走る!飲む!読む!

おまけ

上高地に到着して、やはり槍の穂先に登りたかったなぁと思ったのです。ただ登るなら、今来た道を戻り、登れば良いわけです。5~6時間くらいでしょうか。

しかし、精神的にハイになっていたのかもしれません。普通に登るのはつまらないなぁ....などと、考えてしまい、そうそうあそこを登ってみようと...

幸い、会社には火曜日までお休みを申請していました。まだ24時間以上時間が残されています。せっかく来ているのですから、この時間を有効に使わない手はありません。幸い、お天気も良さそうです。

ここから先は、あまり褒められたことではないので、詳しく書きません。(いや、書けません。)

結論から言うと、地図にも無く、普通の人が登らないルートで、槍の穂先まで登ろうとしました。でも、この本には載っているルートです。とはいえ、登る人は少ないと書いてあります。

実際にやってみると、想像以上に大変でした。でも、確かに昔は使っていたんだということも分かり、ちょっと感激しました。とはいえ、思った以上に時間がかかり、そして体力も消耗し、槍の肩に着いた時には、穂先に登る気力が残っていませんでした。

とりあえず、遅れたことを連絡し、あとはただただ、再び上高地に向かうのみ。足の裏は、かなり痛く、普通に歩くのも辛い状態です。そして、右足の捻挫。コースタイムと変わらないくらいの時間を要して、上高地に戻ってきたのです。

そして15分で風呂に入り、バスに乗り、電車に乗り、戻ってきたのです。

今にして思えば、ゆっくり上高地を散策でもしていればよかったのかもしれません。でも、あんな馬鹿なことでもやれば出来るんだという、妙な自信が芽生えたのも事実です。もっとも、もういい年ですから、そうそうバカなことばかりしておられません。妙な自信は、レースで走る時のために取っておきましょう。

しかし、60時間ほど活動し続けていました。そのうち、寝たのは2時間ほどです。もちろん、休憩もし、それなりにちゃんと食べてもいました。ただ、家に帰ったら、約60kg約10%だった体重・体脂肪率が、58kg5.4%にまで落ちていました。やはり、普段しっかり食べておくことは重要ですね。

普通に戻っていれば、いつもの僕ならブログを更新している時間に、更新が行われていないので心配してくれた方が、何人もいました。本当に、ごめんなさい。ご心配をお掛けしました。電波さえ入れば、モブログすればよかったですね。でも、そこは当然圏外で、途中遅れそうなので焦って電波を拾おうと思って電源を入れていたのですが、電池が古いので、あえなくバッテリーアウトになってしまったのです。なので、松本のコンビニで予備の電源を購入するまで、電話は使えずじまいでした。

わけわかんないことで、申し訳ありません。まかり間違って、まねをする人が人がいても困るので、あえて分からないように書いています。また長くなりました。おしまいにします。
[PR]
by makani_tomo | 2007-08-10 18:18 | TJAR
<< 『聖灰の暗号』 帚木蓬生  ひとり選考会B(その3)反省など >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧