走る!飲む!読む!

秋晴れの休日(その2)

昨日は順調に用事が済み、おかげで今日は山に行けることになりました。そこで、始発電車に乗り武蔵五日市駅にGO! 今年は、夏にアルプスに5回出かけたこともあり、山耐コースには1回しか行けないと思っていました。

駅に着いてバス停に並んでいると、おやおやchinさんではないですか。バスの中でもお話しながら、仲の平まで向かいました。同じく仲の平からのスタートはshi-bashiさんにムギブーさんです。

8時10分にバス停をスタートし、西原峠・槙寄山に向かいます。なんとなく先頭を行っていたのですが、スタート後5分で、コースミス。数馬のおばちゃんに、間違いを指摘されました。いやぁ、ありがとうございました。西原峠まで43分。その後頑張って走り、大沢山への登りも、じっくり粘り、三頭山到着は9時50分。3週間ぶりの山にしては、まあまあいいタイムです。しかし、山耐コースは整備が行き届いていて、本当に走りやすいですね。これも、都岳連関連のスタッフのおかげですね。しかし、こんなに走りやすいコースは、高尾-陣馬や奥武蔵の武甲山や伊豆ヶ岳などのメジャーなコースならではでしょう。ごくごく普通のトレイルは、もう少し荒れています。というか、それが普通なんですよね。

10時に三頭山をスタートし、月夜見第2駐車場に10時57分着。少し休んで、御前山を目指します。秋晴れの休日なので、ハイキングの人も多いです。12時4分頃御前山到着。三頭山からほぼ2時間と、予定通り。

御前山で少し腹ごしらえをして、先に進みたいところなのですが、今日は夕方に戻っていなくてはならないので、下山ルートを検討します。奥多摩駅方面に降りるか、武蔵五日市方面に降りるか。結局、湯久保尾根を小沢に向けて降りることにしました。

湯久保尾根は、杉の落枝が散乱しているのですが、走り難いという程ではなく、むしろ、普通のトレイルはこんなものです。13時半には下山して、バスに乗り瀬音の湯へ。

荷田子から瀬音の湯に向けて歩きます。どうやら、今日はずいぶん混んでいるようです。駐車場に入る車の列がかなり長くなっていました。温泉に入るにも少し待ちました。白濁ヌルヌル系のお湯は、とても気持ちがいいですね。露天風呂では、山を眺めながらのんびりできました。

15時15分のバスに乗り、武蔵五日市駅に戻り、電車に乗って帰路につきました。計5時間半ほどの短い時間でしたが、三頭山と御前山の2つの登りを含む、なかなか充実の山練でした。2週間後が楽しみになってきました。しかし、夜中の走行に向けて、寒さ対策は必須ですね。
[PR]
by makani_tomo | 2007-10-07 23:10 | 昇る・登る
<< モルトウイスキー 秋晴れの休日(その1) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧