走る!飲む!読む!

山も梅雨明け

北アルプス自主練、行ってきました。雪渓と時間の関係で、穂高には寄らず、槍沢から下山しましたが、それ以外は予定通り。双六では、アゴヒゲさんのコーヒーという、最高の贅沢も。そして、素晴らしい景色が、何よりの贅沢でした。いいカメラ持って行って良かった!その分、時間は掛かりましたが、本戦には持っていけないですしね。今夜にでも、写真を掲載しますね。

<7月16日>
急いで家に帰り、風呂に入り、夕食を食べ、荷物をまとめて新宿都庁前へ。バスターミナルは、主に山へ行く人たちでいっぱいです。かつての、スキーブーム時代を思い出してしまいました。ただし、山へ向かうのは、中高年率も高いです。

受付を済ませ、コンビニへ。小さいコンビニですが、このバスターミナルのおかげで、売り上げはかなりいっているに違いない。ビール2本と翌日の朝食をお買い上げ。

バスでは、美味い具合にかどきちさんと隣り合わせ。ビールを飲み、少しつまみながら、うとうと...とはいえ、時々PAで休憩するので、その都度起きてしまいます。

<7月17日>
7:00 室堂
予定よりも少し早く、7時少し前に室堂に到着しました。ここに来たのは、これで3回目ですね。08年の選考会B以来です。水を入れたり、コンタクトを入れたり、用意をして出発です。

7:35 室堂発
かどきちさん、akihageさんと出発です。浄土山方面に向かおうとすると、おじさんに声をかけられました。「その靴で行くのか?」と。なんと、五色ヶ原山荘のおじさんでした。軽アイゼンは持っていますと、答えたのですが、心配そう。でも、おじさんは長靴でしたけどね。

浄土山までは、少し雪渓を登りますが、さほど問題はありません。お天気もよいので、下からの照り返しもかなりのものです。上に登ると、ここから先に進む風景が広がります。

f0015348_23532745.jpg


中ほどやや右の絶壁の奥に赤い屋根が見えますでしょうか。あの辺りが、五色ヶ原です。左奥に、とがった槍ヶ岳も見ることができます。この景色は、縦走好きにはたまらないものです。

龍王岳から先には、雪渓が待ち受けています。しかし、アイゼンなしでも問題はありませんでした。アップダウンを繰り返すと、いよいよ五色ヶ原が近づいてきました。雲の上の楽園という雰囲気です。

f0015348_23591570.jpg


09:57 五色ヶ原山荘
ほぼ予定通りの時間で到着です。(予定では、8時発10時半着でしたが、7時35分発でしたので、区間タイムはほぼ予定通りでした。)

ここに来るのは4回目ですが、何度来ても良いところです。一度、ゆっくりキャンプしたいところです。ペプシコーラ(250ml缶)300円を購入し、ミニ餡パンを食べて先に進みます。

木道は進みやすいです。しかし、次の目標である越中沢岳(えっちゅうさわだけ)までは、意外に時間がかかりました。途中、雷鳥のお出迎え。

12:40 スゴ乗越小屋
五色を10時12分に出たので、区間タイムは2時間28分。予定が2時間半でしたから、ここもまた予定通りです。途中で、ストックはしまった方が良さそうです。
小屋では、またもやペプシコーラ(250ml缶)300円を購入し、パンを食べて腹ごしらえ、水を補給します。

しばらく進み、ビバーク適地を確認。いくつかあるのですが、雨の後には使えそうもありません。1日目のビバーク地をどこにするか、いましばらく悩みそうです。

間山を越えて北薬師岳に向かいます。欲を言えば、1日目に薬師岳を越えたいところなのですが、暗くなってから薬師を越えるのは、いささか勇気が要りますね。しかし、多くの選手は暗い中薬師を越えているので、気をつければ大丈夫でしょう。(って、そもそも、走力がついていくのか?)

14:47 薬師岳
予定通り、スゴの小屋から2時間で到着です。akihageさん、お待たせしました。

ここから先は、ボーナス区間です。走れます。ま、前回は走りませんでしたが。でも、薬師峠まではそこそこいけるでしょう。ちなみに、薬師岳山荘は建て替え中でした。途中沢沿いを下るのですが、この時期は水量が多くて、少し苦労します。はたして、夜に通過するのはどうなのか?

15:53 太郎平小屋
今回の山行では、この区間だけ走ってみました。が、沢下りに時間をとられ、1時間近く掛かってしまいました。しかも、浮き石に足を乗せ、左足のくるぶし上を強打し、その後痛みを抱えながら進むことになりました。

太郎平小屋では、ペプシコーラ300円と、カップヌードル・シーフード400円。正直言って、薬師峠でビバークし、翌日折立から帰ってもいいなと思いました。というくらい、薬師峠のテン場は、いい雰囲気なのです。

大休止した後、小屋を後に。しかし、すぐに足の小指に痛みを覚えました。こういう痛みには、早めの処置が肝要です。しかし、09年モデルのアディゼロXTは、小指脇があたって、やや不安。

黒部五郎の登りは、半そででクリア。明るい間に登り切りたいと思い、ノンストップです。かどさんに引いてもらえたのが良かった。

稜線に出てからは、初めて稜線ルートに進みます。岩場のアップダウンが続きます。後半は、雪渓を進みます。おかげで、少し短縮できたかも。しかし、終盤は沢沿いに下ります。ここで、滑って、靴を濡らし、かつ足が攣りそうになりました。このコース、どうかな。確かに、カールのコースは夜になると迷いそうだけど...まさに悩ましいところです。

18:15 黒部五郎小屋
なんだかんだと、予定の時間に黒部五郎小屋に到着しました。夜遅いにもかかわらず、親切に応対していただいた小屋の方に感謝。テン場代をお支払い、そしてビール(350ml)500円とミックスフルーツゼリー300円を購入。小屋前のベンチで食べたのち、テン場に向かいました。

小屋の宿泊者はなし。そしてテン場にも2張り。静かな夜です...と思いきや、5mは離れているテントから、いびきが!これほど大きないびきがかけるということは、さぞかしテント内は快適に違いありません。という僕は、シェルター内には、銀マット4枚に、ibexウール+長そでシャツ+カッパでレスキューシートを上に掛けたのみ。とりあえず、それで寒くはありませんでした。途中から、シェルターの入り口を少し開けました。

<7月18日>
02:00 黒部五郎小屋 発
トイレに寄って、スタートです。しばらく登りが続きます。沢が近いにもかかわらず、生温かい風が吹いています。登りきったところで、カッパを脱いで、長そで1枚になりました。

三俣蓮華からは、中道をとります。途中、雪渓で少し迷いましたが、ほどなくルートを発見。やはり、巻道よりも速いかも。

04:10 双六小屋
予定よりもずいぶん早くに到着できました。そして、アゴヒゲさんのお出迎え。
f0015348_1233439.jpg

とても、美味しかった~。熱いコーヒーは、エネルギーになりました。

そろそろ日の出です。
f0015348_125672.jpg


4時半には双六小屋を後にし、西鎌尾根に入ります。まずは登りきると絶景が!
f0015348_1264898.jpg


これから進む尾根がくっきり。しかし、途中には雪渓がいくつも。双六から数えて1つ目の雪渓が、下りを伴うのでやや緊張しましたが、それ以外は大丈夫。とはいえ、逆方向の通過はアイゼンがなければ、やや困難かもしれません。

ほとんどの雪渓は、こんな感じでした。
f0015348_1355014.jpg


07:11 槍の肩
双六小屋を出発して、約2時間40分で槍の肩に到着です。雪渓を越え、途中写真を何回も撮っていたにしては上出来でしょう。とはいえ、槍直下の登りは、何回登っても厳しいですね。

槍ヶ岳山荘のテラスからは、富士山が。
f0015348_1381734.jpg


北方面を振り返ると、感慨深いものがあります。
f0015348_1471567.jpg


小屋で、カップのなめこ蕎麦400円+CCレモン300円+ペプシ300円。ひと休みです。これにしても、ここの小屋はいつ来ても人が多いですね。

7時45分に槍の肩を出発し、一路上高地を目指します。それにしても、登ってくる人の多いこと!そして、雪渓も多いので、かなりの区間雪の上を下りました。ただしアイゼンは使わずです。

下りは、基本的に早歩きです。本戦では、少しはジョグできればいいですね。途中、徳沢園では、ソフトクリームで小休止。
f0015348_1485828.jpg

すぐに食べないと溶けてしまう陽気でした。

12:30 上高地着
上高地は、ものすごいことになっていました。人・人・人。。人波をかき分けながら、アルペンホテルへ。ここのお風呂には、毎回お世話になっています(500円)。

お風呂の後、近くの旅館の食堂でカツカレーをいただきました。
f0015348_15349100.jpg


これは普通盛りです。かどさんの注文した大盛りは、大変なことになっていました。

16:00 上高地発。
バスターミナルは、バス待ちの人で大混雑。我々は、沢渡で、帰京するバスに乗り換えます。しかし、ゆっくりしか進みません。松本市内を出るのに、相当時間がかかりました。

23:00 新宿着
なんとか日付が変わる前に戻ることができました。

なかなか、いい山行でした。程良い予習になりました。

さて、今年の夏は、皆さんどういう過ごし方をされるのでしょうか。
[PR]
by makani_tomo | 2010-07-19 10:25 | 昇る・登る
<< - 北アルプス自主練 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧