走る!飲む!読む!

『登って 写して 酔いしれて』 武藤昭

『登って 写して 酔いしれて 山岳映像カメラマンの50年』 
武藤 昭
白山書房
1800円+税(図書館で借りたのでタダ)

山岳写真や映像で有名な武藤昭さんが、『山の本』に連載していた随筆を再構成した本です。写真や映像を見たことはあったのですが、RCCⅡの会員にして、相当本格的なクライマーであることを実は知りませんでした。

しかし、この世代(から上)の人は、今の若者と較べると早熟ですね。山に対する向き合い方のみならず、生活全般において、実に真剣であったりシニカルであったり。自分の親などは戦前生まれで、子供の頃に戦争を体験しているので、やはりそういう影響があるのでしょうか。ちなみに武藤さんは1940年生まれなので、最後の戦前生まれです。

メスナーの映像を撮っていたとは知りませんでした。観てみたいなぁ。彼のトレーニングの撮影時、取材陣が2時間で登るところを、わずか45分で登ったとか。まるで、山岳マラソンの様です。実際、ツール・ド・ヒマラヤなんていう山岳レースがあったら、ダントツだったかもしれませんね。
[PR]
by makani_tomo | 2007-07-19 23:53 | 読む
<< ハバネロカレーパン 『劒岳<点の記>』 新田次郎 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧