走る!飲む!読む!

日本山岳耐久レース参戦記(スタートまで)

さて、8日です。朝起きて、何よりビックリしたのが、左膝裏の痛みが全く無いということです。実は、関根先生に診て頂いた時に、押されて痛かったポイント(しかし、その部分を押すと、膝裏の痛みが消える)に、ピップエレキバンを貼って寝たのです。気休めというか、あまり大して期待していなかったのですが、どうもこれは効果があったようです。幸先良い感じです。

そして、天候は快晴。雨が降らず、冷え込まず、ガスらないというのは、非常にいい条件です。

さて、当日の装備など。

<服装>
Tシャツ(ナイキ)
アンダーウェア(CW-X)
7分タイツ(CW-X)
短パン(モンベル)
5本指薄手ソックス(CW-X)
厚手ハイソックス(ミズノ アーチハンモック)
レオナ・ディバイド(モントレイル)
インソール(スーパーフィート グリーン)
スパッツ(モンベル)
ゴム軍(100円ショップ)

当日は、お天気もよく気温も上がりそうなので、半袖Tシャツにしました。足元は、靴下2重で固めました。右足の親指爪が死亡しましたが、そのほか靴擦れやマメはできず。上出来でしょう。タイツの上に短パンというのは、ポケットが欲しいという点と、滑ったときのことを考えた末です。

<主な装備品>
アミノバイタル スーパースポーツ(4個)
カーボショッツ (4個)
ミニおにぎり (2個)←梅干たっぷりの自家製
種抜き梅干 (1袋)
カシューナッツ (1袋)
魚肉ソーセージ (2本)
SOY JOY (1本)←当日もらったもの
水+トリプルカーボ2袋 (2L)
補給時用トリプルカーボ (2袋)

ヘッドライト (ブラックダイヤモンド ジーニックスXP)
ハンドライト (プリンストンテック インパクトⅡ)
ハンドライト (ペリカン ステルスライト2400)
予備電池 (単3×4本)
コンパス

雨具 (モンベル ULジャケット)
帽子
予備軍手
お守り (高水山常福院)
鎮痛剤(4回分)
バンドエイド
携帯電話
財布

ゴミ袋
リアクター (グレゴリー)
ハイドレーション (オメガリザーバー2.0L用)

f0015348_13452664.jpg


装備は、なるべく軽量化を図りました。上記の装備で約4.4kgです。うち、水が2kgです。試走等の経験から、あまり細かなものや食べにくいものは食べないだろうと思い、ジェル中心にしました。そのジェルもなるべく軽いものを選びました。ただ、パワージェルはあまり好きになれないのでやめて、アミノバイタルスーパースポーツとカーボショッツ中心にしました。

水分は、トリプルカーボの倍希釈にしました。CCDも候補でしたが、第2関門で補給する際、ささっと入れることができるコンパクトな方を選びました。また、補給の容易さを考えて、ハイドレーションも普段愛用しているプラティパスではなく、オメガリザーバーを使用しました。給水口が大きいのがポイントです。

ライト類は3つです。このレースでは、水や食料と共に、いやそれ以上にライトが重要だと感じています。当日はお天気もよくガスる可能性も低いので、最初はヘッドライト(LED)+軽量ハンドライト(LED)の組み合わせ、最後の金毘羅尾根の下りをヘッドライト+やや重いハンドライト(キセノン)でいくことにしました。これだと、電池交換は1回、上手くすれば0回で済むかもしれないと思ったのです。

大会直前に購入したインソールは、少し不安はあったのですが、前日の試し履きでアーチハンモックの押し上げポイントと一致することを確認したため、安心して使えました。

さて、当日は7時に起床。朝ごはんの前に、アロハさんの応援部隊に差し入れる分も含めて、たくさんおにぎりを作りました。ご飯に梅肉と紫蘇をたっぷりまぶした、特製おにぎり。
その後、普通にパンと牛乳、プルーンにヨーグルトという普段通りの朝食。こと食事に関しては、直前はあまり特別なことはしない方が良いのです。

足にキネシオと、膝にテーピングをガッチリ施し、家を出て、電車を乗り継ぎ拝島に着く頃には、周囲の山耐度合いもグッと高まります。会場のトイレは混むと思ったので、武蔵五日市の駅でトイレを済ませ、会場に向かいます。途中、コンビニでアロハさんに頼まれていた日本酒を購入。周囲の人が、おにぎりやスポーツドリンクを買う中、レジに日本酒をドンと置き、怪訝な顔をされてしまいました。

会場では少し並んで、持ち物検査。横では、横山選手が取材を受けていました。ゼッケンとチップをもらい、五日市中学校体育館の男子控え室に。中は既に満員状態。おそらくは奥に陣取っているはずのアロハさんのブルーシートを探しました。

f0015348_13471618.jpg


既に、かどきちさんや、ホロさんらも到着しており、それぞれマイペースでスタート前の時間を過ごします。僕も靴にチップを装着し、装備の最終確認をして、ゴロリと横になりました。しばらくして、okamiさんも応援に来られ、しばし歓談。(今度、半蔵門に行きますね。)12時少し前に昼食。甘めのパンとしょっぱいおにぎり。そして鎮痛剤投下。途中、膝痛が出るのは目に見えているので、早目に飲んでおきました。

12時20分、装備を担いでトイレに行き、グラウンドに向かいます。ミキさんrikaさんとも再会。グランドでは、ずうずうしく10時間以内のポジションに並びます。前から3列目程度。いよいよ、スタートです。
[PR]
by makani_tomo | 2006-10-10 10:44 | レース(トレイル)
<< 日本山岳耐久レース参戦記(レー... 日本山岳耐久レース(前日まで) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧