走る!飲む!読む!

厄払いラン

前厄の昨年は、故障などありましたが、無事に過ごすことができました。しかし、間近なところで同い年の方々の事故があり、自らの健康や安全に注意することも、多い年でした。ですから、本厄の今年は、厄払いのために新年に大山詣をしてみようと思っていました。といいますのも、『ホントに歩く 大山街道』という本に触発されて、代々木RCの有志が、昨年から「大山街道ラン」という企画を実施していまして、いよいよ1月6日に大山山頂を目指すのです。昨年の企画に参加できていなかった僕は、厄払いのために東京から大山山頂目指して出発することにしました。

終電で永田町に向かい、12時半頃人気も少ない赤坂見附の交差点をスタートしました。ウェアは、TNFの長袖アンダーシャツにユニクロのフリース。CW-Xの上にシャカシャカパンツ。足元はX-SOCKSにGT-2100NY。背中には、着替えと少し食料を背負っています。

愛甲石田駅の集合が9時。赤坂見附から約55kmなので、時間的には余裕があります。あまり早く着き過ぎても困るので、キロ7分位のゆっくりペースで走ります。途中、246に出たり入ったりなので、地図を片手に道を確認しながら進みます。途中で古い道標など見つけて、モブログしながらですから、実際にはキロ8~9分位のペースでしょうか。

それにしても、こうして見てみると、道標や道祖神、庚申塚がずいぶん多くあるものです。日中だともっと楽しかっただろうなぁ。

途中、住宅街の中では、道がわからなくなりウロウロ。こういう時のために、コンパスを持ってきて正解でした。なるべく忠実に本のルートをたどりながら、ゆっくりゆっくり走りました。

海老名のデニーズで朝食を食べながら、時間調整。9時少し前に集合場所に到着。全員の集合を待って、9時半過ぎにスタート。みんなで、道祖神などを確認しながら、ゆっくりと大山に向かって走ります。次第に傾斜がきつくなりますが、ケーブルカーの駅辺りまでは、頑張って走ります。その後は、参道をゆっくり登り下社でおまいり。最後に70分ほどかけて、ゆっくりと山頂まで登りました。

半袖でも良いくらいの陽気で、景色も最高。山頂でのビールは、本当に美味しかったですね。下山後は本厚木の銭湯で汗を流し、みんなで宴会。楽しいひと時を過ごすことができました。

自ら走ることで、厄払いをしようという今回の試み。最後に仲間と山頂を踏めて、本当に良かった。きっと今年は、いい年になるはずです。

<追記>
今回はゆっくりだったからか、マメにアミノバイタルを飲んでいたからか、神社でしっかりお参りしたせいか、入浴後にSKINSを着用していたからか、翌朝のダメージが極めて少ないです。大腿に多少の疲労感が残っているのみ。なかなか、幸先の良い厄払いランとなりました。
[PR]
by makani_tomo | 2008-01-07 10:21 | 走る
<< 新橋「いし井」 乾杯! >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧