走る!飲む!読む!

<   2008年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

長瀞に遊ぶ

この週末は、休養でした。

土曜日は、眼科に行くも、あまりに先客が多く、思わず撤退。来週にしました。その後、桜の写真を撮りに、例のカメラを持って、近所の公園へ。

f0015348_194562.jpg

※この写真はいつものデジカメです。

久しぶりのフィルムカメラ。緊張します。シャッターの感覚も、なんだか懐かしいです。本当に撮れているか、なんだか不安であります。でも、昔はプロを含めて、みんなそうだったのですよね。

午後も買い物ラン。里芋を買ったので、里芋餅を作りました。今回は、里芋の一部をやや粗めに下処理しました。そして、空豆の砕いたものを加えて、片栗粉、塩を加えてフライパンで焼きました。ふわふわ餅の中に、食感の異なる空豆があって、とても美味しかったです。

f0015348_19142.jpg


日曜日は、まず芦ヶ久保へ。イチゴ狩りを楽しみました。普段登っている山並みを見ながらの、イチゴ食べ放題。満腹です。
f0015348_112537.jpg


それにしても、芦ヶ久保にこんなにたくさんの果樹園があったとは知りませんでした。しかし、農家の方に伺ったところ、以前は西武鉄道が果樹園を借り上げて、もっと大規模に観光農園化していたとのこと。その後、ミューズパークに資金を投入するために、芦ヶ久保の果樹園からは手を引いて、その後を地元の農家が引き継いでいるのだが、高齢化や跡継ぎ不足で、年々廃れてきているとのこと。お話を伺った方のお子さんも、今年地元の小学校に入学するものの、来年には廃校が決まっているのだそうです。ちょっと、ほろ苦いイチゴの後味でした。

その後、西武秩父駅で降り、電車を待つ間、秩父鉄道の御花畑駅近くの大きな桜の木を見に行きました。ここは慈眼寺といって、眼の病気にご利益があるとのこと。これは、いいところにきました。緑内障の進行が、少しでも遅くなりますように、お祈りしました。

f0015348_1193752.jpg


と、そのとき大きな汽笛が!そして、煙が見えます。なんと、SLではないですか。秩父鉄道では、休日を中心に、SLが走っているようです。近くで見ると、実に大きい。迫力あります。

f0015348_1211821.jpg


長瀞では、ライン下りを楽しみました。この日は水量が少なく、人数を制限しての営業でした。それでも、しばしば、川底に船底がこすれるという様な状況。でも、その分ゆっくりとライン下りを楽しむことができました。

f0015348_1264455.jpg


月曜日は、冷たい雨がしとしと。観光は中止して、宿からゆっくり帰宅しました。もっとも、帰宅する頃には、雨も上がり、太陽が顔を出していたのですけど。

そういえば、近所の豆腐屋さんで、お豆腐を買ったらおからをおまけに付けてくれたのでした。それを使おうと、おからクッキーを作ってみました。おからにピーナッツバターを混ぜ込んで作ります。

f0015348_1302040.jpg


そして、定番のおからと人参の和え物。よく見えませんが、空豆も入っています。おからが淡白なので、人参を煮るときに味を少し濃い目に付けておきます。

f0015348_1323071.jpg


夕食前には、軽くお花見ラン。池や川べりを中心に約13km走りました。夕日に照らされた桜の花も、実にきれいでした。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-31 23:04 | 観る

走り方

どうも身体が重いです。午前中は眼科&ドコモショップ。午後は、買い物ラン。どうも、身体が重いです。疲れがたまっているのでしょうか。しかし、ここは身体が重い時の走り方を研究してみましょう。

マラソンのトップ選手は、決して足の筋肉隆々ではありません。エチオピアやケニアの選手など、折れそうなほどに細い足です。トレイル系レースのトップ選手にしても、大腿筋は発達している気はしますが、組成学上の筋肉量がそれ程多いような気はしません。

では、トップクラスの選手は何が違うのでしょうか?思うに、筋肉の使い方に違いがあるのではないでしょうか。すなわち、同じ量の筋肉を持っていても、それを80%使える人と50%使える人では、大きなパフォーマンス上の違いが出るのではないでしょうか。ポイントは、持っている筋肉の使い方なのではないかと。アスリートのトレーニングの本質は、筋肉量を増やすことではなく、持てる筋肉の使い方の効率を上げることにあるのではないでしょうか。

感覚的に疲れていると感じるとき、どの様に走るべきか。身体の中に残っているエネルギーを、いかに搾り出すことができるのでしょうか。イメージは歯磨き粉です。そろそろ無くなりそうな歯磨き粉のチューブから、歯磨き粉を搾り出すイメージです。いかに最後まで、搾り出せるか、それが強さの秘訣なのではないでしょうか。しかし、搾り出しには、相当な鍛錬が必要になりそうです。

というわけで、今日は例のカメラを持って、桜を求めての撮影ラン。何だかんだと10kmくらい走りましたか。さて、上手く撮れているのでしょうか。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-29 23:42 | 走る

夜桜巡り帰宅ラン

今日は久しぶりに帰宅ランをしました。どういうルートで帰ろうか考えたのですが、この時期ならではの夜桜巡り帰宅ランにすることにしました。

日比谷公園に続いて、外務省前の桜。
f0015348_2111967.jpg

日本のパスポートには桜の透かしが入っていますが、そのモデルは、ここの桜だとか。

皇居に出て、時計回りに少し走って、千鳥ヶ淵に。更に新宿通りを走り、四ッ谷駅前の桜。
f0015348_2213620.jpg


そして、新宿御苑の桜...と言いたい所ですが、残念ながら閉苑後につき桜は見れず。歌舞伎町の喧騒の中を駆け抜け、途中友人の店でギネス&チョリソー&ガーリックトーストでエネルギー補給。

その後約1時間走り、家の近くでも川べりや池の周囲の桜を鑑賞。いやぁ、いいものです。計2時間45分で約26kmの帰宅ランとなりました。多くの桜は、この週末が見ごろですね。カメラを持って、出かけて見ますか。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-28 23:09 | 走る

ワインのラベル

ワイン好きの人の中には、ワインのラベル(エチケット)を集めている人も多いかと思います。僕も、昔は飲むたびに集めていたのですが、最近は「美味しい!」というワインか、記念の日に飲んだワインくらいにとどめています。というのも、普段飲むのは所謂テーブルワインですし、週に3~4本は飲むので、それを全部集めてもね...

ところで、ラベルで有名なワインと言えば、ご存知シャトー・ムートンです。ワインそのものも有名ですが、そのラベルの画を毎年有名なアーティストが手がけることでも有名です。正直言って、ワインは飲んだことありません。たぶん、美味しいのでしょう。

そのラベルを一堂に集めた「ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展」が、いま六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーで開催されています。(3月30日までなので、ご興味のある方は、お急ぎください。)

この展覧会では、1945年から2005年までの全てのヴィンテージの原画とラベルが展示されています。中には、シャガール(1970年)やピカソ(1973年)、アンディー・ウォーホール(1975年)、キース・ヘリング(1988年)など有名なアーティストの手掛けた作品も数多く含まれています。

変わったところでは、英国のチャールズ皇太子(2004年)というのもあります。日本人では、堂本尚郎画伯(1979年)、節子バルテュスさん(1991年)が描いています。

面白いのは、この原画のギャラです。なんと、現物支給(シャトー・ムートン・ロスシルド10本)なのだそうです。

一度は飲んでみたいシャトー・ムートン。エノテカのネットショップで調べてみたら、一番安いヴィンテージで2004年の28,000円。う~ん、飲めませんな~。やはり、ラベルを観て我慢しておきましょう。

余談ですが、この原画展の図録のお値段は8,400円!ワインも高いけど、図録も高い!
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-28 13:22 | 観る

ミノルタ ハイマチックE

先日ヤフーオークションで落札したカメラが、届きました。想像していた以上にきれいなカメラでした。このカメラ、発売は1971年。今から37年前のカメラですが、正直言って、そこまで古いカメラには見えません。

f0015348_2402540.jpg


手に取ってみると、ズッシリとした重みがあります。わずか560gなのですが、普段使い慣れているコンパクトデジタルカメラや携帯電話が軽いので、560gがものすごく重く感じます。しかし、それだけに存在感は十分です。

問題は、電池です。このカメラ、既に生産中止した水銀電池(NR52)を2個使っているのです。これを解決しないと、シャッターは切れません。そこで、代用になるボタン電池(LR44)を2個買ってきて、間にアルミホイルをかませて、直列につなぎ、ガムテープで固定して、詰め込みます。もうひとつの空間には、元の(既に放電しきった)水銀電池を入れておきます。これで、OK。

シャッターは切れるようになりました。フィルムも入れました。さて、この週末は桜を撮りに行こうかな。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-28 02:38 | 買う

人間ドックのち精神を癒す

今日は年に1度の人間ドックでした。毎年都内某所の病院に行っているのですが、今回もほぼ問題なしで安心しました。若干の問題といえば、中性脂肪が基準値よりも少なすぎること。そして、尿素窒素の値が少し高いこと。

前者の中性脂肪に関しては、何というか、食事の問題でしょうか。医師には、もっと脂肪分を取った方がよいと言われました。後者の尿素窒素の値は、水分摂取が少ないのではという所見でした。確かに、昨日もトレーニングした割には少なかったかもしれません。もう少し、日常的に水分を摂取した方が良さそうです。

肝臓の機能は、相変わらず順調でした。γ-GTPの値は25。こんなにお酒飲んでいるのに、肝臓は元気に機能してくれているようです。でも、油断は禁物ですので、これからも週一の休肝日は続けます。

さて、今日の人間ドック。思いのほか早く終わり、次の予定までに時間があったので、今日から国立新美術館で始まった、「モディリアーニ展」を観てきました。

モディリアーニの作品は、個人蔵が多く、なかなか多くの作品を集めることが難しいのだそうです。今回の展覧会も、個人蔵の作品がほとんどです。

今回の展覧会の特徴は、あのモディリアーニの独特の作風が、どの様な過程で生み出されてきたのかを、実に丁寧に説明している点です。その中で、カリアティッド(古代ギリシャ建築の梁を支える女性像の柱)の存在は重要で、モディリアーニは数多くのカリアティッドの習作と作品を描いています。

瞳くっきりのジャンヌの画があったのも、新鮮な驚きでした。初日なのに意外と空いていて、ゆっくりと観ることが出来ました。

久しくパリに行っていないのですが、行きたくなりました。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-26 23:55 | 観る

普通救命講習

山のシーズンを目前に控え、以前より懸案だった救急救命の講習会に行ってきました。正式には、「普通救命講習」という4時間の講習です。講師は消防署の方で、東京救急協会という財団法人の方々も一緒に指導してくれます。

講習の内容は、救急に関する基本的な事柄です。主な内容は以下の通り。
①心肺蘇生の方法
②AEDによる除細動
③気道異物除去
④止血法

どれも、知っておいて損はない、というか危険性の高いアクティビティをするなら、知っておくべき内容かもしれません。具体的な処置の方法も、徐々に変わるようで、今回の講習では2000年基準と2005年基準の違いなどについても触れていました。

AEDは、最近駅や公共機関でも良く見かけるようになりました。使い方は、難しくはないのですが、状況が状況だけに、使い方の練習をしたことがあるかないかでは、ずいぶん違うのではないかという気がしました。それに、AEDにも新型と旧型がある様で、いずれにしても機械のガイダンスに従うとのこと。

一番使う可能性があるのは、止血法でしょうか。基本は、出来るだけ清潔な布をたくさん重ねて、力いっぱい押さえること(直接圧迫止血法)。傷に当てた布を、途中ではがさないこと。

実技を含めた4時間の講習、実に有意義でした。習得したことを使う機会がないことを祈りつつ、山に向かいたいものです。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-25 13:13 | その他

いつものコースの逆走

今日は早起きして、早めに買い物に行ったので、午前中に少し走ることができました。いつもの10kmの池方面のコースに行こうと思ったのですが、図書館に寄って予約していた本をピックアップすることを頼まれたので、いつものコースを逆走することにしました。(通常の向きだと、家から15分で図書館なのです。)

走り慣れた道なのに、逆向きに走るというだけで、なんとなく新鮮な気分です。そして、なんだかいつもよりもキツイ様な...

桜の花も咲き始め、お散歩を楽しむ人もたくさん。そして、ランナーもたくさん。中には、かなり速い若者もいて、ついつい刺激されキロ4分10秒ペースに。池を3周したのち図書館に着いたら、もう汗だく。最後は、本を抱えて10km47分の逆走でした。

夕食には、真鯛のポワレ。塩をした鯛は2時間おき、バターで皮面をじっくり焼きます。付け合せには、アスパラガス、ブロッコリー、エリンギ。あ、トマトを添えるの忘れてました。
f0015348_0574113.jpg


そして、蕪と豚挽き肉のリゾット。平田牧場の豚挽き肉を炒め、その油を用いて、さいの目に切った蕪とその茎を炒めます。ブイヨンを加え、お米を加え、最後にグリーンピース。滋味あふれる実に美味しいリゾットができました。
f0015348_14488.jpg


ブロッコリーと蕪の茎が残っていたので、いつものきんぴらも作りました。
f0015348_151612.jpg


さて今週は、人間ドック。果たして、健康状態や如何に!
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-23 23:35 | 走る

いつものコース

先週に引き続き、今日も山に行ってきました。行き先は、いつもの奥武蔵。始発で正丸駅に降り立ち、ひんやりした空気をほおに感じつつ、そのまますぐに走り出します。(電車の中で、準備運動をしておくのです。)

坂を上り詰め、トレイルに入ります。7時前なのですけど、汗が噴出します。今日はいいお天気なのですが、ハイカーは少なかったですね。正丸駅で2人、伊豆ヶ岳の手前で1人、その後1人と計4人にしか会いませんでした。ランナー系はゼロ。皆さん、青梅高水山に行っているのでしょうか。

伊豆ヶ岳の山頂からは、すばらしい眺望が。
f0015348_08993.jpg

北北西方面には、遠く榛名山が望めます。

天目指峠の手前辺りは、気持ちよく走ることができます。今日のテーマは、下りの感覚を取り戻すことだったので、このあたりはちょうどよい練習ポイントです。

子ノ権現からは、大好きなトレイルです。シングルトレイルを気持ちよく走り、前坂に。まだ少し時間があったので、天覚山に向けてさらに南東に進みます。残念ながら途中で、時間がなくなり、林道にエスケープして、最後はバス通り沿いをロードラン。計26km(NIKE+iPodによる計測)の鍛錬でした。予定通りの電車に乗り、無事に昼前には家に帰ることができてひと安心。

夕食には、鹿児島産きびなごの丸干を、軽く炙っていただきました。
f0015348_0281159.jpg


そして、帆立の酒蒸。すっかり居酒屋メニューですね。
f0015348_0291676.jpg


しかし、こんなメニューなのですが、お酒は飲みません。昨日も飲んでいません。実は来週人間ドックに行く予定なので、アルコール控えているのです。特に肝機能の検査値が悪いわけではない(むしろ、いい方)のですが、毎年人間ドックの前1週間は、アルコールを抜いています。病気以外で飲まない週末は、この時くらいですね。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-23 00:40 | 走る

バースデー

先日の自分の誕生日ディナーの記録です。ちなみに、普段の週末同様、僕が作ります。ただ、自分が食べたいものを、遠慮なく作ることができるということで。

サーモンのタルタル風。サーモンをたたいて、ピクルスとオリーブのみじん切りを加えて、塩胡椒、バルサミコ酢で味を調えます。パテ風に、フランスパンに乗せて食べると美味しいです。
f0015348_23354819.jpg


タリアッテレ鴨ロースのトマトソース風。定番のタリアッテレですが、鴨ロースを贅沢に使ってみました。仕上げにポルチーニとその戻し汁を加えるのがポイントです。
f0015348_23515656.jpg


シュークルート風鶏もも肉の煮込み。シュークルートは、ブロックベーコンやソーセージで作ることが多いですが、美味しそうな鶏もも肉を見つけたので、急遽変更。でも、大正解でした。
f0015348_2340312.jpg


デザートには、和栗のロールケーキを。
f0015348_2353389.jpg


さすがに歳を取ることに感慨は無いけど、いくつになっても、自分の好きなものを作って食べることができるのは、嬉しいことです。
[PR]
by makani_tomo | 2008-03-22 23:57 | 食べる



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧