走る!飲む!読む!

行者にんにく

山に生える山菜の中でも、幻の山菜と呼ばれるのが、行者にんにくです。今日買い物に行ったら、北海道産の行者にんにくがあったので、思わず買い求めました。

f0015348_013435.jpg


これで、398円だから安くはないです。でも、普段買えないものなので、つい財布の紐が緩んでしまいました。この貴重な山菜を使って今夜作ったのは、餡餅(シャンピン)です。餡餅は、中国の素朴な餃子といったもの。餡も、豚肉と行者にんにくのみです。

ちょうどよいことに、平田牧場の豚バラ肉のブロックが届いていたので、200g程度を切り、更に細かく切り、最後に叩いて粗いミンチ上にします。塩胡椒で味を調えた後、みじん切りにした行者にんにくを加えて、更にもみます。最後に醤油と牡蠣油を加えて、餡の完成です。

皮は薄力粉200gにぬるま湯130gを加えて、軽くこねただけのシンプルなもの。薄く延ばして、餡を包んでいくのですが、手にごま油を付けておくと、手に皮が付かなくて形成しやすいです。

皮で包んだらフライパンで焼きます。皮にゴマ油が付いているので、改めてフライパンに油を引く必要はないと思います。マメに裏返して、焦げ付かないように気をつければOKでしょう。そして、完成です!

f0015348_0144671.jpg


醤油とゴマラー油をつけて食べると、最高です。ビールも進みます。

もうひと品、こちらは空芯菜と豆苗の炒め物です。
f0015348_0164422.jpg


説明するまでもありませんね。ザクッと切って、ごま油を使って、強火で炒めるのみ。塩胡椒で、さっぱり目に仕上げるのも美味しいのですが、僕は最後に焦がし醤油を加え、少し味に深みを出します。

そういえば、お昼はカレーパンでした。といっても、昨夜の夕食の大豆カレーの残りを使いたかっただけのことです。でも、美味しいのですよ。
f0015348_0213186.jpg


休足の一日でした。
[PR]
by makani_tomo | 2008-04-20 00:22 | 食べる
<< 奥武蔵定例 認定証 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧