走る!飲む!読む!

おんたけ試走(1日目)

26~27日で、来月の「おんたけスカイレース」の試走(というか、様子見)に行って来ました。

26日10時30分に調布ICより中央高速に乗りました。塩尻ICまでは、約2時間半ほど掛かります。結構、距離がありますね。お昼過ぎなので、塩尻ICすぐの道の駅小坂田公園にある「茜里」にて、昼食。名物蕎麦と安曇野豚の照り焼き丼がセットになったランチ(1000円)をチョイス。これから、山に登るので、しっかり食べました。

f0015348_083764.jpg


塩尻市内から、御嶽山の登山口である田の原までは、車で約1時間半掛かります。これも、結構時間掛かりますね。天気予報では、晴れのち曇りでしたが、15時半には空は完全な曇り空。しかも、標高2256mは、かなり寒い。とりあえず、車を駐車場に停め、着替えて荷物を背負い、登り始めました。

f0015348_013186.jpg


ちなみに、荷物は本番を想定して、以下のものをリアクターに詰め込みました。
水(アミノバリュー倍量薄め) 2L
ジェル 6個
ヘッドランプ
予備電池
雨具
コンパス
軽アイゼン

ウェアは以下の通り。
Tシャツ
長袖シャツ
ロングタイツ(CW-X)
5本指ソックス
レオナ

登山口からしばらくは、ちゃんと除雪してあるのですが、200mも進んだ遥拝所から先は、30~50mの積雪。軽アイゼンを装着して進みますが、走ることはできません。

f0015348_0341582.jpg


徐々に傾斜もきつくなってきますが、道はある程度踏まれているので、歩く分には問題ありません。それでも、いわゆる「あかっぱげ」と呼ばれる場所を通過するときは、少し緊張しました。

f0015348_0234787.jpg


更に登ると、雪はなくなり、岩のゴロゴロした道を登ることになります。

f0015348_034396.jpg


ほどなく、金剛童子に到着。このあたりでは、既に周囲はガスってきて、寒さも厳しくなってきました。

f0015348_0262320.jpg


その後、一瞬視界が開け、田の原を見下ろすことができました。

f0015348_0283864.jpg


雨も降り出し、風も強くなり、その雨も次第に霰に変わり、横殴りの風が顔に吹きつけてきます。このまま、登り続けるのは無理と判断して、8合目と9合目の中間地点である富士見石で、引き返すことにしました。

f0015348_0311092.jpg


ここまで1時間。雪さえなければ45分程でしょうか。下りは、30分。岩ゴロゴロ地帯を過ぎれば、かなりのスピードで下ることができそうです。

大又まで車で下り、宿泊したのはペンション「ダイヤモンドダスト」。ご夫婦で切り盛りするアットホームなペンションです。この時期、まだ営業していない宿も多い中、豪勢な食事で歓待してくださいました。とにかく、夕食が豪華。各種山菜の突き出しに始まり、蕎麦やエビフライにサラダ。それで終わりかと思いきや、ステーキが続き、おこわにデザートと、とにかく盛りだくさん。食べ過ぎましたよ。

f0015348_0384951.jpg


風呂でゆっくり温まった後、行きがけに買ってきた地元のワイン「五一ワイン」をいただきました。香りは甘いのですが、口当たりは、そうでもなく、飲んでみると、ミディアムボディというやや意外性のあるワインでした。

f0015348_0405483.jpg

[PR]
by makani_tomo | 2006-05-29 00:02 | 走る
<< おんたけ試走(2日目) バタール >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧