走る!飲む!読む!

北岳 単独行(その1)

予定では、15日に行こうと思っていたのですが、天気予報を調べてみると、15日は午後から崩れそうな予報。もともと14~15日は、大掃除&北岳と思っていたので、予定を変更し、今日(14日)北岳に行ってきました。

14日0時に起床(寝たのは、13日21時)。少しだけ食べて、テーピングを施し、1時10分に家を出ました。中央高速に乗り、甲府昭和ICで降り、芦安に着いたのは、4時半頃。駐車は余裕と思っていたのに、バス停に近い駐車場は既に満車状態。仕方なく、坂を下った第4駐車場に駐車しました。準備を整え、荷物を背にしょい、坂を昇り、バス停まで行きます。早めにバス停に着いたので、乗車順は4番目くらいでした。

さて、本日の服装と装備は以下の通り。

<服装>
長袖シャツ(ユニクロのドライ素材)
ロングタイツ(CW-X)
ハイソックス(ミズノのアーチハンモック)
ゴム軍手(100円ショップ)
レオナ・ディバイド(モントレイル)
スパッツ(モンベル)

<装備>
リアクター

ゲータレード(1l用粉末を2.5lの水で薄める)
アミノバイタルスーパースポーツ(3個)
ドライマンゴー(1袋)
魚肉ソーセージ(4本)
おにぎり(2個)

雨具(モンベルのバーサライト上下)
ヘッドライト(+予備電池)
帽子
サングラス
使い捨てカイロ
鎮痛剤(2錠)

地図
メモ帳
デジカメ
ポケットティッシュ
ゴミ袋
おまもり(青梅高水山の常福院)

装備重量約5.9kgくらいでしょうか。ジェルをあと3つくらい持っていたのですが、途中でおにぎり2個を追加したので、ジェルは減らしました。

今回の行程では、水場は便利なところにないので、水は多めに持っていきました。もっとも、行程の途中で山小屋を2軒通過するので、冷たいコーラか何かを期待していました。

いくら天気予報がよくても、雨具ははずせません。これは、気温が下がってきた時には防寒具にもなります。3000m級の山なので、使い捨てカイロも持ちました。

帽子は好きではないのですが、雨が降ってきた時にはやはりあった方がいいですね。

ヘッドライトは、念のためです。これを使う事態というのは、遭難した時かそれに近い事態が起きた時ということになります。

バス停に並んでいると、自分だけ異常に荷物が小さく、服装も「変わっている」ことに気付かずにはおれません。「おにいちゃん、荷物小さいねぇ。どこまで行くの?」なんて、声かけられます。予定を話すと、「へぇ、それは普通2泊3日だよ~。すごいね~。」「もしかして、あれかい?トレイルなんとかっていうの?」などなど。トレイルランニング、あるいは山岳マラソンの認知度は、徐々に高まってきているようです。

さて、芦安の市営駐車場バス停に集まった登山客は、80名ほど。3台のバスに分乗します。料金は1000円です。確実に座りたいなら、早めにきたほうがよいですね。もっとも、乗り合いタクシーもあり、そちらは1100円です。途中の夜叉神峠から乗ってきた人、タクシーの人総勢100名以上の人が、広河原に向かいます。

5時10分、バスが広河原に向けて出発しました。お天気はよくなりそうです。期待に胸が躍ります。

f0015348_8451615.jpg

[PR]
by makani_tomo | 2006-08-14 23:17 | 昇る・登る
<< 北岳 単独行(その2) 夏休みのいろいろ >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧