走る!飲む!読む!

リハビリ山行

今日は、午後からリハビリ山行に行ってきました。お付き合いいただいたのは、ご存知奥多摩のご意見番、峰さんです。

13時32分JR青梅線の川井駅着。峰さんと落合い、早速登り始めます。雨が降り出し始めましたが、小雨なので全く問題ありません。今回は、TTR以来の山なので、リハビリというか足の状況確認が目的です。そんな山行にお付き合いいただいた峰さんには、感謝です。

川井駅を出て青梅方面に少し戻り気味に行き、送電塔めがけて急登ルートをとります。これは、峰さんが探しておいてくれたルートです。昭文社の地図にはありません。ひたすら登りなので、なかなかキツイ!汗が噴出します。

f0015348_2320144.jpg


f0015348_13322542.jpg


しかし、踏み後はしっかりあるものの、実際に登る人は少ない、いいルートです。もっとも、急登ルートですから、楽ではないです。なまり切った身体には、実に良い刺激です。

惣岳山には、約1地時間で到着。
f0015348_2328189.jpg


ここから少し進むと、TTRのルートに合流します。5月のレールから1ヵ月半が過ぎ、草木が伸び、風景が変わっています。なかなか、新鮮です。

途中、膝の状態を確認するために、時々走りを入れました。登りも時々はグイッと走って刺激を入れてみました。まだ、完璧とは言えませんが、膝の状態は悪くないようです。一方で、履いていたレオナのアウトソールは、そろそろ限界かもしれません。

黒山を過ぎ、高橋さんの倒れられたポイントで、高橋さんの故郷である静岡の地酒「千寿」をささげ、峰さんと僕もひと口いただきました。黙祷し、高橋さんの安らかなる眠りを祈ると共に、山での安全を心に誓いました。

f0015348_13242224.jpg


スタートしてから約2時間10分で棒ノ嶺に到着。雨足がだんだん強くなってきました。ここで、峰さんは青梅線の方に下山。僕は、権次入峠まで戻り、さわらびの湯を目指します。

更に雨足が強まり、足元がちょっとした小川状態に。木の階段も、最高に滑りやすくなり、慎重に下ります。TTR以降、昇りのトレーニングはしていたのですが、下りはあまりしていないので、だんだん足が疲れてきます。滑らないように慎重に下るので、余計な力も入り、なお更です。結局45分かけて下山。最後、さわらびの湯までの上り坂をグイッと走って終わり。

ささっと、温泉に入り、缶ビールを買って17時32分のバスに乗り込みました。山はまだガスに覆われていました。

f0015348_13262785.jpg


たった3時間の山行でしたが、何気に筋肉の疲労を感じました。やはり、山の下りは山に行かないと駄目ですね。せいぜい、階段の下りで補いましょう。あと2週間、調子を整えていこうと思います。
[PR]
by makani_tomo | 2007-06-30 23:29 | 昇る・登る
<< 煮豚! 陳麻婆豆腐 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧