走る!飲む!読む!

『食品の裏側』 安倍 司

『食品の裏側』 
安倍 司
東洋経済新報社
1470円(税込み)

著者は、長年食品添加物の専門商社に勤務し、第一線の営業マンとして、まさに「食品の裏側」を見てきた人です。自分の娘の好物が、自ら開発に係わり、そして自分や自分の家族には決して食べさせたくはないと思っていたミートボールだということを知ったことを機会に、会社をやめ、「食品の裏側」に関して、講演活動などを行うようになったそうです。

食品添加物が、なんとなく身体に良いものではないことは、多くの人は漠然と認識していても、それをどの程度積極的に避ける行動を取っているか、と考えると、少なくとも自分はあまり意識が高いほうではなかったと思います。もっとも、自分で料理を作るのが好きですから、その分外食をしたり、お惣菜を買ってきたりということが少ないので、結果的に避けていたかもしれません。しかし、自分で料理をする時に、トマトを買って来て使わず、缶詰のホールトマトを使うこともあります。サラダに市販のドレッシングを使うこともあります。塩や醤油、味噌などは生協だったり、こだわって金沢から取り寄せたりしているので、少しはマシかも知れません。

考え出すと、食品添加物を完全に避けることが如何に難しいことかが、わかってきます。それに、著者も明確に書いているように、「我々は、食品添加物によって、ある種の便益を享受している」のです。それに、目をつぶって、添加物だけを悪者にはできません。

如何に上手く、添加物と付き合っていくかが、著者の最も伝えたいことだと思います。自分の生活に合わせて、ちょっと気をつける。ひと手間惜しまない。そういうことの積み重ねなのだと思います。

帯には「知れば、怖くて食べられない」とありますが、気をつけようとはするものの、僕は食品添加物の入った食品を、食べ続けると思います。食べないで生活していくことは、現実的には懇談だからです。でも、今までよりは、気にすると思います。その意識ができれば薄れない程度に、気にし続けていければいいと思っています。

それにしても、本書の記述はわかりやすいです。書店でも良く見かけるので、一度手にとって見てはいかがでしょうか。できれば、夕食の買い物前に。
[PR]
by makani_tomo | 2007-11-13 19:15 | 読む
<< nouveau! 『テオ もうひとりのゴッホ』 ... >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧