走る!飲む!読む!

2010年 09月 18日 ( 1 )

神宮外苑24時間走(反省と展望)

<基本事項>
とにかく、なるべく多くの時間、コースに出ていることが、時間走で距離を伸ばす王道。
そのための、ペース配分であり、計画である。
計画通りに進める、強い意志が大切。
じっくり休んで体制を立て直すか、歩いてでもいいから計画通りに進むかは、意見が分かれるところ。今回は、じっくり休んでしまった。でも、思う様に、立て直すことはできなかった。それが、敗因。早い段階で、歩きを入れてでも、計画を守ったほうが、距離は延びたかもしれない。もっとも、その時は精一杯だったのだけれど。My☆Starの人たちは、早い段階から歩きを入れて、結果的に距離を稼いでいた。時間走を知っているレース展開だった。

<暑さ対策>
確たる対処法はない。
しかし、アイスタオルは有効だったし、スポーツサンダルも効果はあった。
要は、暑い中で長時間動く経験を積むことと、それを通していろいろ工夫することだろう。
他の選手を見ても、奇抜な工夫は特になかった。その中で、サンダルは目立っていたかも。
ハンドラーが、ずっと付いていたら、一時間毎にアイスタオルを交換するなどの工夫は出来たかもしれない。

<食事>
今まで、どんなレースでもジェルが口に入らないことはなかった。だから、食べれない状態への対応は全く出来ていなかった。そんな風にならないことがいいのだが、何か予防はできないものだろうか。
まだ、元気なうちに積極的に食べておく、ということは可能だろう。ただ、この大会のエイド食は正直言って、イマイチ。というか、僕の好みに合わないというだけです。野辺山のエイドでは、イチゴが時々出ます。これは大好き。今回のエイドでも梨はたくさん食べました。
持参したものでは、やはり、ジェルとゼリー。あとは、蕎麦ですね。
食べれない状態になった時の対処方を考えておくことは、今後色々な場面において有効でしょう。

<展望>
さて、来年はしっかり準備をして、この大会に臨みたいと思っています。
目標は、ずばり240km。この距離を踏めないと、日本代表になる資格はないと思っています。
去年227km走れたので、230kmまでは想像がつきます。あと10km、これがとてつもなく大変なのです。なにせ、天候が違うだけで、走行距離が40kmもことなりますから。
しかし、目標は、240kmです。これは、サブスリーを狙うよりも難しいでしょう。来年の目標です。
そのためには、ある程度長い時間走り続け、鍛錬を続ける必要があります。時間走は、精神的な部分がおおきいとは思いますが、実は地足の実力も大きくものをいうのではないかと思っています。つまり、ウルトラをサブ10で走れない人は、24時間走で240kmは走れないと思うのです。ウルトラを8時間くらいで走る実力があってはじめて、24時間走で240kmを狙えるのではないかと。スピード練習がすべてではないですが、ペースに関しては、あまり妥協してはいけないような気がしています。
[PR]
by makani_tomo | 2010-09-18 03:30 | レース(ロード)



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧