走る!飲む!読む!

TJAR直前~ドタバタのあとの静寂~

ここのところ、すべてのレースにおいて、寝不足&ドタバタで参加しているのですが、今回のTJARはその集大成のようなもの。会社の仕事の合間に、TJAR実行委員としてGPSトラッキングの対応、ご協賛いただいている企業への対応、公式サイトのフォローなど処々行っていますので、なかなか選手モードになれません。

しかし、このレースの運営に関われることは、大いなる喜びです。多くの人の協力を得て、公式サイトを立ち上げることができました。僕が会社に入った頃からの長い付き合いである、That'sコーポレーションの渡邊さん、井月さんには本当にお世話になりました。デザイナーの井月さんの献身的な支えがあってこその、公式サイトです。

GPSトラッキングでも、多くの人の協力を得ることができました。日本ロゲイニング協会の高島さん、ロケーションの竹島さん、マイテックの岡村さん、ドコモの藤間さん、NTTの芝田さん他、たくさんの人々が、TJARの精神に賛同してくれました。ありがとうございます。

スタートは富山県魚津なのですが、実行委員の誰もが富山には住んでいません。現地での様々な手配を、富山県山岳連盟の畑中さんが行ってくれました。感謝申し上げます。

こうして、多くの人の気持ちの上に、TJARは成立しています。選手やスタッフのみならず、見えないところで多くの人々がサポートしてくれています。残念ながら本大会に出ることができなかった選手の気持ちも、このレースを支えています。そして、家族や友人など多くの人の応援が、TJARを支えています。

さて、そろそろ選手モードに切り替えないといけません。今、荷物を測ったら、乾燥重量で6.3kgでした。GPS携帯3台を含んでいるので約6kgですかね。雨対策で少し荷物を増やしたにしては、まずまずでしょうか。直前にコンビニでおにぎりなど買うので、少し重くなりますけどね。


お天気は心配ですが、雨が降ることは避けては通れないので、雨を楽しむことにしましょう。幸い、昨年夏に盟友かどさんと北アルプスに行ったときは、雨続きでしたからね。

今回の大会では、関門CPにはスタッフが入ります。市野瀬CPには「山たの」の武田さん。実行委員でもあります。三伏には、アゴヒゲさん、山口さん、あんちゃん、高橋さん。アゴヒゲさんに会える可能性は低いけど、あんちゃん待っていてね!アゴヒゲさん、大浜でのキンキンよろしくね!

前回大会は、スタート直前に母の交通事故の連絡が入り、一ノ越でリタイアしました。母は、そのことをこの2年間気にし続けていました。今朝、母とは電話で話しました。ゴール予定を聞かれ、「19日午後」と言うと「18日にならん?」とハッパをかけられました!頑張ります。

2008年は、自分への挑戦でした。今回は、もう少し大きく構えて、人間の持つ潜在的な力を表現できればと思っています。3.11で自然に対する人間の無力さを痛感させられました。しかし、その後も被災地の人々は、力強く生きています。東京も混乱しました。多くの人が自分の足で自宅に帰りました。自分の足で、帰らなくてはならない。→帰ることができる。そんな風に意識を変えることができれば。人間はもっとできる!もっとも、自然の前には謙虚になりながら。そして、楽しむ心を忘れずに!

直前までドタバタしていたのに、いまは静か。扇風機の音だけが耳に届いています。集中力が高まりつつあります。あとのことは、岩瀬さん、武田さん、Sueさん、どうかよろしくお願いします。コース上でのことは、僕も対処いたしますので。

みんな、ありがとう。

さて、そろそろ出かける準備をします。今後の詳しい様子は、公式サイトでご確認ください。
[PR]
by makani_tomo | 2012-08-11 13:47 | TJAR
<< TJAR2012参戦記~スター... 史上最速?の帰社 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧