走る!飲む!読む!

TTR後半試走

本日、予定通りTTR100の後半試走に行ってきました。詳しくは明日以降書きますが、大まかな様子だけご紹介。

奥多摩発7時35分のバスに乗り、深山橋で降り、鴨沢グラウンドまで、軽くジョグ。鴨沢バス停を通りがかり、ちょうど一年前に「ひとりTTR」したな...なんて思っていました。

8:35 鴨沢グラウンド スタート

f0015348_23525915.jpg


いきなり、登り口がわらないのだが、足跡を頼りに適当に登ると、TTRの矢印に出会い、安心して登り始める。
しかし、九十九折ながら、きつい登りです。果たして、12時間も活動してきて、この登りに絶えられるのか不安になります。
しかも、落ち葉が積もった細いトレイルは、意外と歩きにくいです。朝だからよかったものの、夜でしかも足が疲れていたら、踏み外してしまうかも。

9:11 仏舎利塔 36'28''

f0015348_2354634.jpg


話には聞いていましたが、忽然と現れる白亜の建物にはびっくり。インパクトありますね。夜見たら、たしかに不気味かも。
ここから、林道を下ります。石がごろごろしていて走りにくいですね。まあ、きっとレースでは、たいしてスピードは出せないだろうからいいか。

9:30 金風呂 55'40''
バス通りに出ます。ここには、自動販売機があります。鴨沢にもありますが、コース上で高尾に下りるまで最後の自動販売機です。後々、茶店のあるポイントもありますが、通過時間には開いていません。
玉川キャンプ場方面に左折し、山道に入ります。ここからは、ひたすら登りです。なかなか急な登りなので、ほとんど走ることは出来ません。

f0015348_23553439.jpg


10:57 三頭山 2 22'27

f0015348_2356066.jpg


予定では、三頭山まで3時間くらいかかると思っていましたが、意外と早く到着しました。富士山がきれいです。思いがけず早く到着したので、ここでお昼ご飯にしました。すると、仕事のメールが入り、しばしその対応に追われます。う~ん、携帯の電波が入りすぎるのも良し悪しですね。その後は、携帯の電源を切りました。(18分休憩&仕事)

13:04 浅間峠 4 29'45''
三頭山からの下りでは、小学生の遠足に出会いました。そうそう、今日は金曜日でした。ここからのトレイルは、気持ち良く走れるところが多いですね。本番でも、余裕があれば走りたいところですが、どうなんでしょうね。ただ、真夜中のはずですから、景色を楽しむことが出来ないのは確かですね。

でも、今日は咲き始めた山つつじを見ることができました。
f0015348_0692.jpg


14:31 和田峠 5 56'59''
尾根道を走ります。アップダウンがきつくなってきます。でも、巻き道OKです。TTRの矢印もちゃんと巻き道を示しています。
醍醐丸の手前から、MTBの若者に追いかけられるように走ります。
和田峠では茶店が開いていました。有難い!冷たいコーラで生き返りました。MTBの若者も、ここでひと息。(6分休憩)

和田峠から陣場山への階段は、きついです。ここに来る頃には20時間近く活動しているはずですから、いくら階段好きの僕でも、きついだろうなと思います。しかし、ここから先は、慣れた道です。それだけでも、精神的に楽です。

陣馬山では、山桜が気持ちを和ませてくれました。
f0015348_071766.jpg


慣れた道とはいえ、足が疲れてきていますので、大腿四頭筋が痛み始めます。ガンガン下るわけにはいきません。しかし、平坦な道ではまだちゃんと走れます。

f0015348_23573971.jpg


城山を通過。茶店は閉まっているけど、猫が留守番していました。

16:19 大垂水峠 7 44'50''
今日は、ソックスを2重にしてきたのですが、さすがにきつく感じてきて、ここで下のソックスを脱ぎました。(4分休憩)

ここから先は、決して高い山があるわけではないのですが、疲労した足には、ちょっとしたアップダウンが堪えます。我慢の走りが続きます。

今回は、行動食をいろいろ試そうと持ってきました。しかし、ここまでくると、固形物がつらくなります。噛むという行為がつらく感じるのです。

f0015348_23571048.jpg

津久井湖の沼本ダムを望む。

草戸山を越えたとの先は、昨年の大晦日に走っています。今回は、その逆走です。相変わらず、小刻みにアップダウンが続きます。

しかし、左方面から、電車の音が聞こえるようになると、高尾も近い証拠です。そうとわかると、力も沸いてきます。

18:23 金刀比羅宮 9 48'39''

f0015348_23592077.jpg


ここも、昨年大晦日に一度来ています。里山の神社という風情。

街に下りてからは、残った力を振り絞って走るのみです。ただ、綾南公園まで意外と距離があり、結構つらかったです。でも走れました。(ゆっくりですけど)

18:45 綾南公園 10 10'33''

f0015348_23594671.jpg


何とか、暗くならないうちにゴールまで行くことが出来ました。もっとも本番では、午前中の到着のはずです。

10時間10分という試走タイムは、僕としては上出来です。この前の箱根と違い、ひとりで走っていますから、MTBに追っかけられる以外は、プレッシャーもなく走りました。

とはいえ、今日は後半だけ。実際にはその前に同じくらいの距離を走ってきているわけで、本当に自分が完走できるのか不安にもなりました。完走できたとしても、後半は12時間くらいはかかるかもしれません。

満足いく試走ではありましたが、本番に不安を感じたのも事実。作戦を考えねば....

GW中に試走する方へ。
今年は、既にTTRの進路を示す矢印が、設置されています。分岐などのポイントには、ほぼ全て矢印があったと思います。醍醐丸の手前などのピークへ行く道と巻き道の分岐には、多くの場合巻き道方面に矢印が向いています。安心して、巻くことができます。

後半の水場は、あまり期待できません。鴨沢を出ると、金風呂バス停付近に自動販売機、玉川キャンプ場の水道は水が出ました。その後は、あるにはありますが、ルートからは少し外れているようです。わかりやすいのは、和田峠くらいでしょうか。もっとも、気温にも寄りけりですが、概ね夜間ですので、2Lもあれば充分すぎると思います。

<服装>
半袖Tシャツ
長袖Tシャツ(三頭山で脱いだ)
7分タイツ(CW-X)
5本指ソックス+Xソックスのトレイル仕様
レオナ・ディバイド


<装備>
グレゴリー ISO
ハイドレーション(2L中、1.5L消費 グリコCCD倍希釈)
おにぎり(2個)
お茶(紙パック 1個)
カーボショッツ4個
ザバス グリコーゲン・リキッド1個
ソーセージ(1袋)
ドライ・マンゴー(1袋)
[PR]
by makani_tomo | 2007-04-27 23:53 | 走る
<< 萩往還 壮行会 ちょっと、いいもの >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧