走る!飲む!読む!

ひとり選考会B(その3)立山から太郎平小屋

5日0:00 雄山神社鳥居下をスタート。
夜間でかつ、雨と風とガスという、決して好条件ではありませんが、これも経験のうちと割り切り、スタートしました。幸い、半袖Tシャツ1枚に、長袖Tシャツ2枚、バーサライトジャケットを着ていると、行動している限り寒くはありませんでした。ただ、ゴム軍をしていても、指先は冷たくなります。

2週間前の選考会Aでは、序盤のルートロストで焦り、大きく時間と体力と集中力をロスしたので、今回はとにかく「焦らないこと」「粘り強く進むこと」を心掛けました。しょっぱなで道を見失うとやはり精神的なダメージも大きいですから、ここは慎重に下り、約40分掛けて一ノ越山荘に戻ってきました。時間掛かりすぎですが、やむなしです。

山荘の脇を五色ヶ原目指して進みます。龍王岳山頂付近で、少し迷いましたが、程なく正しいルートを見つけて先を進みます。といっても、視界は極めて限られており、自分がいまどんな風景の中に入るのか、ほとんどわからない状態です。

鬼岳の雪渓の出ます。例年よりは少し雪が多いらしいですが、難なく通過。しかしその後の雪渓では、なぜかトラバース跡の下に出てきてしまい、一瞬悩みましたが、2メートルほど残雪を登り、トラバース成功。
ザラ峠に向かってひたすら下りますが、いった今自分がどのあたりにいるのか、皆目見当がつきません。時々コンパスで方位を確認し、道標を見つけては安心して進む、ということを続けます。

04:05 五色ヶ原山荘
ようやく五色ヶ原山荘に到着です。外のテーブルでひとやすみしようと思ったら、「あんたどこから来たん?」といきなり声を掛けられてビックリ。山荘のご主人が準備に出てきたところに、ちょうど出くわしたようです。「立山からです。」というと、「そういえば、泊まってたお客さんが、そういう人来るかもって言ってたなぁ。まぁ、中入って休んでいきよ。」
というわけで、小屋の中でしばし休憩。ミニアンパンを取り出して食べだしたら、紙パックの牛乳をいただきました。ありがとうございました。

木道をずんずん進みます。越中沢岳の頂上でひと息。ふと見たら、雷鳥の親子が遊んでいました。このあたりから、少しづつガスも切れてきました。

f0015348_7131961.jpg


いよいよスゴです。これがスゴノ頭か!確かに、険しい登りです。しかし、今まで視界のない中を、ただただ進んできたことを考えると、自分の進む先が遠くまで見えているのが、非常に嬉しく思えてきました。(後々、それが辛くなるのですが。)

f0015348_710596.jpg


ここで、今日初めての登山者とすれ違いました。スゴ乗越手前で更にひとり。乗越では2人と。このお二人が言うことには、室堂を出発した2人組とすれ違ったとのこと。どうやら、同好の士が同じルートにいるようです。

07:54 スゴ乗越小屋
小屋横のベンチに座り、大休止。室堂山荘で作ってもらったお弁当をいただきました。もちろん、完食です。ハイドレーションに水を補給し、CCDも1袋追加しました。約20分の休憩でした。

f0015348_710261.jpg


ここから、前半の山場である薬師岳を目指します。スゴ乗越小屋から薬師岳のコースタイムは3時間40分(昭文社「山と高原地図」)です。なかなかキツイ登りでもあるので、2時間半くらいは掛かるだろうと思っていたのですが、甘かったようです。まず、北薬師までが予想以上に時間が掛かりました。なかなか、その姿が見えないことも、足を鈍らせてしまったようです。ようやく北薬師に着くと、稜線沿いに薬師岳が見通せます。迷うことはないですが、足場は決して良くはなく、慎重に進まざるを得ないポイントです。しかも、渋滞が起きています。この区間、コースタイム40分。本当に40分?多分、50分以上掛かってしまった気がします。まいったなぁと、ちょっと凹みますが、ここで休むわけも行かず、先に進みます。

f0015348_7111294.jpg


f0015348_7113994.jpg


11:00 薬師岳
薬師岳からは、緩斜面を下り基調に進みます。少し下ると薬師岳山荘です。リフレッシュのためにコーラでも飲もうかと立ち寄ったところ、炭酸飲料はCCレモンのみ。珍しい。とりあえず、それを購入し、ベンチに座り、少し早めの昼食に、ミニアンパンを食べました。

更に下ります。沢沿いの道に出るまでは、緩やかな道が続きますので、このあたりは、軽く走って時間を稼ぎたいところです。(僕は、ほとんど走っていませんが。)薬師峠に向けては、沢沿いを下ります。こういう区間は、下りといえどもあまりスピードを出すことが出来ません。それに、登ってくる登山者もかなり多いのです。

f0015348_7123838.jpg


薬師峠キャンプ場にはテントが5~6張り。う~ん、こういうのんびりした遊びもいいなぁ。何も汗だくでせかせか先を急がなくてもねぇ....と、悪魔のささやき。これには耳を塞ぎ、木道をひたすら進むと、遠くに太郎平小屋が見えてきました。しかし、このあたりは実に気持ちが良いところですね。本当に、ゆっくりしたくなりました。

f0015348_714142.jpg


12:33 太郎平小屋
[PR]
by makani_tomo | 2007-08-09 16:17 | TJAR
<< ひとり選考会B(その3)太郎平... ひとり選考会B(その2)前日まで >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧