走る!飲む!読む!

反省会兼作戦会議

昨夜は、かどきちさんと反省会を兼ねた作戦会議。実はご近所さんなので、地元のお店でのんびり飲みながらの会合でした。

<ザック>
僕は今回少しでも軽くするために、余分な紐などを切ったのですが、切りすぎて途中でストラップが外れる失敗も。
本当は、ISOくらいに抑えたいところですが、パッキングでストレスを感じるよりは、軽ければ多少大き目でもいいかなと。
しかし、僕のカリマーのザックはショルダーストラップが薄いので、食器洗いのスポンジで補強したのですが、これは正解でした。ただ、もう一歩工夫の余地はあります。

<食料>
定期的に小屋食で暖かい食べ物を取りたいところなのですが、行動していると必ずしも、適当な時間に小屋を通過できるとは限りません。早すぎてもダメ、遅すぎてもダメなんですね。だから、自分でもガスやメタを持参して、暖かい食事を作れるようにしたいところなのですが、その分装備は重くなります。悩ましいところです。

僕は、今のところ食料はアルファ米+行動食という組み合わせで行こうかと考えています。なるべく軽くしたいので、暖かい食事はタイミングよく小屋を通過できた時のご褒美にしようかな。

<飲料>
実は、持ち物の中で一番重いのは水です。しかし、最も重要なものでもあります。先日の選考会Bではスタート時点でハイドレーションの水を1Lに減らしました。スゴ乗越小屋まで、ちょうど良い量でした。北アルプスは比較的水場が豊富なので、上手く給水ポイントを抑えておくことが重要でしょう。なかなか難しいのが南アルプスかもしれません。仙塩尾根など、ある程度多めに水を持っておく必要がありそうです。

しかし、いざというときのために500ml程度の予備水は持つつもりです。全ては自己責任のもとで行われるレースですから、いざというときの備えは必要です。

<寝具回り>
シュラフを持つか、シュラフカバーで乗り切るか。このあたりも判断のしどころです。僕は、シュラフカバー+エマージェンシーシートで乗り切る予定ですが、モンベルの一番軽いシュラフも持っているので、最後まで悩むかもしれません。やはりダウンは暖かいですから。でも、濡れることを考えると、躊躇せざるを得ません。

マットは、前にも書きましたが、100円ショップの2mmのキャンプマットでOKです。2つ折にして4mmにすれば、そこそこ地面の冷たさから身体を守ってくれます。

<ハウジング>
ツェルトかシェルターか?僕はシェルターです。理由は、設置しやすく、雨の時でも空間を確保し易いからです。その分重くなります。大きくなります。しかし、夜身体を休めるために、この部分は譲りたくないところです。

<ライト>
本来はヘッドライトだけで十分だと思うのですが、夜間行動時に○印を探す時などは、ハンドライトがあると便利です。それに、ガレた岩場の通過にもあると安心。そして何より、故障した時のことを考えるとヘッドライト+ハンドライトで行きたいところ。その分重くはなりますが。しかし、軽量化できる部分でもあるのです。ちょっと考えどころ。

<ウェア>
半そでシャツを基本として、気温に併せて長袖シャツを重ね着し、雨が降ったり更に寒ければ雨具を着るという方式です。これに、夜寝る時用の長袖シャツを1枚持ちます。

下半身は、下着にロングタイツ+短パンといういつものスタイルでしょうか。本当は、セミロングが好きなのですが、足全体が保護されているとやはり安心です。ハイマツ帯を通過することも多いですし、それでなくても足に生傷が耐えないもので。

雨具のパンツは、できれば省略したいのですが、大雨になった場合はやはり欲しいところです。

ソックスは、ミズノのアーチハンモック(ハイソックスタイプ)を中心に、同じものの替えを1足+ロード用のショートソックスを1足。足回りは重要です。なるべくマメなど作らないようにしたいものです。
[PR]
by makani_tomo | 2008-07-24 10:18 | TJAR
<< 稀少部位 選考会B(装備) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧