走る!飲む!読む!

北岳 単独行(その3)

ここからは、基本的に稜線を進みます。日差しがきつく暑いので、長袖シャツは腕まくりしています。北岳山荘までは約30分。大きな山小屋です。ここでは、コーラを購入。300ml缶で300円。コーラを飲んで、トイレを済ませて、先を急ぎます。

f0015348_9382664.jpg


間ノ岳に向かう途中の中白根山からは、北岳がきれいに見えるということで期待していたのですが、残念ながらガスが掛かって山頂部分が隠れてしまっています。

f0015348_9403766.jpg


全体的にガスってきますが、風もあるので、道を見失うということはありません。間ノ岳までは、いくつかのピークを越えていきます。あれが間ノ岳?と思ってピークに着いたら、また先にピークが現れます。1週間前に奥武蔵で75km走っていますが、その疲れはないようです。というか、使う筋肉が基本的に違いますね。岩場が多いので、ハイランダーでもよかったかもしれません。

間ノ岳には、10時35分到着。スタートから4時間29分掛かりました。本日の目標達成です。高さで国内第2位と第4位の山に登れました。しかも、両方ともいわゆる百名山に名を連ねています。ほどよい満足感。

山頂は広いですね。雷鳥の親子が遊んでいました。

f0015348_0501432.jpg



ここまで順調にきており、時間的にも体力的にも余裕があるので、三峰岳(みぶだけ)まで足を伸ばすことにしました。ちょうどよい距離だし、2999mという惜しい高さが面白かったからです。

ガレ場を下り、稜線を進みます。このあたりから、だんだん走ることができるようになります。もっとも、基本的には岩場ですから、多くは走れません。途中、「お!山岳マラソン?すごいね~。がんばって!」と声をかけられます。こうやって声をかけられると、身が引き締まり、スピードも上がります。

三峰岳山頂までは、約20分。本当に小さな山頂です。そして、惜しい1mを補うかのように、石が積んであります。もしかしたら、3000mに達しているかも?

f0015348_9552964.jpg


ここで折り返します。途中、先ほど声をかけてくれた人に追いつき、しばし歓談。こういう交流も楽しいものです。そして、先行するのですが、岩場を登っているとき、ルートから外れた場所を登っていることを、遠くから指摘してくれました。ありがとうございました。

約30分で間ノ岳に戻ると、おじちゃん、おばちゃんの登山グループに声をかけられました。「あれぇ、おにいちゃんさっきもそこに立ってたよね。もう戻ってきたの?」「この人は、トレイルなんとかの人だよ。だよね~?」「ここからどこまで行くの?」などなど、質問なのかどうなのかわからないけど、話が弾みます。今朝、広河原をスタートして、これからまた戻るといったら、驚かれました。普通の登山の感覚からすると、そうなんでしょうね。
[PR]
by makani_tomo | 2006-08-14 23:33 | 昇る・登る
<< 北岳 単独行(その4) 北岳 単独行(その2) >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧