走る!飲む!読む!

『マラソンランナー』 後藤正治

『マラソンランナー』 
後藤正治
文春新書
700円+税

文藝春秋社の雑誌『Number』で連載していた、(主に日本の)マラソンランナーたちの歴伝です。主にと付けたのは、ベルリンオリンピックの男子マラソン金メダリスト孫基禎さんが、含まれているからです。

名前は知ってきても、その生い立ちや、トップランナーになるまでの軌跡など、知らないことがたくさんありました。有森裕子さんや、高橋尚子さんなどは、注目度も高く、本なども書かれているので、知っていることも多いのですけどね。昔のランナーは、あまり語らなかったのですよね。というか、今ほどマスコミも追いかけなかったのかもしれませんね。

それにしても、スポーツ選手の競技環境も変わってきたものです。かつては君原健二さんの様に、日中社会人として会社で働いた後、練習する選手が普通だったのですが、いまはほぼプロといっても過言ではない選手まで様々です。もちろん、同じオリンピック選手でも、種目によってその環境は様々ですね。まあ、スポーツはお金持ちの遊びだった時代もあるわけで、時代につれて変わるのは当然なのかもしれませんね。
[PR]
by makani_tomo | 2006-03-02 22:00 | 読む
<< 金曜日のひととき 美味しい豚料理 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧