走る!飲む!読む!

『路上観察で歩くパリ』 稲葉宏爾

『路上観察で歩くパリ』 
稲葉宏爾  
角川書店 角川oneブック 
930円(税込)

 パリの街に見られるちょっとしたものを、取り上げて紹介するコラム集です。

 もともと、90年代前半にパリの日本人向けタウン情報紙『OVNI(オヴニ)』に連載されていたコラムに加筆修正したものをまとめたのだそうです。ちなみに、『OVNI』は月2回各6万部発行されているそうですが、うち35000部はフランスで、5000部はベルギーで、残りの25000部は日本で配布されているそうです。

 パリは、僕にとっては海外の街の中ではもっとも馴染み深い街です。というのも、僕が大学生の頃、両親が転勤で住んでいまして、僕は休みのたびに実家(=パリ)に出向き、そこを基点にヨーロッパの様々な都市を巡っていたのです。その間、ソルボンヌのフランス語学校に通ったり、祖母の看病のために日本に帰った母の替わりに、パリの家の家事をしたりと、随分長く過ごしました。おかげで、主だったところには地図を見ずに行くことができます。

 ホノルルからの帰国の飛行機の中でこの本を読みました。かる~く読んでしまったので、本は母に渡してきました。母にとっては、海外=パリです。懐かしそうに読んでいました。また、両親を連れて、パリに旅行に行きたくなりました。いや、パリでマラソンに出場しますか!?
[PR]
by makani_tomo | 2005-12-17 01:14 | 読む
<< 『ダイアモンドヘッドの虹』 夏樹静子 『国家の品格』 藤原正彦 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧