走る!飲む!読む!

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

練習の王道

以前の様に毎日コンスタントに走ることが難しい状況なのですが、たとえ1時間であっても小まめに走っておきたいところです。今年はあとレースは2回。どちらも、さほどハードなものではないので、負荷は程ほどにして楽しんでおきたいところです。一方で、来年に向けて、この秋冬は地道に走り込みをしたいところです。

今のところ、恒例の青梅高水山と野辺山だけはエントリーが確定していますが、噂の富士山100マイルが気になるところです。日程的には野辺山の翌週だとか。もしこれにもエントリーするなら、野辺山は練習モードで走ることになりますか。ま、休めるかどうかも分からないので、あくまでも妄想レベルですが。

谷川岳がお楽しみモードでしたので、足へのダメージはほとんどなく、今週は月曜日から昼練ができました。久しぶりの皇居でしたが、常連さんもやや少なかったような。代わりに外国人が多かった!

火曜、水曜はオフィス内を走り回る状態で、とても外に走りに出る余裕なし。

昨日は、夜少し時間が出来たので、ジム練でした。トレッドミルで10km/hからスタートして、1分ごとに0.1km/hペースを上げていくという(MY☆STARの)岩本式ビルドアップ走。これ、結構気に入っているのです。傾斜は3%でスタートし、13km/h以降は1.5%、14km/h以降は0%。51分掛けて15km/hまで上げていくのですが、そんなに楽ではないです。15km/hまでいったら、あとは少し下げて計12km走って終了。その足で非常階段を登り1本、下り1本。

今日は、都合により昼食を食べてから昼練へ。会社近くのアップダウンコース3周。当初よりも階段を一つ増やしたし、食べた直後ということもあり、1周17分41秒。その後17分27秒、17分18秒とタイムを縮めるも、結構いっぱいいっぱい。ま、これが今の実力ですな。

しかし、平日5日間で走行距離37kmとはお寒い状態。せめて50kmはいきたいところです。しかし、23時半に会社を出て、25時に夕食、少し仕事をして27時就寝という生活では、朝練は無理。週末も結構ぐったりしていて、LSDという気分にもならず。これに12月以降は大学の講義が...

まあ、こういうことは、自分だけが置かれた状況ではなく、働きながらアスリートを目指す人共通の悩みですね。限られた時間の中で、できることを効果的にやる。それが、王道ですね、きっと。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-29 14:36 | 走る

稜線萌え

以下の写真を見てください。

f0015348_2133998.jpg


f0015348_214073.jpg


f0015348_2141557.jpg


f0015348_2143457.jpg


f0015348_2145512.jpg


f0015348_2151161.jpg


ぞくぞくしてきた方は、間違いなく、稜線萌えの可能性があります。

日曜日、かどきちさんと谷川岳から西にのびる国境稜線をたどってきました。このコース、昨年緑ちゃんから勧められたコースだったのですが、行く機会がなく、ようやく今回行くことができました。

行ってみて、想像以上に素晴らしいコースでした。稜線好きにはたまらないコースですね。馬蹄形もいいけど、個人的には、こちらの稜線コースの方が好きかな。縦走感にあふれます。

この時期、コースは信じられないほど整備されています。そのことは、また明日書きます。

惜しむらくは、上越線の少なさ。土樽駅に16時半に着き、電車が来たのは18時12分。たったひと駅のために、この待ち時間。走りたいけど、ロードはない!

という、難点はありますが、素晴らしい稜線の旅を楽しむことができました。


<本編>
朝6時、自宅近くでレンタカーを借り、かどきちさんをピックアップして高速道路へ。途中1回休憩し、水上ICで降りて谷川岳のロープウェイ駐車場へ。本当は手前の無料駐車場に停める予定だったのですが、行き過ぎてしまったのです。

ロープウェイの乗り場はすごい人!誤算でした。乗り込むまでに結構時間が掛かってしまい、天神平をスタートしたのが9時15分になってしまいました。

ここからまず肩の小屋まで登ります。登山者は多いです。かどきちさん、グイグイ登ります。あれ?のんびり登山のはずでは?頑張って付いて行きましたが、いきなりの急登でぜえぜえ。コースターム140分のところを
50分で到着。

しかし、ここまで登ると、今日これから進む稜線がはっきりと見渡せます。(1枚目の写真)稜線好きにはたまらない光景です。そして、富士山も見えましたね。この日は曇ってはいたのですが、雲が高いところにあったため、山はしっかり見渡せました。

気持ち良く進みます。道は素晴らしく整備されていて、信じられないくらい。そう沢山の人が通るとは思えないのに。あとから平標山ノ家の人に聞いたところ、お盆頃から笹の刈り払いを行い、ちょうど今くらいに全ての作業を終えるのだそうです。なので、真夏に来ると、笹をかき分けて進むことになるのだとか。春ごろか、今頃がベストシーズンなのだそうです。

しばらくは誰にも会わず。見通しがきく稜線なので、人が来れば遠くからでもわかります。ところどころに、シェルターの様な避難小屋があります。この稜線上で天候が悪化したら、確かに危険です。ようやく単独のおじさんに会いました。平標山ノ家から来たそうです。

万太郎山には11時45分頃到着。肩の小屋から1時間40分です。コースタイム220分ですから、ちょっと甘い設定ですね。ちなみに、ほとんど走ってません。山頂手前の平地で、若者3名(男2+女1)のグループが休んでいました。新しい足跡があるなと思っていましたが、彼らのものだったのでしょう。

万太郎山からは一度標高にして400m程下ります。鞍部の毛渡乗越からは南側の沢に向かって降りる破線ルートがあります。ここを下り、沢沿いを進み、林道の先には、温泉の一軒宿があるのです。興味あるなぁ。

さて、毛渡乗越から仙ノ倉山までが、このルート最大の登りです。460mほど一気に登ります。登りはキツイですが、ふと足を止めて振り返ると、ここまで進んできた稜線が心身を癒してくれます。(5枚目の写真)この登りでまた単独のおじさんとすれ違いました。

仙ノ倉山には13時30分に到着。万太郎山からのコースタイムは205分ですから、やはり甘めですね。ちなみに、この区間は緩やかな下りだけ、少し走りました。といってもジョグ程度です。

さすがに2000mを超えると風も冷たく感じます。おじさんがガスでラーメンか何かを作って食べていました。ここまでくれば、平標山までは、緩やかな道が続きます。この区間も登り以外は軽くジョグ。木段で良く整備されています。平標山には13時55分の到着でした。

山頂付近で平標山ノ家の人が整備をしていたので、しばし立ち話。新道方面の笹も、たった今刈ったばかりの様です。新道を下るという話をしたら、「気合入ってるね~。」と言われましたが、そういうものなのでしょうか。

急斜面を下るのですが、刈ったばかりの笹が、滑る滑る。これは下り難い!緑ちゃんから、あまり整備されてないよという話は聞いていたので覚悟はしていましたが、いやなるほど滑ります。

少し下った池塘付近で、ワイン休憩。実は、ワインを持ってきていたのですよ。いつものようにポークビッツをつまみに、しばし休憩。あとは下るだけだし、時間的にも十分余裕はありますからね。かどきちさんからは、ナポリタンのパンをいただきました。

10分ほど休憩して、あとは一気に下ります。しばらくは、笹の尾根を下ります。ところどころ、足場が悪いところもあります。徐々に樹林帯の中に入ります。やはり、足場が悪いところもあるので、慎重に下ります。このルートで登るのは、なかなか大変そうです。1時間くらい下ったところで、徒渉です。2回渡り、少し間を置いてもう1回。増水している時は、濡れてしまうかもしれませんが、ロープもあるので、さほど難しくはないです。あとは樹林帯の中をひたすら進みます。吊り橋が見えたらその先は林道。吊り橋着が15時55分でした。平標山から正味1時間40分くらいでしょうか。

ここで、雨がポツリ。時間的には余裕があり過ぎるくらいなのですが、濡れるのも嫌なので、林道を走ります。段々ペースが上がって、最後はキロ5分近いスピードで走っていたのでは?

土樽駅駅に入る階段は、ひどく荒れていました。登山道の方が、整備されていますね。駅には、16時30分に到着。全行程7時間15分でした。あと1時間くらい早くスタートすれば、1本前の電車に間に合うのですな。覚えておきましょう。

駅の待合室には、若者3人(男2+女1)のグループが電車を待っていました。我々も1時間40分ほど、待ちました。たったひと駅のために!

18時12分、ようやく電車が到着。大勢の登山客が、我々と入れ代わりに、電車に乗り込んで行きました。土合駅前は真っ暗。その中を、ロープウェイ駅まで走ります。最後のおまけの様な坂登り。ま、意外と早く着きましたけど。

駐車場はがらーん、としています。すぐに乗り込み、湯テルメへ。550円払って、ひと風呂浴びてさっぱりと。8時前には出て、関越自動車道へ。赤城高原SAでラーメンを食べて、ほっと一息。しかし、ここからが長かった!上里SAあたりから自然渋滞が続き、結局車を返したのが23時過ぎになりました。一番疲れたのは、最後の渋滞でしたね。

それにしても、今回のこの稜線はよかった!春は、お花がきれいらしいので、また来春に行ってみようかと思います。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-25 02:23 | 昇る・登る

夜練

昨夜は夜練。あまり時間がないので3周10kmのみ。夜だと、階段で薄暗い所などあり、思うように階段をポンポンと降りることができませんね。ま、練習で転んで怪我しても仕方ないので、夜は慎重に行きましょう。

その代わり、コースに階段を1つ追加しました。更にきついコースになりました。こういうのって、ある意味都会ならではの楽しみ方ですね。

今日は雨だし、忙しいので、練習はお休みの予定です。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-21 11:22 | 走る

今日も昼練

今日は夕方から雨の予報。ならば、あまり時間はないけど、ささっと昼練しましょう。

昨日と同じ3.3kmアップダウンコース。昨日よりもタイムを縮めようと頑張ってみました。16分20秒。うーむ、15分台は遠いな~。後半のフラットな区間で、もっとペースを上げないとダメですね。しかし、3周して50分を切ることができました。10kmなので、キロ5分ペースということなのですけどね。このタイムが、目安になりそうです。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-19 18:13 | 走る

意外にキツイ!

今日は少し余裕があり、昼休みに昼練ができました。早速、先週作ったコースを走ってきました。

15分くらいでしょうか...なんて書きましたが、今日は16分50秒前後。筋肉痛も治まり、そう悪くはないコンディションなのですが、最速で16分48秒。1周だけならもう少し速く走れそうですが(ちなみに今日は4周)、それでも15分台がいいところではないかと。意外とキツイコースを作ってしまったようです。

スタートしてすぐに歩道橋のスロープを登り、そして下り、また階段を上り、少し走って今度は地下まで下る。少し走って地下からデッキ2階部分まで登り。これが序盤です。このアップダウンで、いきなり足に乳酸がたまり、その後のフラットな部分で思うようにペースを上げることができません。想像していたよりも、キツイ。いや、僕の足がなまっているだけかもしれませんが。

いずれにしても、それなりに負荷を掛けることのできるコースの様です。上手く使っていきたいものです。当面の目標は、1周15分台で走ることかな。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-18 14:33 | 走る

トレーニングコース

相変わらず多忙を極めておりますが、どうにもストレスがたまって仕方がないので、昼練してきました。

山耐に出て、山足の怠け具合には愕然としたのですが、それは当り前です。階段鍛錬の量も減っていましたから。充分に練習時間が取れないので、ついつい走る方に時間を使ってしまい、階段まで手が回らないのです。

そこで、走るコースに階段を取り入れてみることにしました。幸い、会社の周囲には歩道橋などがたくさんあります。最近使っていた600m、800m、1.1kmなどの周回コースを歩道橋でつなぎ、更に地下まで降りてまた地上に上がるなど、積極的に階段を取り入れたコースを作ってみました。距離にして1周3.3kmのコースです。もちろん、信号は1つもなし。まだ少し筋肉痛が残る状態で約18分。調子が戻れば15分くらいが目安になるのでしょう。3周するとほぼ10kmになるし、会社の前からスタートできるし、我ながらよいコース取り。

今年のレースは、トレイル1回、6時間リレー1回と少ないのですが、来年に向けて、都会特有のアップダウンを活かしたコースで鍛錬に励みましょう。おっと、その前に仕事、仕事。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-15 19:05 | 走る

第18回日本山岳耐久レース

10月10日は、僕にとって5回目の山耐でした。青梅高水山と同じく、毎回参加していますね。今年は雨が気がかりだったのですが、当日は午前中から晴れ!しかも、ぐんぐん気温が上がってきました。足元が悪いかと気になっていたのですが、大丈夫そうですね。

11時20分頃に武蔵五日市に到着し、駅のトイレに寄って、コンビニで水を買って会場に。今年は、体育館が使えないために、みんな受付近くでウロウロ。知り合いにもあまり会えず、ちょっと残念でした。12時過ぎまでのんびりし、荷物を預けたら、グラウンドに。ようやく、知り合いにも会えました。

今回は、オール歩きとか、勝手にスイーパーとか考えていたのですが、月曜日の午前中に用事が出来たため、始発で帰れる程度のペースで行くことに。とにかく練習できていないので、無理のないペースを心掛けました。イメージは13~14時間といったところでしょうか。

13:00 スタート
気温が上がることが予想されたので、水は2L持ち、かつお茶のペットボトルに飲みかけ300mlくらいを持っていました。割合前からスタートしたもののあくまでもマイペース。ドンドン抜かれます。気持ち良く走れる所だけ走る、という具合でしたが、登りはマイペースとはいえ登りです。だんだんきつくなります。当たり前ですが、登りのきつさは、あまり変わりませんね。

15:27(02:27) 醍醐丸
何を隠そう、TJARを一ノ越でリタイアして以来、トレイルを走っていませんでした。つまり、まる2ヶ月おさぼり状態。これで登りがきつくない訳がありません。ま、そんなことは気にせず、進みましょう。途中、kurisukeさんに会いましたが、身体が重いとのこと。とはいえ、たーっと先に行っちゃいましたが。

16:45(03:45) 1CP浅間峠
去年より30分くらい遅いですが、上出来でしょう。普通なら走れそうなところでも、歩いていますから。この先で、雨が降り始めました。暑いかなと思ったのですが、半袖シャツの下に、フラッドラッシュスキンメッシュを着ていたので、あまり心配しませんでした。このまま夜中になってもあまり冷えを感じることはないはずです。しかし、ところどころで足元がぬかるみ始めましたね。下りでは、どうしても慎重にならざるをえません。思いっきり手をついてもいい様に、雨用のグローブも持っていたのです。

19:41(06:41) 三頭山
大沢山の登りは、いつもキツイですね。でも、三頭山まで来ると、半分終わったと思いホッとします。しかし、2L入れた水は、かなり減ってしまい、2CPまでは節約モードで進まなくてはなりませんでした。月夜見手前でちょうど水はなくなりました。危ない危ない。

20:54(07:54) 2CP月夜見第2駐車場
ポカリスエットと水を半分づつ入れてもらい、少し座ってアンパンを食べました。今回は前半暑かったせいか、あまり固形物を食べようとは思わず、ついついジェルだけに。これはあまり良くないですね。5分ほど休んで御前山に向かいます。ガスが掛かって、かつ前後に人があまりいなかったので、少し不安になりながらのんびり前進。ここの登りもキツイですけどね。キツイとわかっているから、頑張れます。あ、嘘です。頑張るという程、頑張っていませんでした。途中、細いトレイルを踏み外し、1mほど反転しながら滑落。しかし、軽い擦り傷だけで済みました。よかった~。

21:41(08:41) 御前山
頂上で、少し休憩です。ジェルを食べて、下ります。ここから大ダワまでの下りは、少し嫌な個所です。特に雨の後では、慎重さを要します。なので、ゆっくり。

22:51(09:51) 大ダワ
御前山から大ダワまで正味1時間かけていますから、いかにゆっくりだったかということがわかります。大ダワではトイレの後、5分ばかり横になりました。実は、ここ最近慢性的な寝不足が続いており、スタートして2時間後くらいから、時々眠気を感じていたのです。しかし、ここで5分横になって、少しマシになりましたね。

00:36(11:36) 3CP長尾平
大岳山からの下りも慎重に。山足がなまっているので、足がきつくなってきました。ますます、のんびりモードに。途中の水場では、しっかり休み、またアンパン。ここからは、割合走りやすい区間ですから、それなりに走りました。あくまでも、それなりですが。

日の出山では、夜景がきれいで、初めて写真を撮ってみました。ここからの下りで、滑って木段に膝をぶつけて、悶絶。しかし、大事には至らず。その後は、程ほど走ってゴール。

2:26(13:26:05) ゴール
初めて山耐に出た時と同じくらいのタイムです。もっとも、あの時は満身創痍でのゴールでしたが。

ゴール後、知り合いもいないので、トン汁だけ食べて高校の体育館に。温泉に行くのも面倒になったので、タオルで身体を拭いて着替えるだけ着替えて、再び会場へ。お腹が空いていたので、うどんとビールでのんびりし、お腹が落ち着いたところで体育館に戻って少し横になりました。5時には荷物をまとめて駅に向かい、予定通り始発で帰りました。

今回は、初めてのんびりモードでの参加でした。でも、正直言って心から楽しめたかというと、NOです。同じコースだし、自分はのんびりペースだけど、シングルトラックで後ろから人が来ると気になるし。夜は景色が見えないし。アドベンチャーグリーンを目指すぞ~なんて思っていたけど、楽しめないレースでアドベンチャーグリーンになっても仕方ないよねって、達観モードに。なので、5回目というキリのいい今回で、最後にしようかとも思っています。ま、来年はそんなこと忘れて、いそいそとエントリーしているかもしれませんが。

一応、装備など記録に残します。
<ウェアなど>
半袖シャツ(アシックス)
フラッドラッシュスキンメッシュ(ファイントラック)
ハーフタイツ(SKINS)
短パン(モンベル トレラン用)
短いソックス(X-SOCKS)
パワーソックス(SKINS)
アディゼロXT(09年モデル)
ゲイター(モンベル)

<装備>
リアクター
ハイドレーション(2L)
お茶(300ml)
ジェル(パワージェル系14個→7個消費)
ミニアンパン3個(3個消費)

ファーストエイドキット
ペラペラ
グローブ(雨用,晴用)
ハンドライト(SuperFire)
ヘッドライト(ヘッドウォーズ)
財布
携帯電話
眼鏡

自分としてはミニマムに近い装備でしたが、やはりパワージェル系は口に合いません。重くても、もっと普通のジェルの方がいいな。あと、もう少し甘い飲み物もあっても良かったな。もし、来年も山耐に出る気になったら、今度はちゃんと考えた装備にしようっと。でも、出場するなら、ゴール後に知り合いと会える可能性の高い10時間台でゴールしたいものですな。でないと、楽しみの大半がなくなってしまいます。さて、来年の今頃、どうしているかな?
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-14 21:26 | レース(トレイル)

皇居練

基本的に週末以外は毎日更新をしていたのですが、ここのところ期初の忙しさのあまり、放置していました。なので、当然走る時間もほとんどなく。。。

かろうじて、土曜日は買い物ついでに11.5kmほど走りました。
日曜日は、仕事で走れず。
月曜日も仕事で走れず。
火曜日は、夜、久しぶりに皇居に行きました。1周目20分42秒、2周目21分37秒。夜にしてはいいペースです。2周目が遅れたのは、お腹が痛くなったため。

今日は走れるかな。

それと、早く帰って山耐の用意をしないと。まだ、ほとんど用意をしていません。ジェルなどは、明日からアートがポイントアップらしいので、明日まで待とうかな。今回は秘密兵器はなしだなぁ。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-06 15:48 | 走る

てんてこ舞い

最近あまり「てんてこ舞い」って言わなくなりましたね。古い言い回し、ということになるのでしょうか。でも、現実は、てんてこ舞いなんです。

今日、新しい組織を立ち上げるために、9月中は準備でヘロヘロ。立ちあがってみたら、トラブル多発で、社内を走りまわり、メールや電話で対応に追いまくられています。ある意味、持久力勝負。僕の得意とするところではありますが、それでもストレスはたまります。

30分か1時間でも走れるといいのですけどね。

週末は、のんびりとLSDといいたいところですが、その余力が残っているか疑問。山耐を前にほとんどトレイルに入ってもいません。何回もたどっているルートとはいえ、あまりに準備が出来ていません。完走できるのか?まあ、のんびり行こうっと。ガス持って行って、三頭山でラーメンでも作ろうか?などと妄想にふけっております。せめて秋晴れの中、気持ち良く走りたいものです。
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-01 13:07 | その他



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧