走る!飲む!読む!

『熊野、修験の道を往く』 藤田庄市

『熊野、修験の道を往く 「大峯奥駆」完全踏破』 
藤田庄市
淡交社
1800円+税

大峯奥駆道に興味を持ち始めてから、関連するいろいろな本を読んでいます。本書は、宗教取材をメインに活躍するフォトジャーナリストによる、大峯奥駆道踏破の記録です。

著者は、立正大学で宗教学を学び、その後25年以上に渡り各地の霊山をルポしているそうです。大峯にも25年以上通っているというまさに、「その道の人」です。

さて、本書で取材している大峯奥駆は、「完全」踏破と表現している通り、通常の奥駆道とは少し違うようです。そのルートは、本山修験道の総本山である京都聖護院の門跡が入峯する道なのだそうです。具体的には、吉野を出発し、ひたすら南下し、熊野本宮に達した後、新宮まで熊野川を下り、那智に回り、再び熊野本宮に向かうというもの。距離にして約240km、12日間の大行です。このルートを辿る修行は、1872年の修験道廃止令以来行われていなかったのですが、2004年に復活したのだそうです。本書は、その12日間の克明な記録です。

読んでいて、非常に過酷な修行であることがひしひしと伝わってきます。と同時に、ますます行ってみたくなりました。レースでも団体でもなく、単独でこの道に入ってみたくなりました。さもなければ、この聖護院の修験道の団体に加わってみたくなりました。(聖護院では、毎年9月初旬に、吉野から熊野本宮までの短いルートを5泊6日の行程で、修行を実施しているようです。誰でも参加できるようです。)

今年は日程的に難しいようなのですが、来年は一度行ってみたいなと、強く思ったのです。
[PR]
by makani_tomo | 2006-10-13 23:34 | 読む
<< 報告会の報告 ヤマケイ買収!? >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧