走る!飲む!読む!

第18回日本山岳耐久レース

10月10日は、僕にとって5回目の山耐でした。青梅高水山と同じく、毎回参加していますね。今年は雨が気がかりだったのですが、当日は午前中から晴れ!しかも、ぐんぐん気温が上がってきました。足元が悪いかと気になっていたのですが、大丈夫そうですね。

11時20分頃に武蔵五日市に到着し、駅のトイレに寄って、コンビニで水を買って会場に。今年は、体育館が使えないために、みんな受付近くでウロウロ。知り合いにもあまり会えず、ちょっと残念でした。12時過ぎまでのんびりし、荷物を預けたら、グラウンドに。ようやく、知り合いにも会えました。

今回は、オール歩きとか、勝手にスイーパーとか考えていたのですが、月曜日の午前中に用事が出来たため、始発で帰れる程度のペースで行くことに。とにかく練習できていないので、無理のないペースを心掛けました。イメージは13~14時間といったところでしょうか。

13:00 スタート
気温が上がることが予想されたので、水は2L持ち、かつお茶のペットボトルに飲みかけ300mlくらいを持っていました。割合前からスタートしたもののあくまでもマイペース。ドンドン抜かれます。気持ち良く走れる所だけ走る、という具合でしたが、登りはマイペースとはいえ登りです。だんだんきつくなります。当たり前ですが、登りのきつさは、あまり変わりませんね。

15:27(02:27) 醍醐丸
何を隠そう、TJARを一ノ越でリタイアして以来、トレイルを走っていませんでした。つまり、まる2ヶ月おさぼり状態。これで登りがきつくない訳がありません。ま、そんなことは気にせず、進みましょう。途中、kurisukeさんに会いましたが、身体が重いとのこと。とはいえ、たーっと先に行っちゃいましたが。

16:45(03:45) 1CP浅間峠
去年より30分くらい遅いですが、上出来でしょう。普通なら走れそうなところでも、歩いていますから。この先で、雨が降り始めました。暑いかなと思ったのですが、半袖シャツの下に、フラッドラッシュスキンメッシュを着ていたので、あまり心配しませんでした。このまま夜中になってもあまり冷えを感じることはないはずです。しかし、ところどころで足元がぬかるみ始めましたね。下りでは、どうしても慎重にならざるをえません。思いっきり手をついてもいい様に、雨用のグローブも持っていたのです。

19:41(06:41) 三頭山
大沢山の登りは、いつもキツイですね。でも、三頭山まで来ると、半分終わったと思いホッとします。しかし、2L入れた水は、かなり減ってしまい、2CPまでは節約モードで進まなくてはなりませんでした。月夜見手前でちょうど水はなくなりました。危ない危ない。

20:54(07:54) 2CP月夜見第2駐車場
ポカリスエットと水を半分づつ入れてもらい、少し座ってアンパンを食べました。今回は前半暑かったせいか、あまり固形物を食べようとは思わず、ついついジェルだけに。これはあまり良くないですね。5分ほど休んで御前山に向かいます。ガスが掛かって、かつ前後に人があまりいなかったので、少し不安になりながらのんびり前進。ここの登りもキツイですけどね。キツイとわかっているから、頑張れます。あ、嘘です。頑張るという程、頑張っていませんでした。途中、細いトレイルを踏み外し、1mほど反転しながら滑落。しかし、軽い擦り傷だけで済みました。よかった~。

21:41(08:41) 御前山
頂上で、少し休憩です。ジェルを食べて、下ります。ここから大ダワまでの下りは、少し嫌な個所です。特に雨の後では、慎重さを要します。なので、ゆっくり。

22:51(09:51) 大ダワ
御前山から大ダワまで正味1時間かけていますから、いかにゆっくりだったかということがわかります。大ダワではトイレの後、5分ばかり横になりました。実は、ここ最近慢性的な寝不足が続いており、スタートして2時間後くらいから、時々眠気を感じていたのです。しかし、ここで5分横になって、少しマシになりましたね。

00:36(11:36) 3CP長尾平
大岳山からの下りも慎重に。山足がなまっているので、足がきつくなってきました。ますます、のんびりモードに。途中の水場では、しっかり休み、またアンパン。ここからは、割合走りやすい区間ですから、それなりに走りました。あくまでも、それなりですが。

日の出山では、夜景がきれいで、初めて写真を撮ってみました。ここからの下りで、滑って木段に膝をぶつけて、悶絶。しかし、大事には至らず。その後は、程ほど走ってゴール。

2:26(13:26:05) ゴール
初めて山耐に出た時と同じくらいのタイムです。もっとも、あの時は満身創痍でのゴールでしたが。

ゴール後、知り合いもいないので、トン汁だけ食べて高校の体育館に。温泉に行くのも面倒になったので、タオルで身体を拭いて着替えるだけ着替えて、再び会場へ。お腹が空いていたので、うどんとビールでのんびりし、お腹が落ち着いたところで体育館に戻って少し横になりました。5時には荷物をまとめて駅に向かい、予定通り始発で帰りました。

今回は、初めてのんびりモードでの参加でした。でも、正直言って心から楽しめたかというと、NOです。同じコースだし、自分はのんびりペースだけど、シングルトラックで後ろから人が来ると気になるし。夜は景色が見えないし。アドベンチャーグリーンを目指すぞ~なんて思っていたけど、楽しめないレースでアドベンチャーグリーンになっても仕方ないよねって、達観モードに。なので、5回目というキリのいい今回で、最後にしようかとも思っています。ま、来年はそんなこと忘れて、いそいそとエントリーしているかもしれませんが。

一応、装備など記録に残します。
<ウェアなど>
半袖シャツ(アシックス)
フラッドラッシュスキンメッシュ(ファイントラック)
ハーフタイツ(SKINS)
短パン(モンベル トレラン用)
短いソックス(X-SOCKS)
パワーソックス(SKINS)
アディゼロXT(09年モデル)
ゲイター(モンベル)

<装備>
リアクター
ハイドレーション(2L)
お茶(300ml)
ジェル(パワージェル系14個→7個消費)
ミニアンパン3個(3個消費)

ファーストエイドキット
ペラペラ
グローブ(雨用,晴用)
ハンドライト(SuperFire)
ヘッドライト(ヘッドウォーズ)
財布
携帯電話
眼鏡

自分としてはミニマムに近い装備でしたが、やはりパワージェル系は口に合いません。重くても、もっと普通のジェルの方がいいな。あと、もう少し甘い飲み物もあっても良かったな。もし、来年も山耐に出る気になったら、今度はちゃんと考えた装備にしようっと。でも、出場するなら、ゴール後に知り合いと会える可能性の高い10時間台でゴールしたいものですな。でないと、楽しみの大半がなくなってしまいます。さて、来年の今頃、どうしているかな?
[PR]
by makani_tomo | 2010-10-14 21:26 | レース(トレイル)
<< トレーニングコース 皇居練 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧