走る!飲む!読む!

グレゴリー三兄弟

トレイルランニング用のパックといえば、グレゴリーが有名ですが、僕も愛用しています。経験が浅いので、いろいろなメーカーのものを試した結果というよりは、多くの人が使っていて比較的評判が良いという理由で使い始めて今に至っています。

最初に買ったのは、スティミュラスです。最初に走ったのは高尾山です。基本です。実家から走っていますから、小さなパックでいいのです。軽くて背負っている感もほとんど無く、いいですね。

次に購入したのは、リアクターです。これは、今年の春にTTRに出場しようと決めた時に購入しました。長時間走るためのパックとしては、スティミュラスはちょっと小さいですね。山耐でスティミュラスという方もいますが、スティミュラスに2L以上のハイドレーションを詰め込むとなると、オメガリザーバーの2.1Lの丸太型のものくらいしか、選択肢は無く、補給食もパワージェルなどかなり軽量化を図る必要があります。リアクターは、11Lありますから、かなり余裕があります。先日の第2回試走では、着替えも入れることができました。山耐本番も、リアクターで参戦予定です。

最近は、1泊2日あるいは2泊3日程度の山岳マラソンを思考しています。そのためには、ツェルトとシュラフ、マットなどが必要になります。そして、補給食の準備量も増やす必要があります。そこで、今回今シーズンの新製品アイソを購入してみました。これは、20Lの容量がありますので、リアクターの倍近い容量となります。カード会社のポイントが貯まっていたので、それを使い購入。泊まり縦走の予定はまだ無いのですが、まずは山耐で着替え等を持っていくのに使うことにしましょう。

f0015348_021255.jpg


こうしてみると、仲の良い三兄弟の様です。左から、スティミュラス、リアクター、アイソです。果たして、どれが長男なのかはわかりませんが。デビューという意味では、アイソは三男坊ですね。一番大きいけれど。

この時期にアイソを買った理由は2つあります。ひとつは、カードのポイントが12月末で失効してしますから、早めに使っておきたかったこと。もうひとつは、可能であれば10月中に縦走を1回企画したいと思っているから。

しかし、10月末の2000m以上の山となると、寒いはずです。アイソに詰め込める防寒具で可能かどうかを含めて、検討中なのです。まあ、今秋が無理であっても、来春は積極的に泊まりの縦走を経験したいですね。

そういえば、今日奥武蔵ウルトラマラソンの結果と写真が届きました。チーム成績で、代々木ランニングクラブは12位でしたね。膝の痛みを感じることなく、75km走り通せたことが、今は不思議に思えます。でも、そういうことができたんだという自信にはつながります。明日から10月です。オクトーバーランもありますが、まずは山耐完走を目指して、じっくりいきたいと思っています。
[PR]
by makani_tomo | 2006-09-30 23:51 | 買う
<< オクトーバーラン 『風の王国』 五木寛之 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧