の左折点でした。

ここからは、少し砂礫になります。ひどく走り難くはないけど、少し走り難い。すかさず、ストックを取り出します。ちなみに、今回も通称「ランブラーストック」を使っていますよ。実に、いいストックです。

この区間、不思議と眠気は来ずに、無難に通過できました。

19日 03:01 AS5 284位
また、284位。すごくないですか!3回も同じ順位。
ここでは、カップヌードルをいただきました。この手のものを食べることができるということは、胃腸は問題ないということです。

次のエイドまではロードの下り...あれ?最初は下りだけど、上っているぞ?ちゃんとコース図を見ていませんでしたね。ここは、ゆるい登りが続くのです。25000を拡大印刷してコースチェックしたのですが、拡大したことで等高線の間隔も広がり、少し勘違いしていたようです。

しかし、この手の上りは、眠気を誘います。時々蛇行しながら、次のエイドで5分仮眠しようと決意したのでした。ここで、ミンティアを持っていることに気づいていれば、少しは違ったかなぁ。タイムを縮めたいなら、こういうところはそれなりのペースで、走りたいところです。実際に走ってみると、稼げる区間はいくつかありますね。次に走ることがあったら、ランだけで1時間くらいは余裕で縮めることはできそうです。加えて、エイド部分で1時間は稼げそうです。

19日 04:20 AS6 280位
ブルーシートの上で、5分ほど横になりました。明るくなってきたことだし、しばらくは大丈夫でしょう。休憩を15分で切り上げて、こどもの国へと向かいます。

この区間、追い越し禁止がちょこちょこありますね。ちょっとトレイルとしてはぜい弱な個所が多いですね。800人も通過して大丈夫だったかな?

しかし、少し寝たこともあり、朝のトレイルを気持ちよく走ることができました。

19日 06:07 AS7 269位
ドロップバックを受け取り、着替えと食料の詰め替えを行います。

ここで、問題発生。ライトから乾電池が抜けません!3つのうち2つは抜けるのですが、最後の1つが抜けません。困った!しかも、ハンドライトもヘッドライトも!苦労して、ヘッドライトは抜くことができましたが、ハンドライトはどうしても抜けず...(結局、自宅に帰ってから苦労して抜きました)

どうやら原因は、乾電池の形状にあるようです。マクセルの乾電池だったのですが、微妙に出っ張りがあり、これが引っ掛かっていたようです。UTMBだからよかったけど、TJARでこれが起こるとアウトです。乾電池を買う時は、注意しよう。

そんなことをしていたので、35分の休憩になってしまいましたが、気を取り直して、スタートです。ここから、西富士中までは、ゆるい下りのはず....でしたが、大間違い。もう少しちゃんと地図を見ておくべした。しかし、地図だけでもわからなかったでしょうね。特に、北山から先の送電線の下。この区間では、心が折れそうになりましたね。鉄塔を回り込んで、走って、下って、そして登って鉄塔を回り込む...これを何回繰り返したことでしょうか。ここを試走禁止にしたのは、事前にこの区間を見せたくなかったのでは?と勘繰ってしまうほど。暑くなってきたこともあり、けっこう疲れてしまいました。この区間、正味4時間くらい掛けてしまいましたね。

とはいえ、北山までの区間は、もう少しペース上げてもよかったかな。

19日 10:44 AS8 215位
西富士中の手前でトイレに行ったり、顔を洗ったりしていたのですが、順位は上がっていますね。僕自身のペースは変わっていないので、こどもの国でリタイアしたり、仮眠したりした選手が結構いたのでしょうね。

ここで、またまたハリ天さんと一緒になりました。ハリマネさんには、フルーツ缶いただいたり、お世話になりました。ここから先が、レースの核心部なので、日陰に座って英気を養います。30分ほどでスタート。ここからスタートするときにハリマネさんに撮ってもらった写真、自分でいうのもなんですが、いい写真です。ブログに載せたいくらいですが、さすがに恥ずかしいのでやめておきますが、結構お気にいりなんです。ハリマネさん、いい写真をありがとうございました。

さて、まずは天子ヶ岳。これはきつかったなぁ。傾斜がかなり急になると、山頂も近いのかと思うのですが、なかなか着かない。前を登っている選手に、まだですかねぇと聞いたら、あと400mは登るみたいですよと、冷静なお返事。ガーン、あと400mですか...

ショックを受けていたら、後方からリズミカルな足音が...なんとSTYのトップ宮原選手です。あの急な傾斜を、走ってますよ!スピードこそ出ていませんが、走っていますよ!これは、いいもの見せてもらえました。30分くらいしたら、2位の選手も。この選手も速いけど、宮原さんとのさは歴然ですな。宮原さんが、すごすぎるんだね。

しかし、AS8から天子ヶ岳山頂までちょうど2時間。タイムとしては、悪くないです。(登山口からのコースタイムは170分)山頂で、ちょっと仮眠9分休憩。以降、この区間で何気にタイムを稼げました。熊森山で水の補給を受けました。ここまで水を運び上げてくれたスタッフに感謝。地蔵峠では、最後の難所を目の前に、リタイアする人も多かったとか。個人的な感覚としては、毛無山の登りよりも、やはり天子ヶ岳の登りがキツかったですね。あと、竜ヶ岳の登りが夜になってしまったので、ここが何気にきつかったですね。AS8からAS9を約10時間半で抜けました。このあたりは、想定通りでしょう。最後まで明るければ、もう少し短縮できたかもしれません。

AS9→天子ヶ岳 120分 9分休憩
天子ヶ岳→長者ヶ岳 26分
長者ヶ岳→天狗岳 43分
天狗岳→熊森山 53分 6分半休憩
熊森山→雪見岳 44分
雪見岳→地蔵峠 34分 5分休憩
地蔵峠→毛無山 66分 5分休憩
毛無山→雨ヶ岳 66分
雨ヶ岳→端足峠 53分
端足峠→竜ヶ岳 38分
竜ヶ岳→AS9 55分

19日 21:40 AS9 193位
本栖湖のエイドでは、アゴヒゲさんが待っていてくれました。トイレに行き、ハーフカレーを食べ、味噌汁飲んで、少し休憩です。ここからまた眠くなることが予想されたので、テーブルで少し仮眠。67分も休んでしまいました。ちょっと、休みすぎですね。

仮眠したにも関わらず、樹海に入ってから、またまた睡魔が襲ってきました。もうひたすら、テープを追いかけて歩くのみ。夢遊病者の様だったかもしれません。時々、座り込んで数分寝ましたね。このあたりは、明るい時にまた来たいですね。気持ち良さそうです。

樹海を出て、鳴沢氷穴に向かうのですが、このロードもまた辛いですね。長くて先が見えない。行けども行けども、エイドが現れず。このあたり、ロードの距離を測っておけばよかったですね。そして、その気になれば、ここは稼げる区間です。

20日 01:34 AS10 189位
さて、最後のエイドです。ここまできたらもう楽勝!と思っていたのですが、そうでもなかったようです。紅葉台までは順調でしたが、ここから五湖台までが長い!同じ様な道を繰り返し繰り返し登ります。眠さもピークです。ミンティア食べまくりです。

それでも何とか山を下り、河口湖畔に戻ってきました。あとは走るよ!湖畔の道を、タッタカタッタカ走りました。タイムがどうこうとかいうのではなく、100mile近く進んできて、走ることができることを確認するかのように、走りました。

20日 04:43 Finish 185位
途中、あまり走らず足を温存し、エイドでもそれなりに休んで37時間43分というタイムは、まずまず良いのではないでしょうか。TJARの2~3日目という想定でしたから、大きなけがもせず、筋肉疲労もほどほど、胃腸も平気、走ることもできる。完璧でしょう。もちろん、100mileのレースのつもりで走れば、2時間くらいは短縮できそうです。夏に向けて、いい練習になりました。2度目のTJAR完走に向けて、少し自信が付きました。

その後、吉田うどんを食べ、ビールを飲み、温泉に入ると、湯船で寝そうになりました。かどきちさんらと話をして、会社の先輩をゴールで迎えるまでちょっと寝ようと思っていたら...話は続きますが、長くなるので参戦記は一旦ここでおしまいにします。
[PR]
by makani_tomo | 2012-05-22 16:12 | レース(トレイル)

奥武蔵山練

少し時間が経ちましたが、GWの晴れ間に奥武蔵に山練に行った記録です。

前夜の仕事が遅くなって、自宅を出たのが5月5日7時半ごろ。奥武蔵が近いからといって、電車の乗り継ぎが悪いと2時間近く掛かってしまいます。そんなわけで、横瀬の駅をスタートしたのが9時20分ごろになってしまいました。

09:20 横瀬駅

まずは、武甲山を目指します。ロードを走るわけですが、多くの登山者はタクシーで登山口まで行きますね。タ
クシーにはバンバン抜かれます。そこに乗っていた人を、その後バンバン抜くわけですが...

f0015348_1234765.jpg


いつ見ても、痛々しい山肌です。

10:04 一ノ鳥居

f0015348_1245713.jpg


登山口の手前から、路上駐車の列。相当な登山者がいることがわかります。
ガシガシ登り始めます。といっても、本当に人が多いので、追い抜きには気を使います。子供も多いです。そして、ぴょんぴょん跳ねながら下りてくる子供のパワーには驚きです。筋肉痛にならないのかな?

11:04 武甲山山頂

トイレに寄り、少し食事をして、先に進みます。
小持山-大持山方面に進むのですが、このルート、普段は極めて人が少ないのですが、今日はさすがに多い。登ってくる人もかなりいました。過去最高です。

12:08 大持山の先の分岐

f0015348_136317.jpg

この分岐は眺めがいいので、人も多いですね。
妻坂峠に向かって、グイグイ下ります。ちなみに、この日はストックを使う練習を兼ねています。ストックを持っているだけで、トレランの人に思われないという事実に気付きました。(いや、遅いからか?)

12:35 妻坂峠
石仏がありました。
f0015348_1393874.jpg


武甲山のレースでは、ここからさらに下るのですが、今回は武川岳を目指して登り返します。
武川岳山頂も賑わっていました。
今回は、山伏峠方面に向かい、さらに伊豆ヶ岳に登り返します。

13:53 伊豆ヶ岳
伊豆ヶ岳への登りで、ちょっとバテましたね。山頂で、しばし休憩。

15:19 子ノ権現
ここの茶屋でコーラを飲むのが、途中からの目標でした。ペプシを2本飲んでしまいましたよ。

さて、その先はスルギを越えて前坂までの破線ルート。でも、このルートは大好き。なかなかいいですよ。

16:50 吾野駅
前坂から吾野駅の下りました。後は飯能駅までの約15kmのロード。
楽ではないのですが、途中コーラ休憩をはさんで頑張って走りました。

18:30 飯能駅
時間がなかったので、駅のトイレで顔を洗っただけで電車に飛び乗りました。電車は空いていましたが、迷惑な乗客です。小さくなって帰りましたよ。

約9時間の鍛錬でしたが、UTMFを前になかなか充実した時間を過ごすことができました。
[PR]
by makani_tomo | 2012-05-16 01:48 | 昇る・登る

秘密兵器

秘密兵器、というほどのものでもないのですが、最近あるものを購入しました。

f0015348_1719203.jpg


Minimalist Pad 53g

山と道謹製の、マットです。これまで夏のテント泊では、100均の1mm銀マットを折りたたんで使っていましたが、軽さと引き換えに地面からの冷えに関してはその防御力は不十分でした。

今回購入したこのマットは、50cm×100cm×0.5cm。つまり厚さは5mmです。膝を折ると、肩から膝までをカバーできる大きさ。まさに、minimalist TJARのために開発された商品であるかのようです。

クローズアップすると、こんな感じ。
f0015348_1736246.jpg

そもそもの素材は7mmなのですが、両面1mmを溶かし固めて耐久性を高めているのだそうです。3360円と値段はそれなりですが、きっといい仕事をしてくれるはず。期待しています!
[PR]
by makani_tomo | 2012-05-04 17:38 | 買う



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧