走る!飲む!読む!

<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ひとりTTR

TTRは中止になってしまったのですが、ヤフーのピンポイント天気予報によると奥多摩町は降水確率0%なので、行っちゃえって感じで「ひとりTTR」行ってきました。

車で自宅を出て、青梅永山公園駐車場に5時15分着。用意をして、スタートしようとしたら、TTR事務局の人から声を掛けられました。どうやら、中止と知らずに集まってきた(らしき)人に、声を掛けていたようです。ひとりで走りに行きますって言ったら、アミノバリューくれるといったのだけど、すでに背中は装備で一杯なので、丁重にお断りしました。

<服装>
CW-X エキスパート・ロング
CW-X 長袖シャツ
ジャージ(上下)
Xソックス
ゴム軍
スパッツ
レオナ・ディバイド

<装備品>
リアクター
プラティパス2.5L
ヘッドライト(ブラック・ダイヤモンド ジーニックスIQ)
手持ちライト(プリンストンテック インパクトⅡ)
替えの電池(単三×2本,単四×4本)
ウィンドブレーカー
メガネ,コンタクトケース
コンパス
携帯電話
軽アイゼン
地図
メモ,ペン

<食料>
エネルギーゼリー(7本)→6本消費
おにぎり小(梅干4個)→4個消費
パワーバランス(3袋)→1袋消費
塩飴(5個)→2個消費
ポークビッツ(1袋)→消費せず

以上、装備重量(装備品+食料+水)で、約5.9kg。
前回試走時よりも、長丁場になると思っていたので、十分に用意したので、なかなか重くなりました。いかに必要十分な装備で、軽く仕上げるかについては、まだ改善の余地がありそうです。

<タイム>
永山公園→雷電山      73’57”03 (1:13 57)
雷電山→高源寺        21’25”96 (1:35 22)
高源寺→高水山        32’54”45 (2:08 17)
高水山→岩茸石山      22’00”45 (2:30 17)
岩茸石山→棒ノ折山     64’23”48 (3:34 41)
棒ノ折山→日向沢ノ峰    99’24”22 (5:14 05)
日向沢ノ峰→蕎麦粒山    25’49”77 (5:39 55)
蕎麦粒山→一杯水      30’44”58 (6:10 39)
一杯水→酉谷峠        68’08”22 (7:18 48)
酉谷峠→水松山        60’36”16 (8:19 24)
水松山→長沢山        18’59”86 (8:38 24)
長沢山→大ダワ        63’31”71 (9:41 55)
大ダワ→雲取山荘       15’55”22 (9:57 51)
雲取山荘→雲取山頂     21’19”18 (10:19 10)
雲取山頂→奥多摩小屋    22’36”82 (10:41 47)
奥多摩小屋→七ツ石山    19’59”67 (11:01 46)
七ツ石山→鴨沢         50’04”03 (11:51 50)

<出会い>
鹿 1頭 (雷電山手前 あんなところにもいるのですね)
リス 1匹 (一杯水手前)
キジ 1羽 (水松山手前)
トレイルランナー (3組5人)
ハイカー,登山者 (多数)

<走行記>
正確なスタートの場所がわからなかったので、青梅高水山トレイルランのスタート地点から計測しました。朝5時半、長丁場になるので、やや抑え気味にスタート。雷電山から先の地点で下りに入りますが、これがなかなかの急斜面。踏まれていないので、もろい地面でずるずる滑ります。意外と時間掛かりました。

実は、当初は、「3・4・5作戦」を立てていました。すなわちスタートから棒ノ折山まで3時間、棒ノ折山から酉谷峠まで4時間、酉谷峠から鴨沢まで5時間。しかし、いきなり棒ノ折山まで3時間半ほど掛かり、トータル12時間フィニッシュは可能性が低くなりました。

棒ノ折山から、日向沢ノ峰を経て蕎麦粒山までは、前半のキツイ箇所です。しかし、この区間は試走済みなので、どのあたりがキツイかわかっているので、心理的なキツさはずいぶん軽いものでした。やはり試走は大切です。

スタートからずっとひとり旅でしたが、蕎麦粒山の前後でようやくハイカーに出会いました。GW初日なので、大勢いました。そして、蕎麦粒山の先で、ひとりのトレイルランナーに道を譲りました。この方、その後酉谷非難小屋で再会しましたが、やはりTTR参加者でした。相当速いランナーでした。

試走済み区間では、試走タイムよりも少しでもタイムを短縮することを目標にしました。トレイルランナーに出会って、結構引っ張ってもらえました。特に蕎麦粒山から先は、タイムの稼ぎ所です。本番レースであったなら、全般的にプラス効果があるのでしょうね。

試走時よりも気温は高く、水の消費も多かったので、酉谷の水場では1.5L以上補給しました。今回は、アミノバリューの粉も持参したので、薄まることなく補給できました。結局水の補給は酉谷のみでした。最終的に1L以上残りました。

水松山で、3人組のトレイルランナーに道を譲りました。彼らも相当速い人たちでした。ここから先は試走時に迷ったエリアなので、先行してもらってちょうど良かった感じです。とはいえ、今日は迷いそうなポイントには、看板が出ていたので、全く迷うことはありませんでした。前回迷ったポイントは、2箇所とも右手に巻くべきところを、左に行ってしまっていたことが判明しました。

長沢背稜の後半は、まさに木々の墓場という感じですね。台風で倒れた木々が、無残な様子です。ここを夜通るのは遠慮したいですね。芋ノ木ドッケは、気付かずに通り過ぎてしまいました。

ここから雲取に掛けては、大勢のハイカーをパスします。皆さん、快く道を譲ってくださいました。ありがとうございます。さすがにGWですね。雲取山荘は満員な感じでした。芋ノ木ドッケ(と思われる)あたりから先は、走れます。ハイカーに「走っているんだ。すごいね。」と言われると、意地でも足を止めるわけにはいきませんね。このあたりで、終バスに間に合うことを確信しました。

雲取山頂に向けては、残雪があるものの、解け始めており、注意深く登ればアイゼンの必要はありませんでした。しかし、山頂から山荘に向けて降りてくる場合は、要注意ですね。雲取山頂では、今日初めて写真を撮りました。なんといっても東京都で一番高いところですからね。

このあたりで、12時間切りを意識しました。山頂から先は、ほぼすべて走りました。(さすがに、七ツ石山の登りは走れませんでしたが。)この時間、ちょうど雲取目指して登ってくる人々とたくさんすれ違いました。今日はほぼずっと曇りでしたが、このあたりで、太陽が顔を見せ、実に気持ち良く走ることができました。

七ツ石山への登りは、駄目押しっていう感じですね。最後にぐっと来るキツさでした。しかし、そこからは鴨沢に向けて爆走しました。もしかしたら、夢の12時間切りができるかと思い、とにかく可能な限りスピードを上げて走り下りました。トレイルランニングの醍醐味を味わえる区間ですね。この最後の50分間は、実に良い練習になりました。それにしても、11時間動き続けていたのに、よく走るエネルギーが残っていたものです。膝の痛みもほとんど出ることがなかったのも、今回の良い点でした。

なんとか12時間を下回るタイムで鴨沢着(17時20分くらい)。しかし、土日は17時台は8分の1本のみで、次のバスまでは、1時間以上待たねばなりません。まあいいかと、バス停の水道で顔を洗って、ふとバスの時刻表を見ると、深水橋のバス停まで行けば、17時40分のバスがあると書いてあります。そこで、おまけの1キロランニング。足は多少痛むものの、膝も概ね調子よく走れてしまいます。

深水橋のバス停に着いたら、登山者1名。TTR50の参加者だそうです。中止になったので、とりあえず、雲取山まで登ってきたと言っていました。みんな、考えることは同じですね。バスに乗り奥多摩駅まで行き、JRに乗り換え青梅まで行き、車をピックアップし、帰路につきました。

走りながら、考えていたのは、今夜何を飲もうかと言うこと。鴨沢発の終バスで帰れたら、ちょっといいワインを飲もうかな、終バスを逃したら、ビールで我慢しておこう。万が一12時間を切れたら、シャンパンだ!

というわけで、自分にごほうびシャンパン!

f0015348_1292267.jpg


最後になりましたが、基本的なアドバイスをいただいたかどきちさん、小虫さんに感謝。試走記で情報交換させていただいた、こじろうさん、ショーブンさんにも感謝。応援いただいた、マハロさん、アロハさん、まささん、他の方々にも感謝。ありがとうございました。

<痛くなったところ>
両足の甲 (靴紐を結ぶあたり) 
レオナはベロが薄いと、かどきちさんに教えていただいていたので、早い段階でバンドエイドでガードしました。

左大臀筋 
10時間を過ぎたあたりから痛み出しました。が、我慢できるレベル。それに走る分には痛くありませんでした。

右膝内側の腱
これも終盤痛みましたが、まあそうひどくはないレベル。しかし、十分に治してから次の練習に入るべし。

<気付いた点>
食料・装備品の軽量化
これは、大いに工夫の余地があります。

ソックス
Xソックスは、快適でした。しかし、普段はいているハイソックスよりやや薄いので、くるぶしあたりの保護には、やはりいつもの方がいいかな。しかし、蒸れに対する快適さは秀逸でした。

固形食
「バランスパワー」を1袋食しましたが、乾いている状態では、口の中でもちょもちょしてしまい非常に食べにくかったです。次回からはやめよう。もしくは、非常食かな。

また気付いたことがあったら、追加します。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-29 23:49 | 走る

ヨヨポロ

先日買った、アイロン転写紙がまだたくさん残っているので、今度はポロシャツにヨヨロゴを転写してみました。通称「ヨヨポロ」です。

f0015348_2015796.jpg


白布用の転写紙なので、やはりきれいに仕上がります。お手軽なので、また他のデザインでも遊んでみたいですね。

さて、天気予報により、明日のTTRは中止となりました。しかし、その後予報は徐々に好転しており、ヤフーの奥多摩町の天気予報によると、降水確率は0%になりました。ああ、残念。

悔しいから、明日予定通り走りに行こうかなと。もしかすると同じことを考えている人もいるかもしれません。一応準備はしてあるし、いつでも出かけられるしね。

うん、行こう、行こう、「ひとりTTR」予定より早く実施です。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-28 20:21 | その他

新記録達成!10分切り

どうやら、土日ともに雨の予報で、今年のTTRは中止の可能性がかなり高まってきました。TTRのために、今週は階段鍛錬を控えめにしていたので、中止になりそうならばと、4月度タイムトライアルを実施いたしました。

なんと、自己新記録達成!
そして、目標としていた10分を切ることができました。

記録:9分47秒62

これまでの記録を30秒も縮めることができました。

<区間>          <タイム(s/m)>      <前回タイム>
B4→1F(20m)       46”53 (2.3265s/m) 41”65
1F→10F(42.9m):  1’46”67 (2.486s/m) 1’44”92
10F→20F(41.4m): 1’45”20 (2.541s/m) 1’48”32
20F→30F(41.5m): 1’50”42 (2.661s/m) 1’56”54 
30F→40F(41.4m): 1’50’05 (2.658s/m) 2’03”85 
40F→RF(39.2m):  1’48”75 (2.774s/m) 2’02”09 
合計タイム         9’47”62 (2.595s/m) 10’17”37 

今回は、前半を抑え目にして、後半でなるべくスピードを落とさないように心掛けました。見ていただくとわかるように、10Fまでは、前回の方が速いです。しかし、前回は中盤以降でスピードがガックリ落ちています。今回はなるべく一定のスピードを保つべくがんばりました。正直言って、「一定に保つ」のは難しいのですが、スピードの落ちをなるべく少なくすることはできたようです。タイムトライアルの後、疲労抜きに、更に1本昇っておきました。

さてさて、いいタイムが出てしまったので、次の目標が大変です。とりあえず、9分半としましょう。あと、17秒なら、なんとかなるかもしれません。

【今日の階段】
4本,4464steps,826m

【今月の階段】
61本,65288steps,12078m

明日は、所用で休むので、今日で4月は最後です。
今月は、よくがんばりました。正味15日間で、12000m昇りました。
それにしても、毎日の鍛錬で、確実に昇る力は付いてきている気がします。これは、とてもうれしいことです。

6月の「おんたけスカイレース」目指して、5月は強化月間とする予定です。7月28日の富士登山競走も出たくなってきました。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-27 20:00 | 昇る・登る

エネルギー充填中!

土曜日の東京地方のお天気は、どうやら雨。前日の天気予報で降水確率が30%以上だと、TTRは中止です。どうやら、中止かな。。。いや、わずかな可能性に掛けて、ギリギリまで調整に励むべし。

というわけで、同僚と夜の街へ。全然、調整じゃないですね。いやいや、シッカリ食べて、エネルギーを蓄えるという重大な目的があるのです。向かった先は、ジンギスカンで有名な『金の羊』です。

やや狭い店内に、鍋を囲むように座り、野菜をドサッ!お肉をドンッ!煙モクモク~。
f0015348_910152.jpg


生ビール飲んで、ジンギスカン食べて、お腹一杯です。レース前しかこんなに食べないので、胃もビックリしているかもしれません。羊の肉は、鉄分やビタミンB、不飽和脂肪酸などが豊富ですし、美味しいですね。満足しました。

とはいえ、狭い店内でガツガツと小一時間食べただけなので、もう1軒行こうということになり、小さな屋台風居酒屋へ。名古屋系のお店なのでしょうか?注文したものの中で、ひときわインパクトが強かったのが、このひと品。

f0015348_9151638.jpg


見えますか?これでも、画質調整で少し見やすくしたのです。実物は、もっと濃い色です。そう、八丁味噌煮込みです。左上の方に、ちくわがあるのわかります?玉子やモツなどいくつか盛られているのですが、パッと見何がなんだかわかりません。でも、美味しかったです。

いやいや、エネルギーは十分に蓄えましたね。気力も高まっていますが、問題はやはりお天気ですねぇ。もし、29日が中止になったら、30日かGW中にでも、「ひとりTTR」しようかと思っています。

【今日の階段】
2本,2140steps,396m

【今月の階段】
57本,60824steps,11252m
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-26 23:02 | 食べる

街の中のハワイ(その1)

先日、街を歩いていて、こんな店を見つけました。思わず携帯で写真をパチリ。きっと、ハワイつながりの名前のお店って多いのでしょうね。また、見つけたら載せますってことで、不定期連載予定です。

f0015348_18121398.jpg


【今日の階段】
2本,2140steps,396m

【今月の階段】
55本,58684steps,10857m

今日も軽めに2本。さすがに、物足りなさを感じます。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-25 18:12 | その他

ボディバランス測定会

今日は、昼休みを利用して、シューズマスター野村憲男さんの主催する「ボディバランス測定会」に行ってきました。

まず、ランニングプロジェクトの菅トレーナーによる、ボディバランスの診断です。診断機の上に足を置いて、自然に立ちます。その後、やや開き目に立ち、ゆっくりと膝を曲げ、そして戻します。すると、PC上にはこんな画像が...

f0015348_18223854.jpg

(上の写真は、画面をプリントアウトしたものを、撮影しました。)
診断の結果は、以下の通り。

<良い点>
足の向き、骨格の向きは良い。
向きが良いので、力を使わずに効率よく走ることができる。

<悪い点・気になる点>
左足前外側と右足後ろに重点がある、典型的な「左利き」の人のバランスである。
左右のバランスが悪く、特に左に力が乗っていない。(左:右=47.6:52.4)
右足の親指に、過度に力が掛かっている。
右足外側部に荷重が掛かり過ぎで、少しねじれている。

<つまり...>
つまり、足の向きや骨格はいいのだけど、走り方のバランス(要は道具の使い方)が悪いので、効率が悪い走りになっているし、故障の原因にもなっているということだそうです。



特に、右足親指にこれだけ荷重が掛かっている例は珍しいらしく、「イレギュラーな状態」と言う診断。う~ん、そういわれてもなぁ。もっとも、親指に荷重が掛かるのは悪いことばかりではなく、地面を蹴ることに関してはパワーを発揮するのだけど、その後ブレーキも掛けてしまうということらしいです。例えるなら、スタッドレスのタイヤ?あるいはトラックのタイヤ?地面へのグリップを高めるために、効率を落としているのですよね。雪国仕様?いやトレイル仕様と呼んでください!(←超楽天的)

左右のバランスは、昨秋の左膝の故障も影響していそうです。どうしても左に負荷を掛けないような動きになってしまいます。加えて、通勤時に左肩に鞄を提げていることも、問題ありそう。(これは、最近気にして直しています。)

右外側部のねじれも、左右のバランスの悪さが原因と思われます。右に荷重が掛かりすぎるので、踵→外側部→つま先と力が流れる過程で、ねじれを起こしているようです。ねじった状態からつま先を抜くので、親指に力が掛かるのでしょう。確かに、昨年12月のホノルルマラソンの後、右足親指の爪の下には、大きな内出血ができていました。

いやいや、いろいろなことがわかり、勉強になりました。もっとも、あまり意識しすぎると良くないようなので、日常生活での左右バランスを気をつけるようにしましょう。

さて次に野村さんによる、シューズフィッティングです。今日は、最近ロードで履いている、アシックスのヘリオスランナーを持参しました。この靴は、比較的細身でよいシューズだが、僕のように足がねじれる傾向のある人がトレーニングをするには、もう少しねじれに強い(つまり硬い)シューズを選んだ方が良いだろうとのこと。

野村さんの正しいシューズの履き方については、既に実践済み(のつもり)でしたが、実際ご本人に履かせていただくと、ずいぶんとホールド感が違います。特に右足外側部辺りのフィットのさせ方は、勉強になりました。

と言っても、こういうのは実践しなきゃわかんないですよね。でも、皆さんにも(特に女性の方に)わかるように言葉で表現しますと、ブラジャーの正しい付け方に似ていると思うのです。つまり、コツは「寄せて上げる」ってことではないでしょうか。特に僕の右足の場合、外側に流れているので、これを寄せて上げる様に、シューズをフィットさせると良いようでした。

以上、正味50分くらい。ジックリ診ていただいて、聞きたい事を聞いて、3000円はお値打ちと感じました。もっとも、ボディバランスについては、今後の経過も見たほうが良いので、また数ヵ月後に機会があったら行ってみるつもりです。


【今日の階段】
3本,3036steps,562m

【今月の階段】
53本,56544steps,10461m

病み上がりでもあり、調整モードでもあり、軽めの3本。
まあ、あと2、3本は昇っても良いのだけど、念のため抑えておきました。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-24 18:41 | 走る

『パズル・パレス』 ダン・ブラウン

『パズル・パレス』 上・下
ダン・ブラウン
角川書店
各1890円(税込み)

土日は、用事を済ませた後は、来週のTTRに向けて軽~くプールで調整,,,なんて思っていたら、土曜の朝から、ひどく調子が悪く、それでもやらねばならない用事だけは済ませて、後はひたすら寝ておりました。

土曜の昼食まではなんとか食べることができたものの、その後は、固形物を一切受け付けず、スポーツドリンクとエネルギージェルを1個だけで過ごしていました。熱も上がってきて、38度を越えたあたりで、読書する気力もなく、ぐったり睡眠。

それでも、日曜日にはやらねばならないことがあったので、気合(いや薬)で熱を下げ、なんとか役目を果たし、再び夕方まで寝ていたら、ようやく快復してきました。軽めの夕食を食べた後は、この本を一気に読んでしまいました。

前置きが長くなりました。本書は、『ダ・ヴィンチ・コード』で一気に世界的なベストセラー作家の仲間入りをしたダン・ブラウンの処女作です。アメリカの諜報機関NSAの暗号解読システムを巡る思惑と陰謀がテーマです。

ダン・ブラウンの作品に共通するのは、暗号と陰謀とアクション、爆発、大学教授、専門的な知識を持つ美女と言ったところでしょうか。これだけの要素を詰め込むと、いやおうでもアメリカ的なアクション娯楽大作が出来上がるといったものです。そこを、どの部分のウエイトを高めるかで、作品のイメージは変わってきます。おそらく、処女作ではありきたりのアメリカ娯楽大作に埋もれてしまうと踏んだ作者は、『天使と悪魔』では、科学的な要素に加えて、宗教的な要素を強く打ち出したのではないでしょうか。その戦略は正しく、『ダ・ヴィンチ・コード』では見事に当たりました。

小難しく書いてしまいましたが、こういう作品嫌いではありません。というか、好きです。そもそも、男性は暗号好きですしね。小さい頃、暗号遊びしませんでした?
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-23 23:54 | 読む

お昼はマグロ

引き続き、海鮮です。普段はほとんど社員食堂で食べるものですから、3~400円くらいで済みます。内容はというと、小鉢2つにご飯と味噌汁ですね。こんな感じなのです。

今日は、午前中の会議が長引き、出遅れたこともあり、同じ会議に出ていた人たちと外に食べに行きました。行った先は、居酒屋以上割烹未満という微妙な雰囲気。みんなが頼むのにつられて、中トロ丼をいただきました。

f0015348_17295326.jpg


大きな中トロの切り身が、8切れくらい乗っている豪華版。お値段も2000円とお高い!普段の5倍ですね。味は、もちろん美味しいですよ。5倍美味しいかどうかは、わかりませんけどね。社員食堂と較べてはいけませんね。

マグロには、DHAやEPAも多く含まれているので、たまには食べないとね。もっとも、中トロよりは赤身の方が、たんぱく質始めえ、栄養素が豊富なようですね。

【今日の階段】
7本,8028steps,1485m よくできました!

【今月の階段】
50本,53508steps,9899m

来週は、TTRに向けて調整モードに入りますので、ガシガシ昇るのは今日が最後。なので、がんばって7本。朝の2本と、夜の3本は連続です。さすがに、続けて3本(約650m)昇るとキツイですが、もう少しなら昇れそう。来月は、連続5本に挑戦してみようかな。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-21 17:35 | 食べる

焼ハマ

今夜は、久しぶりに友人と会食。以前から話に聞いていた、焼ハマグリのお店「青山八番」に行きました。

入り口には、こういう看板。

f0015348_7181710.jpg


なんだか、素敵な感じです。
そして、焼ハマグリ。この店は、いわゆる椀子そば形式でして、ストップというまで、1人当たり3個づつの焼ハマグリが、延々と出てきます。

f0015348_720077.jpg


ぺろっと9個いただきました。焼ハマグリをこんなに一度に沢山食べたのは、生まれて初めてかもしれません。しかし、周囲の男性陣は、みな軽く20個近く食べていましたね。たしかに、焼ハマグリだけなら僕も20個食べることができそうですけど、他にも食べたいものがあったのでね。

<食べたもの>

焼ハマグリ 9個
水菜とじゃこのサラダ
しまあじのお刺身
イベリコ豚のハラミの炭火焼
おしんこ

<飲んだもの>
生ビール 2杯
焼酎お湯割り 1杯

いやいや、満腹ですよ。ハマグリはタウリンやビタミンB12、カルシウム、亜鉛を多く含んでいて、特にタウリンは肝機能の改善などに効果があるようです。そして、イベリコ豚も食べて、たんぱく質も十分に取った感じです。

【今日の階段】
4本,4480steps,829m

【今月の階段】
43本,45480steps,8414m

とにかく、足がだるくなっても一定のペースを崩さないようにして昇っています。気温が高くなっているので、1本昇ると、汗だらだらです。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-20 23:16 | 食べる

サラリーマンの王道

今日は、会社でいろいろあり、同僚と毒吐きに飲みに行きました。行き先は、会社近くのアイリッシュパブなのですけど、会社帰りに同僚と毒吐きなんて、サラリーマンの王道とも言うべき行動でしょう!

飲んだものは。。。

ハイネケン 1パイント
カールスバーグ 1瓶
ギネス 1.5パイント

食べたものはこれ!

f0015348_132550.jpg


茄子とベーコンのペンネアラビアータです。

放っておくと、1日の摂取カロリーが1000kcalくらいになってしまうので、時々意識的にガッツリ食べておく必要があります。カーボローディング前とはいえ、たんぱく質は取らないとね。

【今日の階段】
4本,4572steps,846m

【今月の階段】
39本,41000steps,7585m

昨日はさすがに張り切りすぎたか、今朝に疲労が残っていたので、今日は控えめに4本。昨夜自作したヨヨT着て昇りましたよ。しかし、1日6本で疲労が残るってことは、まだまだ鍛錬が足りないようです。おんたけに向けて、じっくり鍛えねば。
[PR]
by makani_tomo | 2006-04-19 23:28 | 食べる



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧