走る!飲む!読む!

2007年 02月 05日 ( 1 )

古いロボット

さすがに、ひどい筋肉痛です。初フルの後もこんな状態だったかな。山耐の翌日も。久々のロボット状態です。それも、古いロボット。(いまどきのロボットは、動きもなめらかですからね。)

昨日のチャレンジで、収穫がいくつかありました。

①長く走るための、疲れない走り方が、少しだけわかってきたこと。
まだまだ、会得したというようなレベルではなく、試行錯誤に過ぎないのですが、こういうことは実際に走ってみないとわからないものなのでしょう。そういう意味では、昨年夏の奥武蔵UMに引き続き、いい経験になったと思います。

②距離に対する自信がついたこと。
いままで1日に走った最長距離は、奥武蔵UMの75kmでした。途中休憩を入れているとはいえ、レースや荷物を持つという条件で+15kmできたことは、大きな自信になりました。

③荷物を背負って長時間走るコツが少しわかったこと。
昨日は、往路と復路については、グレゴリーのISOに約5キロの荷物を詰めて、背負って走りました。もっと軽量化することは可能だったのですが、あえてそれはしませんでした。最近、ISOで帰宅ランを度々しているので、だんだん身体にもなじんできた気がします。そして、往路に関しては、重さをあまり感じることなく走ることが出来ました。もっとも、復路では肩に重さを感じました。まだ、工夫の余地はありそうです。でも、慣れるのが一番かもしれません。

④左右のバランスの悪さが確認できたこと。
今回、おもに右足にダメージを受けています。短い距離では顕在化することのない左右のバランスのズレが、長い距離を走ったことで表面化した気がします。完全に左右のバランスを治すことは難しいのかもしれませんが、なるべく直して、片方だけにダメージが出ないようにしたいものです。

⑤最後まで膝に痛みが出なかったこと。
筋肉痛は、ある程度時間がたてば引きますが、膝の痛みはなかなか厄介です。昨年は山耐野後、1ヶ月近く走れませんでしたから。ですから、今回の企画でも膝に痛みが出たら、潔く中止するつもりでした。しかし、最後まで膝に痛みは出ませんでした。翌日になっても大丈夫。これは、大いなる自信になりました。やはり、サプリメントの効果があるのかなぁ。
ちなみに、日頃飲んでいるサプリメントは、グルコサミン、コンドロイチン、MSM(メチル・スルフォニル・メタン)の3種類です。いずれもDHCの商品です。全部合わせて1日132円ほど。グルコサミンなどは、薬局でもいろいろな製品があって、値段もピンキリ。悩んだ結果、お手軽なところで手を打ちました。本当はMUSASHIが気になっているのですけどね。なにぶん、お高い。サプリメントは、基本的には補助的なものだと思っていますし、どちらかと言うと「飲んでいる」という精神的なメリットに期待するところが大なので、ほどほどお安くて、過大に期待しない方がいいのかなと思っています。

この後、2月3月はエントリーしているレースはありません。筋肉痛が癒えたら、また走り込み再開です。
[PR]
by makani_tomo | 2007-02-05 20:10 | その他



走って、飲んで、そして読んでおります。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧