走る!飲む!読む!

『巨人たちの落日』 ケン・フォレット 

『巨人たちの落日』 上・中・下
ケン・フォレット
ソフトバンク文庫

上・中 880円+税
下   860円+税 

『大聖堂』で有名なケン・フォレットの新作です。今回も文庫本3冊で読み応え有ります。

時代は20世紀初頭。舞台はイギリス、ドイツ、ロシア、アメリカなど。そして、貧しい炭鉱夫や家政婦から外交官、軍人、伯爵まで登場し、激動の時代を切り取ります。ロイド・ジョージやチャーチル、レーニン、トロツキーなど実在の人物も登場し、主人公たちと交わります。ケン・フォレットならではの大河ドラマです。

『大聖堂』の時も感じたのですが、時代考証というか、その時代や国や地域の雰囲気、気運、世論といったものを非常に上手く描写します。第一次世界大戦直前のイギリスの状況、女性参政権に対する気運の盛り上がりなど、主人公たちの活躍と上手くからめて描いています。『大聖堂』も先日NHKのBSで放映されていましたが、こちらも映像向きですね。

この作品、著者自身が「The Century Trilogy」と名付けた作品群の第1作だそうです。(原題は「The Century Trilogy #1 Fall of Giants」です。)なんだか、スターウォーズの方になっていますが、楽しみなことには違いありません。

GWに何かしっかりしたものを読みたい方にはお勧めの一冊(三冊?)です。
[PR]
by makani_tomo | 2011-04-22 13:55 | 読む
<< 筍三昧 第1回 上州武尊山 スカイビュ... >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧