走る!飲む!読む!

コンタクトレンズ

目が悪いので、普段は眼鏡を使っています。しかし、走る時(特にレースの時など)には、コンタクトレンズを使っています。

実は、眼鏡は小学校4~5年生から掛けています。目が悪くなった直接の原因は江戸川乱歩です。学校の図書館で少年探偵団シリーズを借りて読み漁り、夜部屋の電気を消された後も、暗い部屋で読み続けたためです。

コンタクトレンズを使い始めたのは、19歳の頃です。1年間の浪人生活を経て、大学に入学した時から使い始めました。いちばんシンプルなハードレンズでした。乱視だったので、ソフトは矯正し難いといわれ、かつ当時のソフトは手入れも面倒だったからです。

その時使ったコンタクトレンズは、約7~8年くらい使い続けました。その間、失くすこともなく毎日使い続けました。その後、新しいレンズを新調しました。そのレンズは今でも使っているコンタクトです。前よりは少し良い、酸素透過性の高いレンズです。(つまり、20年以上もの間で2枚しか買っていないことになります!)

しかし、ここ5年くらいは、仕事中にコンタクトレンズを使うのが辛くなりました。仕事ではPCを使うことが多いのですが、目がショボショボしてしまい、画面を見続けることが辛くなるのです。ですから、最近日常的には眼鏡なのです。

トレイルランニング、あるいは山岳マラソンで山に入る時は、コンタクトレンズを使います。特に下りでは、眼鏡よりコンタクトの方が、揺れの影響が少なくて具合がいいのです。でも、必ず眼鏡は持っていくようにしています。山の中で、何らかの原因でコンタクトを失ったら、かなり危機的な状況に陥ることになりますから。僕にとっては、水食料に次いで重要なのが、眼鏡なのです。

コンタクトはいいのですが、やはり長時間の使用は、目が疲れます。先月の北アルプス縦走では、雨の中のスタートでしたのでコンタクトを使いましたが、さすがに3日間も使い続けると、目が辛いです。そこで、今考えているのがOne Dayのコンタクトレンズです。そもそも、日常的には使っていないわけですし、これなら1週間の縦走にでも予備を含めて8~9セット持って行けばいいわけです。最近は、乱視対応の製品もあるようですし。

などと思っていた矢先、土曜日に近所の屋外プールに行ってプールサイドの水道でコンタクトレンズを付けようとしたら、見事にポロリと落としてしまいました。これまで何度も落としてきましたが、運の良いことにその都度見つかってきたのです。しかし、屋外のプールサイドというのは、かなり難易度が高い宝探しです。頭の中では、明日One Dayのコンタクトレンズを買いに行くかなぁ...なんて考え始めていました。ところが、なんと悪運の強いことか、またしても発見!無事に拾い上げ、再度きれいに洗って目に装着できました。

またまた、新しいコンタクトに替えるチャンスを逸してしまいましたが、来年の春くらいには、One Dayのコンタクトレンズにしてみようかと思っています。
[PR]
by makani_tomo | 2007-09-09 23:29 | 使う
<< 『半島を出よ』 村上龍 山で何食べます? >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧