走る!飲む!読む!

本当に真っ暗でした!

昨夜、奥多摩駅に集合し、今朝にかけて夜間試走に行ってきました。もともと、22日の夜からひとりで夜間試走しようかと思っていたところ、TEAM阿闍梨のrikaさんが、夜間試走を企画したので、これ幸いと参加することにしました。やはり、仲間がいたほうが心強いですしね。

<服装など>
長袖Tシャツ
7分タイツ(CW-X)
短パン(モンベル)
ウィンドブレーカー(モンベルULジャケット)→途中で脱いだ
スポーツアンダーパンツ(CW-X)
5本指ソックス(CW-X)
ハイソックス(アーチハンモック)
ハイランダー(モンベル)
スパッツ(モンベル)
ゴム軍(100円ショップ)

<装備品など>
リアクター(モンベル)
ハイドレーション(トリプルカーボ 1.5L)→0.8L消費
ジェル(アミノバイタル)→未消費
ジェル(アミノバイタルSS)→1個消費
おにぎり(梅)1個
SOYJOY(2個)→未消費
干し梅→未消費
黒糖胡桃→未消費
カシューナッツ→未消費
ヘッドライト(ブラックダイヤモンド ジーニックスIQ)LED
ハンドライト(プリンストンテック インパクト2)LED
ハンドライト(ペリカン 2400ステルスライト)キセノン
着替え(服,靴)
コンパス
ホイッスル
熊よけ鈴
ゴミ袋

青梅線奥多摩行きの最終に乗り、奥多摩駅に00:50着。(少し電車が遅れました)参加メンバーは、村越さんをはじめとするTEAM阿闍梨のメンバーを含む、総勢10名。駅前で自己紹介の後、01:03にスタート。大ダワまで林道を歩いて登りました。

f0015348_23282820.jpg


都心は晴れていましたが、このあたりは雨が降っていたようで、道路はぬれています。駅では寒く、ウィンドブレーカーを着ていたのですが、登り始めるとすぐに暑くなり、上着は脱ぎました。湿度も高いようでした。

いろいろと、おしゃべりしながら林道を登り、大ダワ着は02:35。約100分登ってきたようです。このあたりは、完全にガスってます。

f0015348_23352840.jpg


小休止して、いよいよ試走開始。TEAM阿闍梨のツワモノたちが、先頭を走ります。以下、本日の記録です。

00:50 奥多摩駅着
01:03 奥多摩駅発
02:35 大ダワ着
03:20 大岳山
03:47 水場
03:58 長尾平
04:20 日の出山
05:40 五日市会館(ゴール)

大ダワから走りだして、しばらくは着いて行くので必死です。とにかく、夜間走行初体験なのです。必死に足元を照らし、前に進みます。

ところで、今回の試走は、様々な試行の場でした。
試行①:ライトの使用感
試行②:アンダーウェア
試行③:2重靴下
試行④:ハイランダー
試行⑤:ウェア

試行①:ライトの使用感について
多くの人のブログにあるように、ガスってくるとLEDは、明るい割には足元が見えません。そこで、ハンドライトも併用します。まずは、プリンストンテックのインパクト2。レンズに工夫があり、軽い(単4×4本)割には明るくてよいですね。しかし、これもはやりLEDなので、かなり足元近くでないと照らせません。そして、ヘッドライトの照射角度によっては、ハンドライトと干渉してしまい、余計に見えなくなってしまいます。途中で、ヘッドライトは消してしまいました。

もうひとつ、キセノンのハンドライトも試しました。こちらはやや大きくて重い(単3×4本)のですが、光が遠くまで届きます。ヘッドライトとの干渉も少なく、組み合わせとしてはこれがよさそう。しかし、これならハンドライトだけでも大丈夫な気がします。途中、集団から遅れてひとりで走っているときも、ハンドライトだけで大丈夫でした。

ただ、岩場を登るときや、降りるときはどうしても手を使うので、ヘッドライトは欲しくなります。とすると、ヘッドライト(LED)+ハンドライト(キセノン)を基本にして、予備でハンドライト(LED)を持つのがベストでしょうか。しかし、重装備になりますね。

試行②:アンダーウェア
アンダーウェアに関してはこれまで無頓着でして、ごく普通の綿素材ブリーフでした。確かに汗をかいてじっとりと濡れてしまうのですが、まあそんなもんだろうと気にしていませんでした。しかし、奥武蔵ウルトラマラソンで股ズレができてから、何とかした方がいいかなと考え始めました。

今回は、CW-Xのアンダーウェアを使ってみました。結果は良好。あまり違和感を感じさせず、かつドライ感を保っていました。

試行③:2重靴下
アロハさんのアドバイスにあった、2重靴下です。下には5本指の薄手のもの。上にはいつものアーチハンモックのハイソックスです。これも問題なし。あらかじめ小指など擦れ易いところにはハンドエイドを貼っておいたので、快調でした。

ただ、ハイランダーはややタイトなので、靴下を2枚履くと窮屈に感じました。走っている分には気にならない程度ですけど。おそらく、レオナなら全く問題は無いでしょう。

試行④:ハイランダー
レオナは、濡れた岩場で横滑りが顕著なので気になっていたところでした。そこで、今回は時間が短いこともあり、ハイランダーを試してみました。ハイランダーの岩場でのグリップ力の高さは、おんたけスカイレースで実感していました。

大ダワまでの林道は、雨で濡れており、部分的に苔むしているところは滑りやすくなっていたようです。周囲の人が滑っちゃうねと話しているあたりでも、ハイランダーは問題なし。

トレイルを走り始めてからも、快適でした。やはり、総じてグリップ力はレオナよりも高いですね。それに、軽い分軽快に走れる気がします。おんたけでは、最後までクッション性の低さを感じることはありませんでしたが、14時間も15時間も走っているとどうでしょうか。その点に不安は残ります。

試行⑤:ウェア
上着は、ユニクロのドライ系長袖Tシャツ。ただし、ほとんど袖は捲り上げていました。下は、CW-Xの7分タイツの上に、モンベルの軽い短パン。あえて上に短パンをはいたのは、ポケットが欲しかったからです。

上着に関しては、当日の気温次第ですが、昨夜くらいなら半袖Tシャツでも問題ないようです。たぶん、動いている限り身体が冷え切ることは無いでしょうから、当日も半袖Tシャツでいいのかもしれません。ウィンドブレーカーは、雨具として持ちますしね。

<夜間走行について>
初めての夜間走行でした。最初は、とにかく着いていくのに必死でしたね。それにしても、普段の生活では、「真っ暗闇」という状況は意外と無いものです。でも、集団から送れてひとりで走っていて、ふとライトを消してみて、本当に真っ暗なんだと感じました。これは、予備の食料よりも予備の乾電池の方が重要かもしれません。

走っているうちに、だんだん慣れてきました。夜間走行は、経験がものをいうようです。ただ、ライトで照らす目先のトレイルばかりを見つめていると、だんだん目の焦点が合わなくなってきます。(←老眼?)時々、瞬きするとか、意識して焦点を合わせないと、うっかり躓いてしまいそうになります。そうでなくても、LEDは遠近感が取りにくいですから。

第1回の試走時にも走ったコースでしたが、タイムを比較しますと、以下のようになります。

           日中     夜間
大岳山~御岳山  61'17"90 38'17"81
御岳山~ゴール 106'52"21 79'52"21

日中タイムは、大岳山からコースミスして御岳山に向かい、御岳山で13分ほど休憩した時間を含むタイムです。一方昨夜の夜間タイムは、合計21分の休憩時間を含んでいます。なんだか、夜間の方が大幅にタイムが良いのですけど!?それに、大岳山の先からは、膝が痛み始めたのであまり無理をしない&時々止まってマッサージをしている様な状況なのです。

これは、やはり集団に引っ張られているからでしょう。それと、基本的には僕程度のスピードであれば、日中と夜間の差はあまり無いのかもしれません。特に下りを激走できるわけではないので、あまり差は出ないようです。それよりも、先に走っている人を一生懸命追いかけるという状況が、全体的にスピードを引き上げているようです。

また、夜間だと足元と少し先のトレイルしか見えません。しかも、かなり集中して走ることになります。どこを走っているのか、見当が付きません。気が付いたら、山頂に着いていたという感じ。下手に周囲が見えない分、集中して走ることができるのかもしれません。逆に言うと、集中力が切れるとまずいですね。本番は、昨夜よりも疲労している状況ですから、どの程度緊張感と集中力を持続させることができるかも、重要な要素になりそうです。

<まとめ>
膝に不安はあったものの、そしてまた痛めてしまいましたが、やはり参加してよかったと思います。夜間走行は経験がものをいうことが良くわかりました。そして、疲労度合いを考えなければ、タイムの落ち込みはさほど無いこともわかりました。

本番では、日があるうちにどこまで距離を稼ぐことができるかが、ひとつ目のポイントだと思いました。13時スタートですから、少なくとも第1CPの浅間峠までは、無点灯で行きたいものです。欲を言えば、笛吹峠まで。

夜間走行になったら、注意深くじっくりかつ、粘り強く走りましょう。下手に下りで飛ばしすぎて、怪我をすると最悪の結果となるでしょう。疲労度合いに合わせて、じっくり行けばいいのだと思います。

後は2週間は、足を休ませて、筋肉の疲労を抜くと共に、膝のコンディションを整えようと思います。膝の痛みさえひどくならなければ、目標の15時間以内は何とかなりそうな気がしてきました。

【今日の鍛錬】
ラン:30km
階段:4本,4896steps,906m

【今月の鍛錬】
ラン:225km
階段:20本,24480steps,4529m
[PR]
by makani_tomo | 2006-09-23 23:21 | 走る
<< おはぎ 肉団子スープ >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧