「ほっ」と。キャンペーン

走る!飲む!読む!

<   2009年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ようやく

ようやく、インターネット環境を切り替えることができました。その他にも、バタバタと3日間働き続けていました。持久力はある方だともいますが、それでも疲れましたね。

しかし、全く走れませんでしたよ。明日くらいは、少し走りますか。もう9月ですね。秋のグルグル企画も近づいてきました。

明日以降は、普通に更新できると思います。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-31 21:40 | その他

それぞれのランナー

今夜はT君と、神宮外苑コースでした。神宮外苑に向かうにあたって、皇居を3/4周ほどして半蔵門まで行くのですが、今日は水曜日なので、やはりランナーが多かったですね。皇居夜ランナーの特徴は、女性が多いこと。アベックランナーも多数。団体さんもいます。ペースは総じてゆっくり目。おしゃべりに夢中になり、幅の狭い箇所でも横に広がる様なマナーの悪いランナーも時々います。今日は、追い抜きの際、追い抜いたランナーに肘鉄を食らい、結構痛かったです。(わざとではないと思いますが、実は、今も痛い。)

その後、四ッ谷駅に向かい、赤坂御用地周回路を少し走って神宮外苑に向かいます。神宮外苑では団体も練習しているのですが、総じてレベルが高く、フォームもきれいで、マナーも良いようです。伴走のグループも時々走っています。

外苑を離れて再び赤坂御用地周回路を走るのですが、ここはひとりで練習している人が多いですね。そして時々実業団と思しき人がいます。やはりフォームがしっかりしていて、上り坂でもスピードを落とさずにサクッと上りますね。何よりも、ランナーが少ないのが魅力です。その分、刺激には欠けますが、きついのぼりが2箇所あるので、刺激としては十分かと思われます。

今夜は時間の関係で復路をシュートカットして20km強を110分で走りました。外苑の周回路は、序盤のペースを意識した6分30~40秒/周ペースです。自分にはちょっと速過ぎるペースかもしれません。日中に集団で走ると、ついついペースも上がりそうなので、自重して6分40秒以上には上げないようにしたいと思っています。このペース、3周で20分なのでカウントしやすいという利点もあるのです。

さて、明日から夏休み。とはいえ、いろいろと忙しく、自宅のネット環境を変えたりする予定もあるので、ちょっと更新が滞ると思われます。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-26 22:16 | 走る

耐暑鍛錬in皇居

今日は久しぶりに皇居昼練でした。というのも、最近夜は割合涼しいので、暑い時間帯に耐暑鍛練的に走っておきたかったからです。

着替えて皇居に向かいます。日差しは出ているものの、真夏のギラギラした太陽とは違い、やや弱い感じですね。それでもやはり夜に比べると暑いのですけどね。

1周目は、ちょうど良いペースのランナーが前方にいたので、目指して走っていたら、桜田門近くになって追いついたのですが、抜かされるのが嫌だったらしく、スパート掛けて先に行ってしまいました。21分40秒。

2周目はペースを落として、無駄な力を抜くことを意識して走ります。左足がやや張り気味で、硬いのが気になります。22分30秒。

今日の昼練はおまけ付きです。日比谷公園の外周を3周走ります。1.72kmの周回を8分15秒~20秒ペースでじっくりと。やはり夜に比べるとペースが上がります。合計で約20km95分の鍛錬となりました。

新しいシューズで問題発生です。僕はかかとの骨が少し飛び出していて、これまでトレイルを走る時には、そこが痛くなるので、常に保護パッドを貼っていたのですが、なぜかアディゼロXTは平気だったのです。そして、ロードでも痛くなることはなかったのですが...先週金曜日、うっかりかかとに穴の開いたソックスを履いてしまい、その時かかとが新しいシューズですれてしまったのですね。その部分が、じんわりと痛み始めました。またパッドを貼ればいいのですが、練習では面倒だし、バンドエイドで代用しておくかなぁ...
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-25 17:14 | 走る

お寺の冷水器

今夜はT君と浅草コース21kmでした。このコース、隅田川沿いを走ることが多いのですが、意外と給水箇所がないのです。8月でも今日くらい涼しければいいのですが、蒸し暑い夜にはなかなか厳しいコースです。

しかし、先日T君が休日にこの浅草コースを走った際、折り返し地点の浅草寺に給水箇所を見つけてきてくれたのです。これは、確認しに行かねば!

いつものように隅田川テラスに出て、川沿いを走ります。夕立ちの影響と満潮が重なり、いつになく水位が高いですね。そして、時折水没個所も。なんだかんだと、いつもより2分ほどの遅れで浅草寺に到着です。お参りした後、給水箇所を確認に。それは、本堂に向かって右手の広場奥にありました。なんと、屋外であるにもかかわらず、冷水器ではないですか!しかも2台。浅草寺が設置してくれているようです。ありがたいことです。

復路は、少し足もほぐれてきて、往路の遅れを少し取り戻そうと、気持ちスピードアップ。ま、微々たるものですが。新しいシューズも、少し慣れてきたようです。

今度の週末もあまり走る時間が作れそうにないので、400kmは無理そうですが、それはそれで仕方がないので、調整モードということにしておきましょう。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-24 23:48 | 走る

ヘトヘトな週末

この週末は、家の用事で忙しくてヘトヘトでした。走る余裕もなく、料理はしましたが、とりあえず作ったという程度で。

土曜日には、蕪が安かったので、蕪と舞茸の炒め物。
実は、自宅で育てていたゴーヤも入っています。が、今年は日照不足のせいか、不作でした。でも、蕪が安くて美味しくて、良かった。

f0015348_147898.jpg


日曜日も朝から、出たり入ったり、あっち行ったりこっち行ったり。おまけに力仕事もしたので、妙に腕が疲れました。というわけで、夜は簡単に、鶏肉を買ってきて、トマトソースで煮込んでみました。缶の大豆を使いたかったので入れたのですが、なかなか良かったですね。

f0015348_1474527.jpg


さて、今週前半は少し走りたいですね。後半は、また忙しくてあまり走ることもできなさそうです。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-24 02:08 | 食べる

祭り

今夜も周回コース...と思っていたのですが、どうやら今夜から麻布十番祭りらしいです。なので、興味本位で走って出かけました。赤羽橋から向かったのですが、まだ準備段階でしたね。それでも大勢の人が、集まり始めていました。なので、あまりスピードも出せず。

その後、明治通りを恵比寿に向かい、ガーデンプレイスから目黒、五反田と回り、国道1号をたどって戻ってきました。しかし、蒸し暑かったですね。お金を持っていなかったので飲み物も買えず、公園を探すも見当たらず。やや脱水気味になりながらヘロヘロと戻ってきました。

今月はようやく練習ペースも戻り、ここまでで320kmくらい。ただ、少々疲れもたまってきているので、明日は休足の予定です。そうでなくても、いろいろと用事があり、まとまって走る時間が取れそうにないのですが。

月内は、もう少し突っ込んでいきたいですね。9月に入ったら、徐々に調整モードに移行しようかと思っています。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-21 23:21 | 走る

新人がベンチ入り

久しぶりにシューズを買いました。以前から買おうと思っていた、アシックスのGT-2140 NEW YORK-slimです。これまでに何度も店頭で履いてみて、フィットするのは確認済みでしたので、今日の夕方サクッとお買い上げ。5月の光が丘24時間走の時は、まだGT-2100と2110を使っていましたが、さすがに2100はへたって来ています。2110もくたびれているのは明らか。来月のレースまで引っ張るかどうか悩んだのですが、一応新人も選手登録してベンチ入りさせようと思ったのです。

早速、走ってきました。結果から言うと、まだしっくりこないですね。インソールの素材の関係なのか、ソックスとの相性なのか、どうも足の前半分がシューズの中ですべる感じがします。途中で、シューレースをしっかり締めなおしたら、少しマシになりました。今日の感じだと、レースにはまだ使えないのですが、まだ少し時間はあるので、徐々に慣らしていきますかね。

ちなみに今日は神宮外苑でした。神宮球場ではプロ野球の試合だったようで、時々夜空に響き渡る歓声を聞きながら、1周6分50秒前後で走ってきました。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-20 21:20 | 走る

くるくる鍛錬

ここのところ、山に行く以外は、地味に職場近くや自宅近くを走っています。しかも、来月のレースを想定して、1~2kmの小さな周回コースをキロ5分半前後のペースでくるくる回っています。

最近のお気に入りは、日比谷公園です。この周回は約1.7km。これを9分15~30秒くらいのペースで回ります。歩行者はそれなりにいますが、道幅が広いので、さほど邪魔にはなりません。周回しているランナーはほぼ皆無なので、自分のペースで走ることができます。(皇居はランナーが多く、特に夜はついつい前の人を追い抜きたくなります。)公園に入ればトイレもありますし、給水もできます。自販機もあります。ついでに、カフェやレストランまで。

今夜も、どこかの周回コースを走る予定です。神宮外苑まで足を伸ばそうか、それとも日比谷公園か?今日は水曜日なので、皇居周回だけは避けておきましょう。

今夜はT君と走ったので、周回はやめてお台場コースにしました。ガンダムは、すごいことになっていましたね。会場には、ファミリー、カップルがたくさん押しかけ、お盆過ぎの平日夜ではありますが、オフィシャルショップ60分待ちですよ!すごい人気ですね。

さすがに足に疲れが溜まってきているので、いつもよりややペースを落としての18km。101分でした。こういう疲れた状態で、如何に無駄な力を抜いて効率よく走るか、研究中です。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-19 12:54 | 走る

南アルプス1泊2日ループ(装備など)

さて、今回の山行の装備などについて、備忘録的に記しておきます。

<ウェアなど>
半袖Tシャツ(CW-X)
セミロングタイツ(CW-X)
短パン(モンベル)
ハイソックス(ミズノ アーチハンモック)
パワーソックス(SKINS)
タイツ用下着
シューズ(バスク マーキュリー)
グローブ(FoxFire)
手ぬぐい(ダイソー)

<装備など>
ザック(カリマー Trim35)
ハイドレーション(2.5L用)

雨具(バーサライト 上下)
ウールの長袖シャツ(ibex 寝るとき用)
換えのソックス
速乾タオル

ハンドライト
ヘッドライト
シェルター
シュラフカバー(モンベル)
キャンプマット(ダイソー)
エマージェンシーシート
ファーストエイドキット
熊鈴
ストック(ランブラー工房特製)

デジタルカメラ
携帯電話
財布
車のキー

<食料など>
アルファ米(2袋)
パン(3袋)
ソーセージ
パワーバー
熱中飴
キャラメル

<食事>
14日
二軒小屋でペプシ(150円)を買い、パンで腹ごしらえ。アルファ米作る。
千枚岳でパン少し。
悪沢岳でアルファ米半分食べる。
中岳避難小屋でカップラーメン(500円)購入。
高山裏を過ぎて、パン少し。
三伏峠小屋で、アルファ米半分とソーセージとビール(800円)
夜中に、パン少し。アルファ米作る。

15日
アルファ米半分食べて出発。
塩見小屋で、カップラーメン(400円)とコカコーラ(200円)
蝙蝠岳でアルファ米半分。
歩きながら、パン少し。
二軒小屋でビール(500円)とパン。

<ストックについて>
先日ランブラーさんから受け取ったばかりのストックを、いよいよ実戦投入しました。新倉をスタートし、田代発電所から沢沿いを進むのですが、調べたところ両手を開けておいたほうが良さそうな気がしていたので、ストックは使わず。沢から離れ、九十九の登りでいよいよ投入です。明らかに、足への負担が軽減されているようです。コルク製のグリップも実に良い感じです。長さもバッチリ。

伝付峠から二軒小屋への下りでは、大腿に負担を掛けないように、ストックで補助を試みます。まだ、上手く使えているとは言いがたいのですが、リズム良く使うことを意識します。

二軒小屋からの急登は、手を使って登ることころもあり、そういう時はストックがお荷物になるのですが、そういう箇所以外は、それなりに補助になります。もっとも、あまり負荷を掛けすぎないように気をつけました。稜線の登りや、九十九の登りでは、最高に効果を発揮します。感覚的に足への負担が25%ほど軽減されている気がします。(あくまでも、感覚的なものです。)

頂上直下の岩場の登りでは、やはりお荷物になるので、こういう時にすばやくたたんでザックに装着できるようなアタッチメントを工夫してみようと思います。

2日目の朝、夜明け前から活動を始めたので、手にはハンドライト。それに、塩見の岩場では使えないので、塩見を越えるまでは使いませんでした。朝イチということもあったのかもしれませんが、本谷山へのなんてことのない登りがキツイです。やはり、ストックの効果はあるのだと改めて実感しました。

塩見からの下りでは、リズム良く突いて、足への負担軽減を試みました。蝙蝠尾根の広い尾根を歩く時、ストックはすばらしい仕事をしました。非常にテンポ良く進むことができました。

結論として、このランブラー工房謹製のストックは、アルプスの縦走でも十分使えると思いました。岩場の通過時に簡単に仕舞うことのできる様な工夫は欲しいところですが、そういう箇所は全ルート上でも数%でしょうから、あまり問題にはならないでしょう。山耐の様に、10時間前後であれば、ストックを使わずに、足に負荷が掛かっても一気に駆け抜ける方がいいと思いますが、長いレースになればなるほど負荷は分散させたいものです。まさに、TJAR向けのストックと言えましょう。

ただ、カーボン製のシャフトなので、岩などに強く打ち付けると、ひびが入るなど破損の可能性はあります。しかし、そういうリスクを取ってでも、このストックは利用する価値があると思いました。ランブラーさん、いいものをありがとうございました。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-17 21:44 | 昇る・登る

南アルプス1泊2日ループ(その2)

三伏峠は標高2,500m強。14日夜は比較的気温が高かったのでしょう。テントの中では、上着はibexのウールの長そで1枚で十分でした。寝るときには、レスキューシートを使いましたが、このシート保温性が高いので、すぐに結露します。シェルターinシェルターという感じです。その分、シェルターの結露はマシになるのですけどね。ウールのシャツは、結露からくる水滴を受けてもさほど冷たくないので、平気です。最終的には深夜を過ぎて、バーサライトのジャケットを着込みましたが、レスキューシートの特性上、雨具で身体からの熱を遮るよりも、直接触れていいた方がいいようです。結露対策には、もうひと工夫が必要ですね。

うとうとしていたのですが、隣のテントの人が起きだしたので、こちらも予定を繰り上げて起床します。アルファ米を食べ、荷物をまとめ、シェルターを撤収します。まずはトイレに行き、そして水場で水を2.5lL補給します。今日のルートでは、塩見小屋以降、当分補給ができないのです。

03:40 三伏峠小屋スタート
水場から小屋手前まで戻り、三伏山を経由して塩見小屋を目指します。本谷山を越えたあたりで、夜が明け、ライト類を仕舞い込みます。塩見小屋到着直前で、空が晴れてきました。小屋では、大勢の人が写真を撮っていました。

f0015348_132594.jpg


小屋は、ちょうど宿泊客を送り出したところ。恐縮しながらカップ麺とコーラを注文。いい景色を観ながら、腹ごしらえができて満足です。そういえば、ここ3年毎年カップ麺とコーラをオーダーしているのでした。

06:42 塩見(西岳)
6時に小屋を出て、険しい登りを越えて、ようやく西峰にたどりつきました。今日は晴れていて快適です。仙丈岳方面もきれいに見渡せます。
f0015348_2114325.jpg


東峰から下り、北俣岳で仙塩尾根方面から蝙蝠尾根を南に進みます。何気に険しい岩陵帯を越えなくてはなりません。
f0015348_2203345.jpg


途中、塩見岳を振り返ります。(左上が塩見岳)
f0015348_2195764.jpg


ほどなく道は穏やかな尾根道になります。その先には蝙蝠岳が。(奥の頂)
f0015348_2222399.jpg


このあたりからは、南西方向に荒川三山を見ることができます。昨日はあの稜線をたどっていたのです。
f0015348_2255410.jpg


08:18 蝙蝠岳
比較的広い山頂で、腹ごしらえをします。ここからは、下りが続きます。徳右衛門岳に向かいますが、そのルートはなかなか厄介です。虫の多い樹林帯を過ぎ、南アルプス名物倒木帯を抜け、少し無理に付けたような道を下ります。
f0015348_2303322.jpg


蝙蝠尾根ではきっと誰にも会わないのではないか?なんて思っていたのですが、意外に人に会いました。といっても、北俣岳の分岐から二軒小屋に戻るまでに、出会ったのは10名程でしたから、あの長い尾根に10名と考えると、確かに人は少ないですね。

徳右衛門岳は小さなピークです。ここから、さらに激下りが続きます。特に、中部電力管理棟に降りる直前は、ややわかりにくいですね。夜には通過したくない個所です。その後も激下りが続き、ようやく蝙蝠岳登山口に到着しました。ここから少し林道を走り、トンネルを抜け、二軒小屋に戻ってきました。

11:39 二軒小屋
トンネルのゲート脇を抜ける際、手拭いを落としてしまいました。残念。二軒小屋では、ビールの自動販売機でロング缶を購入し、昼食を。大休止の後、今回最後の登りに向かいます。

登り始めて55分で伝付峠に戻ってきました。休むことなく下りに。途中の水場で水を補給し、沢までは小走りで下ります。再び沢沿いの道を通過し、危なっかしい橋も渡り、田代発電所に到着です。あとは、軽くジョグで新倉まで戻ります。

15:15 新倉
三伏峠から11時間35分で到着です。コースタイムが20時間55分なので、休憩込みで約55%。ほぼ予定通りの時間で戻ってくることができました。その後、廃校を利用した宿泊温泉施設「ヘルシー美里」で汗を流し、再び高速で帰ってきました。中高高速の渋滞は、談合坂から小仏までの15kmだったので、いつもの週末と同じレベルでした。やはり、早めに戻ってきて正解でした。

今回のループルート、なかなか充実した山行でした。特に新倉~伝付峠~三伏峠は、かつての伊奈街道であり、マイナーながらも多くの人がたどったルートだったはずです。かつての街道は二軒小屋から先、大井川西俣をたどったようです。おそらくは、部分的にはその跡が残っているのではないでしょうか。調べてみると、塩見岳あたりまで遡上している人は大勢いるようです。これはこれで、魅力的ですね。

装備等につては、後日記すことにしますが、何といってもストックの利用が今回のメインでした。詳細なレポートは、製作者であるランブラーさんに報告した後に記したいと思っていますが、とりあえず「とても使えた」ということだけは報告しておきます。
[PR]
by makani_tomo | 2009-08-17 02:57 | 昇る・登る



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧