走る!飲む!読む!

カテゴリ:読む( 106 )

『殉教の刻印』渡辺千尋

『殉教(マルチル)の刻印』
渡辺千尋
長崎文献社
1600円+税

本書は、かつて小学館から発行され、2001年の小学館ノンフィクション大賞優秀賞に選ばれた作品の復刻版です。

1597年に長崎県有家(ありえ)で制作された銅版画の謎を解き明かす試みを綴ったノンフィクション作品です。

偶然立ち寄った地元の美術館で開催されていた「渡辺千尋 -復刻の聖母-」展を見て、何となく興味を持って買った本です。
もともと、大学院で「情報メディア論」を教えており、印刷技術には興味があり、また渡辺氏と同じエングレーヴィングという手法を使う版画家の門坂流氏の小さな作品を持っていることから、銅版画には興味があり、そして渡辺氏と門坂氏は2人で展覧会を開催したことがあることを知り、何となく縁を感じたのです。

そして、ふと買ったこの本が、非常に面白かったのです。まだ1月ですが、2014年のベスト10には確実に入るでしょう。

殉教者と同じルートを、当時と同じ29日間かけて歩き通す著者の根性も好きです。
そして、この銅版画の謎を1つ1つ解き明かす緻密さ。これは、緻密な作業が求められるエングレーヴィングという手法にも通じるモノがあります。
そして、銅版画家ならではの視点で謎に迫るあたりは、かなり鳥肌モノです。

アマゾンでは古本しか出てきませんが、長崎文献社のHPからは注文できますので、興味のある方は是非読んでみてください。
[PR]
by makani_tomo | 2014-01-22 20:03 | 読む

『時のみぞ知る』ジェフリー・アーチャー

『時のみぞ知る 上・下 ~クリフトン年代記第1部~』
ジェフリー・アーチャー
戸田裕之 訳
新潮文庫
上巻704円
下巻662円

昔から大好きなジェフリー・アーチャーの作品です。しかも、彼の得意とする大サーガときたら、読まないわけにはいかないでしょう。富士山頂往復マラニックの往路は、在来線利用なので、ひまに違いないと持って行きました。

時代は1920年代のイギリスの港町ブリストル。調べてみると、現在でもかなり大きな都市で、しかも美しい街の様です。

彼の作品には、癖があるけど魅力的な人物が登場します。この作品では、オールド・ジャック・ターがその役回り。物語の鍵にもなる人物です。

既に第一部でも波乱万丈の展開に。この後、どうなるのか楽しみです?そして、舞台はアメリカに移るのか?

第1部とあるように、これから第2部、第3部と続くようです。既にイギリスでは第3部まで刊行されているとのことで、早く読みたいですな。英語ならkindle版もあるようです。過去の例からいって、英語版を読み終わるまでに邦訳版が出てしまうのですよね。もっと、サクサク読めればいいのだけど。悩ましい...しかし楽しみです。
[PR]
by makani_tomo | 2013-08-07 10:57 | 読む

『十字軍物語』1~3 塩野七生

『十字軍物語』1~3
塩野七生
新潮社
2,625円(1,2)
3,570円(3)

同じみ、塩野七生さんによる十字軍の物語です。買ったのはずいぶん前なのですが、ようやく読み始めました。そして、3週間くらいで読み終わりました。塩野節は、ますます軽快です。大部でありながら、ぐいぐいと読み進めることができます。

ローマ人の物語よりもこの十字軍物語では、外交ということを、ものすごく意識して書いている気がします。十字軍というテーマそのものが、キリスト教諸国vsイスラム諸国という構図であったからでもありますが、現代でもなお紛争の火種になっているパレスチナ地域での出来事でもあるからでしょう。単に中世における(歴史上の)出来事としてではなく、現代にもある意味つながる事象として取り上げています。それゆえ、第3次十字軍を率いたリチャードとサラディンの講和について、高く評価しているのでしょう。

もうひとつ、これは塩野さんが歴史家ではなく小説家たる所以ですが、歴史的事実に立脚しながらも、歴史家の記述だけに頼らず、様々な周辺情報を加味して、ちゃんと「想像」しているところでしょうか。ちゃんと、物語になっているのです。

できれば、『絵で見る十字軍物語』を脇に置いて読むと良いかもしれないですね。あと、本書にも適宜地図は挿入されているのですが、歴史地図帳的なものが手元にあると、より良いかもしれないです。
[PR]
by makani_tomo | 2012-03-13 10:47 | 読む

『スティーブ・ジョブズ』 ウォルター・アイザックソン

『スティーブ・ジョブズ』 上・下
ウォルター・アイザックソン
講談社
各1900円+税

ちょっとミーハーかなとは思ったのですが、発売直後に買って読みました。

もともと、伝記は好きなのです。ものにもよりけりですが、表面的にしか見えていない「ある人」の人となりについて、少しは深く知ることができるからです。単純に、小学生のころから、家で偉人伝がたくさんあって、読むのが好きだっただけなのかもしれませんが。

著者のウォルター・アイザックソン氏は、TIME誌の編集長やCNNのCEOを務めた人物。つまり、ジャーナリズム界の大物です。

伝記といえば、ロン・チャーナウの様に、どっしりとした記述の方が好みではありますが、対象がつい先日亡くなったばかりの人でもありますし、結果的にはあまり重くない方が良かったのかもしれません。

個人的にスティーブ・ジョブズにすごく興味があったわけではありません。しかし、初めて自分で買ったパソコンは、Macintosh Plusでした。(そして、今でも家にあります!箱付き、取り説付き。FDドライブも。)その後も、個人的にはMacintoshでしたし、最初に入った会社もMacintoshでした。LANが組みやすいので、自然発生的にMacintoshユーザーが増えました。

その後、97年くらいからかな、出向を機にWindowsに移ってしまい、以来Macintoshには戻っていません。でも、ジョブズがNeXTを作った時には、そのかっこよさに憧れて、NeXTを大量に導入している某外資系金融機関に入社しそうになったほどです。大学院ではSUNのワークステーションでしたから、パソコンよりもハイパワーなマシンにあこがれていたのでしょう。

話がそれてしまいました。この本ですが、お急ぎの人は、下巻だけでも良いかもしれません。上巻は、想像通りというか、あの時期のアメリカ西海岸には、それなりにたくさんいた頭の良い大学生のお話です。僕の興味は、音楽のデータ配信があちこちで行われ始め、混沌としてしまった音楽業界を、Appleが如何にして取りまとめたのかという点でした。ひと言で言うと、ジョブズの交渉能力のたまものだったのでしょうか。MacintoshユーザーがWindowsユーザーに比べて少ない点も、導入としては良かったのですね。その後の展開は、当時の関係者でも想像がつかなかったのかもしれません。ジョブズ以外は。

Appleの戦略は、大学院の講義でもテーマにすることがあります。IBMやMicrosoftなどと比較することで、コンピュータ産業(と、もはや言えないかもしれませんが)の展開がわかりやすく説明できます。

さて、偉大な創始者がいなくなって以降のAppleは、どうなるのでしょうか。しばらくは、ジョブズのアイデアが残っているといううわさもあります。最近では、iPodとiPadしか使っていませんが、Appleは好きな会社です。どうかこれからも、あっと驚くような製品を生み出していって欲しいものです。

ジョブズの様な性格にはなれないし、なりたくはないけど、スタイルへのこだわり、いや純粋すぎるとも言える自分へのこだわりにあこがれがないかといえば、ウソになりますね。僕も人生を折り返していることですし、もう少し、シンプルに生きてみるのもいいかもしれません。
[PR]
by makani_tomo | 2011-11-16 10:50 | 読む

『「富士見」の謎』 田代博

『「富士見」の謎』  一番遠くから富士山が見えるのはどこか?
田代博
祥伝社新書
840円

著者は、日本中の様々なところから富士山を観察していることで有名な高校の先生です。もちろん、教えているのは地理。カシミール誕生以前から、可視マップを作って研究したいたそうです。僕も、山の雑誌で報告レポートを読んだことがありました。

代々木RCでは、以前konaさん主催で富士見坂ツアーをしたこともありました。TJARの最中、塩見岳を越える時もきれいに富士山が見えたことを思い出します。昨年夏に北アに行った時も槍ヶ岳から見えたなぁ。

そうそう、気になる記述が。京都からも理論上富士山が見えるらしいのですが、まだ実際に確認できていない(証拠写真がない)のだそうです。地元に住んでいたら、通ってしまいそうです。

もうひとつ。富士山とは直接関係がないのですが、群馬県の白髪岩には、原三角点が残っているのだとか。三角点マニアではないのですが、なんだかひかれるなぁ。

段々、マニアックな山行に傾いていきそうな予感がします。あ、でもこの夏は、ノーマルに後立山あたりを考えていますけど、その話はまた別の機会に。

しかし、この著者ではないですけど、何かこだわりを持って山に登るというのも面白そうですね。何にこだわるかは、これからゆっくり考えてみます。
[PR]
by makani_tomo | 2011-07-05 00:57 | 読む

『巨人たちの落日』 ケン・フォレット 

『巨人たちの落日』 上・中・下
ケン・フォレット
ソフトバンク文庫

上・中 880円+税
下   860円+税 

『大聖堂』で有名なケン・フォレットの新作です。今回も文庫本3冊で読み応え有ります。

時代は20世紀初頭。舞台はイギリス、ドイツ、ロシア、アメリカなど。そして、貧しい炭鉱夫や家政婦から外交官、軍人、伯爵まで登場し、激動の時代を切り取ります。ロイド・ジョージやチャーチル、レーニン、トロツキーなど実在の人物も登場し、主人公たちと交わります。ケン・フォレットならではの大河ドラマです。

『大聖堂』の時も感じたのですが、時代考証というか、その時代や国や地域の雰囲気、気運、世論といったものを非常に上手く描写します。第一次世界大戦直前のイギリスの状況、女性参政権に対する気運の盛り上がりなど、主人公たちの活躍と上手くからめて描いています。『大聖堂』も先日NHKのBSで放映されていましたが、こちらも映像向きですね。

この作品、著者自身が「The Century Trilogy」と名付けた作品群の第1作だそうです。(原題は「The Century Trilogy #1 Fall of Giants」です。)なんだか、スターウォーズの方になっていますが、楽しみなことには違いありません。

GWに何かしっかりしたものを読みたい方にはお勧めの一冊(三冊?)です。
[PR]
by makani_tomo | 2011-04-22 13:55 | 読む

『百年前の山を旅する』 服部文祥

『百年前の山を旅する』
服部文祥
東京新聞(2010年10月)
1,714円+税

これまでも度々紹介している、服部文祥さんの最新刊です。

今回の本は、著者の得意とするサバイバル登山の経験を活かして、百年前の登山者の山行を追体験した記録です。ちなみに、生活のためや修行のためではなく、純粋に(趣味で)山を登る様になったのは、欧米でも日本でもそう昔の話ではなく、日本の場合でいうと明治時代中期のことです。

本書では、いくつかの山行を紹介しています。中でも面白い2つの山行を紹介します。1つ目は1912年のウェストンによる奥穂高登頂の追体験です。ウェストンは日本アルプスに登り、それを世界に紹介した人物であり、現在の日本登山界の創始者のひとりです。彼は、地元に住む上条嘉門次を案内人にして、上高地を経由して奥穂高岳に向かいます。著者は、当時の上条嘉門次の装備(に近いもの)を持って山に臨みます。当然、ゴアテックスの雨具もなければ、火器もありません。そして、登るルートも当時の足跡をたどっているため、現在の登山とは異なり、藪の中を進むことになります。

もう1つの山行は、「黒部奥山廻り」の足跡をたどるものです。「黒部奥山廻り」とは、江戸時代に当時の加賀藩が、領地確保と資源管理のために、現在の黒部川から後立山連峰へと藩の役人を派遣したものです。その記録は、断片的に残っているものの、詳細なルートは不明です。本当に登ったかも定かではありません。しかし、古来、山に向かう道の多くは沢であり、おそらくは黒部川を遡上したと考えられます。そして彼も、江戸時代にしかない装備で山に向かいます。

これらの山行を通して彼が追及しているのは、当時の登山者の感覚、感情に迫るというものです。そのために彼らと同じ装備で臨み、同じ時間帯に移動し、同じ時間に露営もしています。限りなく、人間が自然に近かった状態ともいえます。その中で、感じたことは、自然に対する怖れであり、憧れであり、陶酔です。さらには、現在の環境に対する反省でもあります。

自分も、サバイバル登山ではないのですが、ある種の縦走経験の中で、山に対する憧れと畏怖を抱いていますし、一方で著者のようなテーマ性のある山行も経験したいと思っています。果たして自分は何を感じるのか?それが楽しみでもあります。皆さんに、同じような山行はお勧めできませんが、例えば学校や職場から歩いて帰ってみる、というような体験はどうでしょうか。電車がない時代に戻って、自分の体だけで移動してみるのは、江戸時代の人々の行動の追体験になりそうです。ついでに、地震などの災害時の避難訓練にもなります。これは、ぜひお勧めします。
[PR]
by makani_tomo | 2011-02-25 09:50 | 読む

『空白の5マイル』 角幡 唯介

『空白の5マイル』
角幡 唯介
集英社
1600円+税

著者の角幡さんは、早稲田の探検部出身です。学生時代、偶然に見つけた本からチベットの謎の河と言われた「ツアンポー峡谷」に魅了されるのです。このツアンポー峡谷は、かつてイギリスを中心とした探検家によって、部分的な解明が行われていたのですが、(現地の人を除いて)まだ誰も足を踏み入れたことがないエリアが残っていたのです。

ランナーがタイムを追い求め、時間走ランナーが距離を追い求めるのと同じで、探検家は未開の地を追うのでしょう。彼は仲間と共に挑戦を始めます。

第1回目の挑戦では1998年に探検部の仲間とツアンポー峡谷に向かっています。そしてさらに2002年12月~2003年1月に掛けて、単独で調査を行っています。 その後、米国の冒険家によって、幻の滝と言われていた滝が発展され、彼の意欲は衰えます。また、大手新聞社に入社したこともあり、ツアンポー峡谷はもはや終わりなのかと思わせます。

しかし、彼は新聞社を辞めて三度現地に向かうのです。しかも、無許可で。(前も基本的には無許可だったようですが。)そして、今回はきっちりツアンポーをトレースするという計画なのです。

彼の行動力こそが、彼を探検家ならしめているのかもしれません。彼が久しぶりに訪れたラサの街は、かなり様変わりしていたようです。そして、警察にみつからない様にして、目的のエリアに侵入します。

そこから先のことは、詳しく書きませんが、とにかく一気に読み進んでしまいます。元新聞記者ということもあり、文章も非常に読みやすいのです。自分向きの探検ではありませんが、憧れるものはあります。お勧めの一冊です。

※間違って冒険部と書いていたのを、探検部に修正しました。
[PR]
by makani_tomo | 2011-02-22 18:42 | 読む

首都圏 トレイルランニングコースガイド

『首都圏 トレイルランニングコースガイド』
企画執筆:大久保朱夏
東京地図出版
1680円

f0015348_950438.jpg


昨日、書店を四軒くらいはしごして、ようやく見つけました。

shukasさん企画執筆の『首都圏 トレイルランニングコースガイド』です。きっとこの週末には、多くの書店の店頭に並んでいることでしょう。

こうして見ると行ったことのないコースがたくさんありますね。基本的には初心者向けのコースだと思うので、このガイドを参考にして自分でアレンジしてみるのも楽しそうです。お風呂情報も助かります。これからの山シーズンに活用できそうです。
[PR]
by makani_tomo | 2010-08-27 09:50 | 読む

『KATANA』服部真澄

『KATANA』
服部真澄
角川書店
1995円

彼女の作品も、全て読んでいます。
面白いとは思うけど...
映像化されることをかなり意識して書いている様な気もします。
いや、自分がそういう感覚で読んでしまっているのでしょうか。
文章で読ませるというよりは、場面場面の展開で引き込んでいく作品の様な気がするのです。
それはそれで、作風だとは思いますが。

でも、自分は文章でうならせてほしいなと思うのでした。
そういった意味で、ちょっと、残念。

ただ、映画化されるなら観に行こうと思います。
[PR]
by makani_tomo | 2010-07-29 16:47 | 読む



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧