走る!飲む!読む!

武甲山トレイルラン

今日は、「第1回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン」に参加してきました。3月下旬にかどきちさんとコースの一部を走りましたが、結構タフなコースだという印象がありました。特に序盤のハイキングコースは走れる部分が多いだけに、ここをどういうペースで行くかが、まずはポイントだと思っていました。

とはいえ、月末の選考会を控えて、今回は調整モードでの参戦でしたし、ここのところ仕事が忙しくて、睡眠不足も続いているので、ペースとしては程ほどを心掛けました。その代わり、荷物を約4kgと重めにしてみました。

会場の羊山公園に着き、受付を...おや、パンちゃんの姿が。蕎麦ロゲに引き続き、スタッフ参加でした。のんびりと座っていると、たぬぼうさん。トイレに行く途中には八ヶ岳から戻ってきたyahushigeにバッタリ。とはいえ、参加者もさほど多くないいい雰囲気の大会になりました。

スタート前、公園でゴロリと寝転んでいると、とても気持ち良くて、そのまま寝てしまいそうな、そんな陽気。しかし、昼にはかなり暑くなりそうな予感。ハイドレーションにお水はしっかり持ちました。2Lは持ちすぎかと思いましたが、荷物を重くしたかったので、あえて満タンでのスタートです。

9時半スタート。周囲は、トレイル中心の人6割、ロード中心の人4割、そんな風に感じました。まずは羊山公園内をぐるりと回ってばらけさせます。ハイキングコースも序盤はかなり走れるので、ばらけていきます。ここは抑え目で走ります。なので、どんどん抜かれます。3月にかどきちさんと来た時に、間違えた個所には、ちゃんとスタッフが立っていました。

ハイキングコースを終えて、武甲山の登山口に向かいます。ここはひとつ目の勝負どころ。確実に走って、少し順位を上げます。トレイルに入る頃には、完全にばらけているので、時々追い抜くのみ。コースと参加者数がいいバランスだと感じました。登山道では、これまた3月に間違えて直進してしまった分岐点には、ロープが張られて進入禁止になっていました。

武甲山山頂着は1時間56分。トイレに並んで3分休憩。ここからの下りで、かなり順位を上げました。とはいえ、再び急登です。ここもじっくり登ります。時々追い抜くのみ。

大持山からの下りは、飛ばせます。トップランナーは、ここをどのくらいのスピードで掛け下るのでしょうか?しかし、ここでも順位を上げることができました。決して僕は下りが速いわけではないのですが、ロードメインの人に比べると、多少は速いのかもしれません。

そして一の鳥居から長いロードです。特に今日は暑くてこたえました。でも、頑張って走りましたよ。途中で自販機に寄るために、小銭をポケットに入れておいたのですが、時間が惜しくて寄りませんでした。終盤、羊山公園に戻る登り坂は、かなりきつかったですね。予想通りのタフなコースでした。

結果は、3時間34分52秒で、総合40位。程ほどを心掛けて、最後までイーブンペースを維持できたので、結果としては満足です。しかし、疲れました。ゴール後は、そうめんをいただいて、水道で濡らした手拭いで身体を拭いて、会場を後にしました。あ、最後にミチヒロさんにもお会いできました。

駅でまずビール。そして、電車に乗ってからもまたビール。各駅停車でのんびりと帰ってきました。いいレースでしたね。来年もまた出てみたいなと思いましたよ。
[PR]
by makani_tomo | 2010-06-06 18:57 | レース(トレイル)
<< ゆるゆる皇居 警察官を追いかける >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧