走る!飲む!読む!

『プリズン・ストーリーズ』 ジェフリー・アーチャー

『プリズン・ストーリーズ』 
ジェフリー・アーチャー
永井淳訳
新潮文庫
667円+税

新作が出ると必ず読んでいる作家のひとりが、ジェフリー・アーチャーです。『百万ドルをとり返せ!』から、邦訳されたものは全て読んでいますので、もう30年以上にわたり愛読していることになります。(『百万ドル・・・』の邦訳出版は1977年)

本書は、彼が刑務所に収監されている間に、囚人仲間から聞いた話をアレンジした作品を中心とした短編集です。原題の『Cat O'Nine Tails』(九尾の猫)は、かつて囚人を打つのに使われた九本縄の鞭を意味している様で、更にTailsとtalesを掛けているとか。そういえば、本書には12の短編が収められているのですが、そのうち囚人から聞いた話は9つなのでした。

聞いた話がベースになっているからでしょうか、彼一流の切れ味にはやや欠ける気はします。あと、何度読んでも少し理解できないところも。これは、僕の理解力の問題かもしれません。

と、やや辛口に書いてみたものの、やはり軽妙な語り口は秀逸です。もちろん、長年訳を担当している永井淳さんの能力に負うところも多いような気がします。

話は変わりますが、最近フレデリック・フォーサイスも新作が出ています。まだ、読んでいないのですが、作風こそ異なるものも、往年のベストセラー作家が健在なようで嬉しいですね。
[PR]
by makani_tomo | 2008-06-05 09:49 | 読む
<< 梅雨の晴れ間に 初心に帰る >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧