走る!飲む!読む!

施政方針演説

先日、自分で書いたことでもあるので、麻生首相の施政方針演説を読んでみました。

基本的な方針については、僕は賛成です。田中真紀子さんが、「各省庁の持ち寄った材料による寄木細工」と表現していましたが、そう言われても仕方がない総花的な内容ではありますが、各方面のバランスを考えると、致し方ないのかもしれません。総論に終始し、気持ちのよい言葉だけを並べればいいというものでもないですし、かといって各論を掘下げるわけにも行かず、施政方針演説とはなかなか難しいものです。

参考までに、支持率の高かった小泉元首相の演説も読んでみました。(首相官邸のHPに、村山元首相以降の首相の演説が載っています。)基本的な方針は、変わっていません。改革、経済成長、安全、地方活性、国際貢献..etc.言っていることにほとんど変わりはないのに、国民の受け取り方、あるいはメディアの扱い方はずいぶん異なるものです。やはり、首相個人のキャラクターによるところが大きいのでしょうか。

多少、注文をつけるとしたら、政府がやることは語っているのですが、国民がすべきこと考えるべきことについて、ほとんど語られていないことでしょうか。多くの国民が当事者意識が無いというのも事実なのかもしれませんが、政府も「国民には期待していない」のではないかと思ってしまいます。

ほとんどのサラリーマンが、源泉徴収と年末調整で、税金処理を済ませています。これでは、納税に対する意識が薄くなっても仕方がないかもしれません。全員が確定申告をするというのは、非現実的かもしれませんが、納税に対する意識が高まれば、その税金の使い方に対する意識も自ずと高まるのではないでしょうか。だからといって、今よりも良い税金の使われ方になるかどうかの保証はありませんが、無意識のうちに使い道が決められていて、増税になっている...なんていう事態よりはマシなのではないでしょうか。

僕なら、タバコ税はドーンと上げて、その分少子化対策に振り向けるかな。妊婦検診が14回分無料になるというのは、歓迎すべき方向かと思います。加えて、不妊治療等への補助の拡充も検討して欲しいところです。スポーツ振興も...と言いたいところですが、ただ走るだけならあまりお金も掛からないし、基本的には趣味の世界ですので、我慢しておきましょう。大きなスタジアムを作るよりは、遊歩道の整備の方がありがたいですけどね。
[PR]
by makani_tomo | 2009-01-30 10:47 | 読む
<< 今年の版画 今年は3,000番台 >>



走って、飲んで、そして読んでおります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧