走る!飲む!読む!

皇居夜練

昨日は、予定では後輩T君と皇居昼練を入れていたのですが、役員との打ち合わせが昼休みにかかることになってしまい、残念ながらキャンセル。そこで、久しぶりに夜の皇居を走ることにしました。

昨日は水曜日。おそらくランナーが一番多い夜のはずです。(様々なグループの練習会は、水曜日に行われることが多いようです。その次に多いのは、木曜日でしょうか。)どのくらい多いのか、怖いもの見たさ半分で、出かけてみることに。

19時過ぎにオフィスを出て皇居に向かいます。街は、仕事帰りの人々であふれています。人の波に逆らうように、間をすり抜けながら走ること13分ほどで、皇居に到着です。手前の信号のあたりから、既にランナーが沢山。正面は、道幅も広いのであまり気になりませんね。大手門を過ぎたあたりから、歩道が狭くなるので、追い抜きは要注意です。歩行者もいるので、無理な追い越しは厳禁です。そして、グループの方々も、道幅が狭いところでは、縦列走行をお願いしたいものです。

実は、青梅高水山の序盤から、左膝のお皿のあたりに違和感がありました。レースの時は、じきに忘れてしまったので気にしなかったのですけど、火曜日に走ったら少しチクチクとした痛みが。う~ん、やだなぁと思いながら、昨夜は少し緩めに走ることに。もっとも、夜間であんなにたくさん人がいたら、飛ばしたくても飛ばせませんけど。

1周目、ちょっと違和感がありましたが、普通に走ることは出来ます。23分15秒。2周目、一番ランナーが多い時間帯でしょうか。10人前後の集団を追い抜く人を追い抜くこと数回。違和感は徐々に消えてきて、22分49秒。お行儀の良いグループは、最後尾に後ろから走ってくる人を気にしている人が付いていて、追い抜こうとすると「ランナーがきまーす!」と前方の集団に声を掛けます。みんなランナーだよって、突っ込みたくなりますが、そこはスルー。3周目には、気持ちペースアップして、地面を蹴る意識を強くしてみました。途中、竹橋の坂から背後にピタッと付く人がいたので、ペースを維持しながら走っていましたが、追い抜くでもなく、半蔵門で気配は消えました。21分27秒。そのまま会社まで走って帰り、焼く20kmを93分の皇居夜練となりました。

実は、業務の都合上、今日も明日も昼練ができないのです。今夜も皇居に行ってみようかと思っています。人は多いのですが、車や信号を気にせずに走ることが出来るのは、やはり楽ですからね。行くとしたら、黄色の長袖シャツに黒い短パン姿で走っているはずです。

というわけで、2日連続の皇居夜練行ってきました。仕事の関係で、少し出遅れて、実際に周回路を走っていたのは7時55分~9時くらいでしょうか。1周目は、やはりグループが多ったですね。8時半頃になると、少し空いてきた様な気がしました。途中、ウルトラにむけて鍛錬中のヨッシーさんにお会いしました。意外と夜は暗い箇所も多いので、知人がいても気づかないことも多いのですが、上手い具合にお会いできました。

あまりスピードを出すと危険ということもありますが、夜景を見ながら、1周22~23分で気持ちよーく走ってしまいます。ナイトクルージングという感じですね。季節も良いし、これはこれでいいのですが、あまり練習強度は上がっていないですね。このスピードに慣れてしまうと、マズイです。やはり、皇居は昼錬で、そこそこのスピードを出して走る方が、練習メニューとしては良さそうです。
[PR]
by makani_tomo | 2009-04-09 09:33 | 走る
<< 『冷血』 トルーマン・カポーティ リミッターの設定値 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧