走る!飲む!読む!

山での余裕

TJARに対する考え方は、選手それぞれだと思いますが、前回大会に参加して「山旅」感を強く感じました。もともと、「レース<旅」という意識で望んではいましたが、途中で仲間と一緒になったり、終盤苦労を共にしたり、次第に「レース<<<<<旅」となり、最後には「旅」だけが残りました。

今回も基本的には変わらないのですが、超長距離に取り組んだり、24時間走に取り組むことで、全体的な持久力は高まっているのではないかと思っています。そして、たぶん走力も。まぁ、走力はあまり関係ないと思いますが。

2年前よりもパフォーマンスが上がっているとしたら、その分、山旅を楽しむ余裕が増えるはずだと思っているのですが、実際はどうでしょうか。お天気にも左右されるでしょう。最近痛むことがなかったのですが、膝が痛くなるかもしれません。(前回は1日目の夕方、既に痛くなった。)マメに悩まされるかもしれません。実際、外反子趾が、不安ではあります。そういう、もろもろの出来事を全て受け入れて、なお前進して山を楽しむ余裕が欲しいのです。

このあたりも、選手それぞれで考え方は異なると思いますが、山で高いパフォーマンスを出すことには賛成ですが、100%の力を出し切ることにはあまり賛成できません。ロードのレースと違い、山での行動においては、常にある程度の余裕がなくてはいけないのではないかと考えているからです。そういう意味でも、山を楽しむ余裕を持って行動したいと思っています。

とはいえ、前回よりも少しは早くゴールしたいなとか、ロード区間で、少しは走るぞとか、それくらいの野望(?)はあります。さて、どうなりますか。
[PR]
by makani_tomo | 2010-08-04 16:46 | TJAR
<< TJARへの想い パッキング >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧