走る!飲む!読む!

北岳 単独行(その4)

さて、ここまで約5時間半が経過しています。予定では、9時間で広河原まで戻り、16時のバスに乗りたいと思っていましたから、走れる部分は積極的に走りました。

北岳山荘までは、往路と同じルートで戻りました。途中、往路で追い抜いた人たちから、声をかけられます。僕自身は、覚えていないのですが、道を譲ってくれた人は、「急いで登る変な格好の男」ということで、印象に残っているようです。

声をかけられたら、積極的に会話することにしました。山岳マラソンの認知度が高まっていることを感じました。

北岳山荘で、再びコーラを購入。左俣コースの状況をヒアリング。問題はなさそうです。トイレを済ませて、往路よりも稜線を下ったトラバースルートを進みます。こちらのほうが、人が少なく走れます。そして、高山植物が広がっています。実にきれいです。多少、ガスっていても、むしろ幻想的でもあります。

f0015348_10112893.jpg


八本歯のコル前後は、橋やハシゴが続きます。やさしくないルートのような気もしましたが、60歳を上回ると思われる人たちも、結構登っています。

左俣コースもハシゴが多いです。僕は降りだったのですが、登ってくる人たちは、皆バテバテです。右俣よりも傾斜がきつく、ハシゴを連続で何本も登るので、相当厳しいと思われます。途中、有名な北岳バットレスを間近に眺めることができました。

f0015348_10174717.jpg


この岩場を登るというのは、僕からは信じられません。しかし、何名かが登っているのが見えました。

ハシゴエリアを抜けると岩場を降ります。坂を下るよりも、岩場を飛び降りるほうが、膝への衝撃は強いでしょうね。しかし、痛くなることもなく、順調に降り続けます。時々、滑りそうになりました。レオナは、岩の上では横方向に滑りやすい傾向があるようです。

ようやく二俣まで戻ってきました。ここからは、往路と同じです。予定よりも早く降ってきています。どうやら、8時間半も掛からずに広河原まで戻れそうです。もしかしたら、3時のバスに乗れるかも?そしたら、芦安でゆっくり温泉につかれるな~、なんて期待しながら降り続けます。

さすがに、終盤では足に疲れを感じ始めました。痛みは出ないので、鎮痛剤の出番はなし。最後の1時間はかなり積極的に走り、広河原到着は14時15分ごろ。北岳山荘から2時間で降りてきました。最後は、バス停まで気持ちよく走りました。

しかし、15時のバスというのはなく、次は16時とのこと。こんなに早くに戻れるとは思っていなかったので、16時以前のバスについては調べていませんでした。まあ、仕方がないので、バスの切符を買い、荷物を置いて順番を取り、トイレで顔を洗い、売店でビール...と思ったのですが、残念ながら売り切れでした。

お天気もよく、気持ちのよい午後のひと時、ジュースを飲み、いま登ってきた北岳を眺めながらのんびりとすごしました。もちろん、手は太ももを揉み解しています。

16時のバスに乗り、17時過ぎに芦安到着。お土産を少し買い、車に戻りました。駐車場のすぐ近くに市営の日帰り温泉「金山沢温泉」があったので、550円払って汗を流しました。小さいお風呂ですが、あまりゆっくりするつもりもなかったので、水シャワーで足をアイシングし、露天風呂につかって、サッパリして帰路につきました。

帰りの中央高速では、既に始まっているリターン渋滞につかまりました。小仏トンネルを先頭とする25キロの渋滞には参りました。談合坂のSAで、少し休憩し、給油もしました。最近は、市中のガソリンスタンドよりも、高速上のスタンドのほうが安いとのことで、多くの車が給油に来ていました。

家に着いたのは、22時。1時に家を出ましたから、21時間の行程でした。一番疲れたのは、最後の渋滞ですね。これさえなければ。

まる1日使って、念願の北岳・間ノ岳に登ってきました。お天気もよく、充実の山行となりました。しばらく休んで、この後は10月の山耐に向けて奥多摩の山々を試走しようと思います。御嶽山や北岳とは異なるトレイルですが、今回の北岳山行もトレーニングにはなったと思います。それにも増して、またひとつ山に近づいた気がしました。また、来年には北アルプスに行きたいですね。目標は白馬岳です。
[PR]
by makani_tomo | 2006-08-14 23:36 | 昇る・登る
<< 北岳 単独行(その5 まとめ) 北岳 単独行(その3) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧