走る!飲む!読む!

TJAR2012選考会

7月7~8日と、TJAR2012選考会を実施しました。

前回までは単なる参加者ですので、集合時間に遅れなければいいやってな感じで、お気楽でしたが、今年は運営側ですので、何かと忙しいのです。

6日金曜日、何とか18時半に会社を出て、食料品など買って、急いで帰ります。シャワーだけ浴びて、夕食食べて、用意をして、22時には家を出ました。akihageさんとの待ち合わせ場所に着いたのが23時過ぎ。一路駒ヶ根へ。

今回は荷物が多いのです。2日目はスイーパーなので、山に入る用意は当然しています。その他に、スタッフ道具、そしてGPSトラッキングを確認するためのノートPCとWi-Fi。

中央高速は勝沼あたりで大雨。選考会の前夜って、なぜこうも高い確率で雨なんでしょうね。梅雨時期だから仕方ないか...

2時前に到着したので、車内で少し仮眠。でも、2時半にはスタッフ集合です。ブリーフィングをしていたら、あっという間に選手集合時間。受付、記録用紙配布、装備チェック、写真撮影、そして選手ブリーフィング。あっという間に5時45分。いつもの場所で集合写真を撮り、6時スタートです。

選手を見送った後は、正人カーに乗り、Wi-Fiが入る場所まで移動し、トラッキングのチェック。しかし、携帯でちゃんと見れたので、PCいりませんでしたね。その後、入野谷経由で仙流荘へ。途中選手を追い抜いて行ったのですが、みんなペース速いね。

仙流荘からはバスに乗り北沢峠へ。次のバスを待っていたら、広河原からきたあんきもさんに遭遇。応援登山に来るとは聞いていましたが、上手く逢えました。
野呂川出会まで更にバスに乗り...(よく考えたら、歩いてもよかったよね。)そこから、両俣小屋まで1時間半くらい歩きました。雨が降ったりやんだり、しかし、正人さんや将悟くんともいろいろ話ができて、いい時間でした。

両俣小屋の少し手前で林道は終わっています。というか、崩壊したのですね。雨が降った後だったので、水嵩も多く、濡らしたくなかったけど、シューズもソックスも濡れてしまいました。

両俣小屋は、落ち着いたいい小屋ですね。ちょうどお昼なので、ラーメンと缶ビール。どちらも500円。後から考えたら、北沢峠の自販機でも缶ビールは500円。どう考えても、北沢峠の500円は高いな。

ひと息ついたところで、本部テントを建てます。小屋のご厚意で使わせていただきました。椅子やテーブルも貸していただけて、本当に助かりました。ありがとうございました。

さて、そのあとは自身のツェルトやシェルターの設営。スタッフみんな並べて設営したのですが、設営した後で、チェックポイントをみんなで確認しました。これはよかった。誰がチェックしても、同じ視点で評価できたはずです。

選手が到着するまでは、お昼寝タイム。のんびりとしたいい時間です。山と道のマットもなかなかGOODでした。欲を言えば、もう少し長いといいな。その分かさばりますけど。100均の銀マットとセットで使えば、かなりいいのではないだろうかと思いました。

16時を過ぎて、選手が到着してからは、ツェルトやシェルターの設置チェックが続きます。確かに緊張しますよね。僕も前回は緊張しました。最終ランナーは21時過ぎの到着。チェックを終えて寝たのが22時近くでした。そういえば、夕食食べてなかったよ。というわけで、夕食はいつものポークビッツでした。

夜は、寝たり起きたり。今回はエマージェンシーシートのみでしたが、まあ寒さはしのげました。予備のウール長袖は使わなくて済みました。標高2000mちょいですから、寒い河原でも何とかなります。これが熊ノ平になると、相当寒くなります。

翌朝は、2時半集合。スタッフで今日の動きを確認します。選手は3時スタート。僕はスイーパーなので少し遅れてスタート。そのあとは、同じくスイーパーの奥野さんと2人で、最終選手の少し後ろを進みます。5時過ぎ、阿部荒倉岳では、携帯が入るので本部に報告。7時15分頃仙丈ケ岳を通過。奥野さんと分かれて、僕は念のために仙丈小屋に回り、選手がいないことを確認。親父さんに、選手が全員下りたことを報告し、お礼を言いました。いつも、良くしてくれるのですよ。

その後、奥野さんと再び合流し、北沢峠に下りたのはちょうど9時でした。選手がNHKの取材を受けている間、缶ビールとあんパンで腹ごしらえ。バスが来るまでまだ45分。乗ってからさらに45分...と考えていたら、20kmで下り基調だから走っても大して変わらないな...と思い、走ることに。

立派な林道なので、走りやすいです。しかし、なかなか最終選手に追いつきません。おかしいなぁ...と思いながらペースを上げると、選手に追い付きましたが、先ほどの選手ではありません。抜かれてもいないというし、おかしい。そんなことを考えていて、ショートカットしようと思ったら、ちょっとハマりました。すぐに引き返したのでロスト5分。(帰宅後確認したら、間違っていなかったことが判明。ちょっと悔しい。)結局、途中でバスに抜かれ、11時5分に仙流荘に戻ってきました。

風呂に入った後は、会場を撤収し、実行委員会が行われる入野谷へ移動。13時前から選考を始め、選考だけで5時間くらいは掛かりました。選手の想いが詰まっているだけに、1つ1つ委員会でじっくり協議をして決めて行きました。その後は、本大会に向けての課題確認。結局委員会が終わったのは20時近くになりました。

帰りは武田さんに車に乗せていただき、途中休憩をはさんで帰宅したのが24時過ぎ。そこから、汚れものを洗濯し、シェルターも洗い...寝たのは3時半でした。やはり、ハードな週末でした。こうして、長時間動きつづけるのも、TJARのトレーニングですかね。

公式サイトの評判も良いし、GPSトラッキングも概ね上手くいきそうなので、ひと安心。しかし、まだまだ本大会に向けては課題山積。魚津に行くまでに登らねばならない山は、まだまだあるのでした。

なにはともあれ、選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
[PR]
by makani_tomo | 2012-07-09 19:40 | TJAR
<< 分水嶺トレイル TJAR公式サイト開設 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧