走る!飲む!読む!

TTR100参戦記(最後に...)

ここまで、長々と読んでくださった皆さん、お疲れさまでした。本来、「読んでいただくもの」であればもう少しコンパクトに、そして文章も推敲を行うべきなのですが、このブログの目的の半分くらいは、僕自身の備忘録ですので、レースの後には記憶が薄れないうちに、なるべくたくさんのことを書き綴っておきたいと思っているのです。そして、実際に数ヶ月や半年後に、読み返したりすることもしばしばあるのです。

さて、TTR100を25時間42分8秒というタイムで完走することが出来ました。自分なりの鍛錬のひとつの成果ではありますが、多くの仲間からの刺激があってこその結果であったと思います。

特に、代々木RCの皆さんからは、途中鴨沢リタイヤという弱音を封じ込めるに充分の、勇気をいただきました。川の道525kmを、膝の痛みを抱えながら完走したかどきちさん。その痛みや距離に較べると、TTR100がかわいく思えてきます。萩往還を見事完踏された、アロハさん、ヒロ児玉さん、こじろうさん。同じ様に暗い中を走っていたはずです。
そして、一緒にスタートした小虫さん、ぱらだいむさん、shobunさん。小虫さんは、その絶妙な文章で僕を山に導いてくれた先人です。そして、彼女はどんなことがあっても途中リタイヤすることはないだろうと思っていました。ぱらだいむさんやshobunさんも、着実に鴨沢に向かっているはずです。場所はバラバラでも、同じ想いで足を前に進めているに違いありません。そう考えると、勇気が沸いてきました。

度々レースでご一緒させていただくマコトさんやハリ天狗さん。格上のお2人ですが、今回も序盤を一緒に走らせていただき、いいペースでレースに入っていくことが出来ました。そして、マネージャーさんには、素敵な笑顔で毎回スタート前の緊張をほぐしていただきます。その上、今回は鴨沢でのエイドまで。助かりました。

エイドといえば、三国山でのヤマミチ食堂は最高でした。豚汁&フルーツで生き返ると共に、あそこで、美味しく食べることができるということは、まだまだ大丈夫だと確信しました。

終盤では、ヤフシゲさん、ミヤさん、タマさんのお出迎えもありました。サプライズな登場に、気持ちが引き締まりました。(だらしなく歩いているわけにはいかないですから!)

ああ、多くの人に刺激や勇気をもらっているなと、改めて感じました。

一方で、密かに24時間以内完走を目標とし、それを達成することは出来ませんでした。現在、自分の中での中期的な目標は、来年夏に開催されるであろうTJARに出場し、完走することです。(なんと、社内報でも宣言してしまった!)今回の結果は、まだその目標を達成するだけの実力は無いということを、明確に示すものでもありました。残された時間は、あと1年と少し。でも、諦めません。諦めてはいけないのです。

昨年秋の報告会で、見事完走された高橋さんがおっしゃっていました。
「僕みたいな普通の人でも、頑張れば完走できるんですよ。」
その言葉に、心揺り動かされました。もっとも、高橋さんを「ただの普通の人」とは思いませんでした。氏は2004年のTJARでは途中リタイアされています。その悔しさと、知見をバネに、2年間相当な鍛錬を積まれた上での06年の完走だったはずです。
そして鍛錬だけではなく、荷物の軽量化やリュックの加工など、TJAR完走に掛ける情熱を物静かな外見の中に秘めていたのではないでしょうか。軽量化のために必要な部分だけ残して切られた地図を見て、ここまでするのかと感心しました。そして、「夜にいろいろ工夫するのが楽しいんですよ」って子供のような無邪気な顔で話されていたのが印象的でした。

f0015348_15522666.jpg


その高橋さんが、今回レース中にお亡くなりになりました。スタート直後から高水山に向かうあたりまで、僕は高橋さんのすぐ後ろを走っていました。身体の線が細いという印象だったのですが、間近に見ると腰周りがシッカリして、太ももの筋肉が見事でした。その優しいお顔からは想像できない、力強い走りを垣間見ることが出来ました。

もっと、高橋さんの走る姿を見ていたかった。そして、できれば来年の夏には一緒にTJARに参加したかったのです。それは、かなわぬ夢になってしまいました。しかし、僕はTJARを諦めたくないのです。来年がダメでも、3年後に挑戦です。「努力を惜しまず、粘り強く前に進むこと。」それを高橋さんは我々に教えてくれたのだから。

さて、長い長いTTR参戦記も、これでおしまいです。TTRが来年も開催されるならば、ぜひ24時間以内の完走を目指したいと思っています。もっとも、ここしばらくは、膝などを治すことに専念します。(おそらく、箱根はDNSになると思います。)

応援してくださった皆さん、読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by makani_tomo | 2007-05-16 13:03 | レース(トレイル)
<< TTR100参戦記(おまけ) TTR100参戦記(分析) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧