走る!飲む!読む!

南アルプス縦走(帰京編)

一日一本のバスを乗り逃したにしては、晴れ晴れとした気分でした。まぁ、ここまで来れば何とかなるさという気持ち、ロッヂでタクシーを呼んでもらうのもよし、ロッヂに泊まるもよし、いざとなれば背中にはシェルターを背負っているし、身ひとつで100km縦走してきた後のちょっとした自信といったところでしょうか。井川駅くらいまでこのまま歩いてもいいなとも、思っていました。

とはいえ、20時静岡発のバスを予約していることですし、とりあえず普通に帰ることを考えました。駐車場にはたくさん車が停まっていましたから、ヒッチハイクでもしようかと、とりあえず戻ることにしました。すると、駐車場入口にタクシーが一台。どうやら、予約車のようです。運転手さんに、無線でもう一台呼べますか?と聞いてみると、残念ながらこのエリアは、タクシー無線も通じないとのこと。しからば、予約している人にお願いして、便乗させてもらおうかと、都合の良いことを考えました。

しかし、そう都合よく行くかどうかはわからないので、とりあえず着替えをしました。ヒッチハイクになるにしても、タクシーに乗るにしても、汗でどろどろの服よりは、もう少しマシな服を着ていたいものです。と、上を着替え、靴下を換えようかと思っていたところにタクシーを予約をしていた男性2人が下山して来ました。丁重に、便乗をお願いしたところ、あっさりとOK。いやぁ、うれしかったです。本当にありがとうございました。

15:15 畑薙発
畑薙を後にし、静岡駅に向かいます。川沿いの道を進みます。どこまで行っても似たような風景です。時々川を渡りますが、それにしても単調な道を進みます。時々集落があります。自動販売機がポツポツと。TJARでは、疲労困憊した身体で、この道を進むのです。自動販売機を見つけるごとに、コーラを買ってしまいそうです。

タクシーで、途中休憩1回、ほとんど信号待ち無しという条件で、静岡駅まで2時間半くらい掛かりました。これを自分の足で行くのか!最後に何気に打ちのめされた気分です。やはり、TJARは身体能力に加えて、並外れた精神力が必要なようです。前進するという強い気持ち、そしてその気持ちを切らさないこと、それが重要なのですね。最後にそのことを思い知らされました。やはり、がんばって予定した行程を歩き通してよかったです。

17:40 静岡駅着
静岡駅に到着です。タクシーは定額19000円だったので、僕は7000円払おうとしたのですが、6000円しか受け取ってもらえず、重ね重ね恐縮です。本当にありがとうございました。

その後駅のバス窓口でチケットを買い、交番でもっとも近い銭湯を尋ねます。徒歩15分くらいのところに銭湯があるようです。おまわりさんにお礼を言い、銭湯目指して再び歩き始めました。駒形通3丁目にある桜湯です。

18:40 桜湯
本当に昔ながらの銭湯でした。ご近所のご老人が、世間話しながら湯船に浸かっています。背中一面に刺青のおじさんも仲良く入浴です。番台にはおばあさん。テレビでは、サザエさん。

3日間の汗と汚れを流し、湯船に浸かったその瞬間の気持ちよさは、格別です。そういえば、市野瀬のデポ場所である入野谷という村営宿泊施設には温泉があり、みんな途中でそこに入るのだとか。確かに気持ちいいだろうなぁ。でも、先に進みたくなくなりそうでもあり、難しいところです。

サッパリした後は、バスの出発時間まで軽く夕食です。帰りのタクシーの運転手さんに聞いたら、やはり魚介ものかおでんではないかとのこと。あてもなく駅に向かって歩いていると、桜海老丼という文字が眼に入りました。すぐにお店に入り、オーダーです。もちろん、生ビールも忘れません。

お風呂も気持ちいけど、その後の生ビールの美味しさも、筆舌に尽くしがたいです。

f0015348_9533614.jpg


桜海老丼は、上品な中にも野趣味が少し残るなかなかの一品。お味噌汁とおしんこが付いて1050円です。この日朝2時から口にしたものと言えば、カーボショッツ2個、板チョコ1枚、魚肉ソーセージ2本のみです。12時間動くにしては少なすぎますね。エネルギーを補うかのように、桜海老丼完食です。

20:00 静岡駅発
JR高速バスで東京に向かいます。缶ビールの500ml缶を飲み終わった瞬間、寝ていました。気付いたら江田のあたり、途中かなりの渋滞に巻き込まれたようです。どうやら、最寄り駅までの終電には間に合わなさそうです。

00:20 東京駅着
JRで自宅に比較的近い駅まで行くことに。東京は何だか涼しかったですね。秋は確実に近付いているようです。寝過ごさないように気を付けて、最後は再びタクシーで自宅に。疲れたけど、充実の山行となりました。

今回の山行も含め、この夏の5回のアルプスは、非常によい経験になりました。いろいろありすぎて、その咀嚼には少し時間が掛かりそうです。少し落ち着いたら、反省含めまとめてみようと思います。
[PR]
by makani_tomo | 2007-09-21 02:30 | TJAR
<< 南アルプス縦走(分析編) 南アルプス縦走(3日目) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧