走る!飲む!読む!

箱根試走 感想および反省点など

箱根トレイルレースのほぼ全コースを試走してみての感想および反省点です。

<着たものと持ち物>
半袖Tシャツ
長袖Tシャツ(CW-X)
膝下タイツ(CW-X)
ハイソックス(アーチハンモック)
ゴム軍
グレゴリー リアクター
バスク マーキュリー

<飲料と食料>
アクエリアス(2倍希釈) 約1.5L(2L持って行き、途中0.5L補給し、1L残しました。)
コカ・コーラ(300ml 山伏峠にて)
アミノバイタル スーパースポーツ 2個
アミノバイタル 体幹BACC 1個
アミノバイタル 爽快フレッシュ 1個
パワージェル 2個
ザバス グリコーゲンリキッド 1個
おにぎり 1個

ほんというと、いろいろと試してみようと、上記消費量の倍近く持っていたのですが、特に後半は固形物が食べたくなくなり、ジェルに頼ってしまいました。本番では、どういう構成にするか悩みどころです。

今回、パワージェルを2個消費していますが、これは昨年の山耐に向けて数個購入したものの、甘すぎてダメだ...と思い、今まで放置していたもの。消費期限も切れているし、捨てるのももったいないから、使っておくかという消極的な消費でした。きっと、本番では使わないと思います。

とはいえ、あのコンパクトさは魅力です。ザバスのグリコーゲンリキッドは、今回初めて使用してみました。ピーチ味なのですが、もう少し薄めでもいいなぁ。悪くはないけど、こればかりでは飽きてしまいそう。値段的には、まあまあ安いので魅力的ですけどね。

カーボショッツは、味の面でなんとか許容範囲です。これをチューブ容器に詰めておくのが、もっとも効率は良さそう。でも、同じ味だと飽きるし...いやいや、味なんてことを気にしちゃいかんのかも。でも、同じ食べるなら、美味しい方がいいですよねぇ。

摂取し易さと値段などを考えると、チューブ入り練乳という手もありますね。もうしばらく、試行錯誤してみます。

<反省点など>
・荷物は極力軽く。今日は、いろいろと試したいものがあったので、結構重くなりました。レースでは、エイドと茶屋の場所を考慮に入れ、必要最小限で望むほうがいい気がします。
・ペース配分が重要。距離的に55kmなので、山耐よりは楽だな...と思うと大間違い。かなりタフなコースです。金時の登りで力を使い果たすと、その後がかなり辛くなりそうです。白浜まで、それなりに余力を残しておき、平坦なトレイル7.7kmでしっかり走ることができると、理想的です。
・レースでは、目標を10時間としたいところです。ただ、TTR100でのダメージ具合で、どうなることかわかりません。最悪はDNSですが、体調がよければサブ10が目標となるでしょう。
・やはり、試走をしておいてよかったです。途中、精神的にだれるところがありますので、その後の展開(行程)が頭に入っているか否かは重要だと思います。
・バスクのマーキュリーは、実に「ソフト」な履き心地でした。重さはレオナよりも重いのですが、感覚的には軽く感じます。グリップ力も申し分ないです。今シーズンの人気モデルになるかもしれません。

以上、また思い出したら追記します。
[PR]
by makani_tomo | 2007-04-15 23:47 | 昇る・登る
<< 日曜日の食卓 箱根トレイルレース試走記 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧