走る!飲む!読む!

膝痛について

 膝の痛みは、ホノルルマラソンを意識して走り始めた昨年の夏頃に出始めました。ジムのトレッドミルで20分走るのが精一杯だったところからスタートし、1時間くらい走れるようになり、よ~し会社から走って帰るぞ!と意気込んで初めての帰宅ラン(約21キロ)の途中で痛みが出始めました。

 病院では、「骨には異常なし、使いすぎでしょう、しばらく休んで。」とか「その年でフルマラソンにチャレンジするには3年くらいかけなきゃ。」と言われたり。そうこうしているうちに、2004年のホノルルマラソンもエントリー締め切り間近。ホテルは確保したが、エアーが取れず、結局断念。まあ、膝も痛いし仕方ないね。

 そして、春になり暖かくなり始めた頃から、徐々にトレーニング再開。しかも、CW-Xで膝をサポートすることを覚えました。最初はジムで、そろりと走り始め。マシンでの筋肉強化も行っておりました。

 暑くなると、ドンドン外を走りたくなります。ジムはほとんど行かず、外をグルグル。帰宅ランも再開し、痛みがほとんど出ないことを確認。やはり、CW-Xはいいねぇ、なんて思っていました。10月は、体調もすこぶる良く、ジムでハーフトライアスロンなんてやったりして、一人で喜んでいました。もちろん、階段昇りもね。
 
 11月の20キロロードレースも調子よかったです。ただ、調子良すぎて、そこで痛めてしまったんですね。目標のキロ5分ペースは維持できましたが、それがよくなかったのかな?走った直後、膝が痛くなかったので、アイシングを怠ったのがいけなかったかな?いずれにしても、痛みを抱えたままホノルルマラソンを迎えました。もっとも、走り出すと、なんとか走れてしまうのが、余計にたちが悪かったのかも知れません。

 そんなわけで、レース後1週間が過ぎても、まだ階段の下りは痛いです。朝会社に行く時、歩いても少し鈍い痛みが出ます。会社に着く頃には、普通に歩く分には痛くない様になります。朝晩、シップを貼っています。走りたくてウズウズしていますが、ここは我慢です。

 大晦日に高尾山登ってこようと思ったけど、ちょっと無理かな。まあ、雪かもしれないしねぇ。
[PR]
by makani_tomo | 2005-12-19 13:12 | 走る
<< 関節痛とお薬 『ダイアモンドヘッドの虹』 夏樹静子 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧