走る!飲む!読む!

『春、バーニーズで』 吉田修一

『春、バーニーズで』 
吉田修一
文春文庫
520円(税込み)

数年前に芥川賞を受賞した『パーク・ライフ』を読んで以来、時々読む作家です。文体というか、ほどほど軽い雰囲気が比較的好きなのです。

この作品は、家族でバーニーズに行ったら、昔の恋人を見かけて...という、ありがちな設定。そこから、短編が続きます。

話は変わりますが、昔から片岡義男さんの作品が好きでした。主に角川文庫で出ていた、背表紙が赤い本です。当時、高校生くらいでしたが、想像も付かないくらいクールで都会的な世界にあこがれたものです。

本書の雰囲気は、ほどほどクールで、ほどほど都会的。きっと、片岡義男の世界よりは、こちらの方が現実なんだろうなって思います。片岡作品との共通点は、写真の使い方でしょうか。著者の手による写真ではありませんが、いい雰囲気を醸し出しています。

やはり、今週末は、カメラ片手に走ってみようかな。
[PR]
by makani_tomo | 2008-02-22 09:51 | 読む
<< 野辺山どうでしょう? 『アニー・リーボヴィッツ レン... >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧