走る!飲む!読む!

青梅高水山トレイルラン

シーズン開幕戦ともいえるこの大会。今回で5回目の参加です。初めて参加したトレイルのレースが、これでしたから、トレラン歴と同じということになります。

毎回参加者が増え続けてきましたが、今年はハセツネ30と重なったこともあり、やや少なめ?でしょうか。多くの知人に会えて楽しい大会なのですが、今年はやはり半分以下でしょうか。やはり、重なって欲しくなかったなというのが正直な気持ちです。

それにしても、山のレースは昨年10月の山耐以来です。ずいぶん、ご無沙汰していたものです。山足もできていないし、レース勘も落ちているので、今回の目標は「もう1往復出来るくらいの余裕を残してゴールすること」です。できれば、昨年のタイムを上回りたいところですが、それはどうかな???

しかし、ここ2年ほど暖かかったのですが、昨日は寒かったですね。半そでシャツ+長そでシャツで、ちょうど良かったです。半そでの人は、明らかに寒そうでした。

さて、今回のレースは目立った上位陣がハセツネに出ていると思われ、最前列に並びました。こういうことも珍しいので、それはそれでOKです。友人たちと共に、10時スタート。

序盤のハイキング道は例年通りあせらず流します。相変わらず、みんな速いです。しかし、走りだして10分も過ぎると同じくらいのペースの人の集団が出来てきます。そして僕は無理のないペースで進みます。そして、今年は眼鏡で参戦。やはり眼鏡だと下りのペースが落ちます。昨年の山耐で途中でコンタクトが外れてしまったので、眼鏡にしたのですが、やはりスプリント系のレースはコンタクトが必要ですね。

昨年は榎峠を59分くらいで通過していたので、今年もそれが目標でしたが、なんと54分で通過。昨年より5分も速いので自分でもびっくり。特に下りはいつもより遅いはずなのに。

峠からは急登が続きます。途中、かどきちさんの応援。ありがとうございました。林道の上りも、途中少し歩きを入れるマイペース。常福院着は1時間22分。やはり昨年よりも速い。

しばらく急な下りが続きますが、それでなくても下りは遅いのに、眼鏡でさらにペースダウン。しかし、安全第一。ここで、怪我したくはないですから。林道を上り、またトレイルを下り再び榎峠に戻ったのが1時間49分。昨年のタイムを充分に上回っているので、何となく気を良くして進みます。途中、栗平で林道に入るのかと思ったら、今年は入りませんでした。コース確認もしていないのでした。

ここからは15kmの人たちと一緒に走ります。渋滞するけど、それはお互いさま。無理な追い越しはせずに、気持ち良いペースで走ります。昨年は、ハリ天狗さんを追いかけて終盤頑張ったのですが、今年はそういうこともなく、終始マイペース。しかし、さすがにのんびりし過ぎたかな?ゴールタイムは2時間49分でした。途中、ずいぶん貯金したはずなのに、そして昨年よりも短いのに、ゴールタイムはわずかに4分速くなったのみ。このあたりにアグレッシブさが欠けていますね。まあ、それが自分のスタイルなのですけど。

しかし、「もう1往復出来るくらいの余裕を残してゴールすること」という目標は達成できたようです。怪我ゼロ、足のダメージもわずか。夏に向けて山足を作っていく今シーズン、いいスタートになりました。

ゴール後は、荷物をピックアップし、混まないうちに梅の湯へGO。汗を流して、軽く飲んで食べて、のんびりと。帰る頃には大混雑になっていました。来年も、混まないうちに温泉に入るのが目標ですかね。
[PR]
by makani_tomo | 2010-04-05 10:40 | レース(トレイル)
<< 今年は出れるか? 新入社員へのプレゼント >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧