走る!飲む!読む!

鍼灸初体験

関根スポーツマッサージに行ってきました。

忘れないうちにメモしときましょう。

まず、筋肉全体を見てもらいました。前回よりは、良いと。意識して、肩をぐりぐり回したり、しているからでしょうかね。

今日は、揉み解しのほかに、背中の鍼とお灸。
どちらも、初体験です。術後、身体は軽くなった感じがします。

膝自体の状態は、問題なし。しかし、まだ左の太もも付け根をゴリゴリやられると、涙が出そうになるくらい痛いです。これは、本当に痛い。これが取れないうちは、上体の動きがうまく乗ってこないので、膝を痛めてしまうようです。

実は前から気になっていたことがあって、今日関根先生に聞いてみました。それは、大腿四頭筋のうち、膝上の内側の筋肉(内側広筋)の左右差が、ずいぶんとあること。これだけ左右差があると、筋肉が付いていない左側に負担が掛かっているのではないか、左膝の故障の原因はそこにもあるのでは?と思っていたわけです。

(そもそも、左右差ができてしまった原因は、小中学校とサッカーをしていて、右でばかりボールを蹴っていたからではないかと推測しています。)

関根先生の見解は、左右の足の筋肉量が違うからといって、片足のみマシンで筋肉を付けようなどとしないこと。サッカーが原因かどうかはわからないが、何らかの原因があって、筋肉の左右差という結果がある。原因を知らずに、結果だけをみて、無理やり揃えるのは、良くない。あくまでも、自然に整えること。

あと、体幹や腰の位置を意識しながら走るのはいいが、少しにしておくこと。
意識するだけで、力んでしまう。それよりも、走る前に、腹筋や背筋などで筋肉に刺激を与えると良い。そうすると、筋肉が勝手に意識してくれる。縄跳びも良いらしい。

家で、棒を肩にかついで、上体を前に倒して、背骨を軸に上体をねじる運動をしよう。

今の状態では、青梅マラソンはやめておいた方がいいとのこと。
走り出すと30キロ走れるし、そこそこがんばってしまうようなので、これ以上こじらせないためにも、やめておいた方が良いというご意見でした。

自分でも、そうだろうなと思います。頭の中では、目標2時間半なんて思っていますから。ついついペースを上げてしまい、また膝を痛めるのですよね。やはり、ここは我慢でしょうか。

【昨日の階段】
3本,2474steps,467m 目標未達成

【今月の階段】(2月9日時点)
23本,20640steps,3818m 富士山(日本最高峰)クリア!

【今日の階段】
3本,2774steps,513m 目標クリア!

【今月の階段】
26本,23414steps,4332m キナバル山(東南アジア最高峰)クリア!
[PR]
by makani_tomo | 2006-02-10 14:04 | 走る
<< 『本所深川ふしぎ草紙』 宮部みゆき 山なの?海なの? >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧